【悶々37】「2016年に生きる男」=「2016年Ver.の男」とは限らない

いまだにWindows2000からバージョンアップしてない人も、結構いるのと同じように。

人気の記事

人生を肯定するための嘘も、そろそろ限界

私の古い友人に、世界的な企業でそれなりの地位を獲得し、こよなく愛する妻と子供たちとともに海外でリッチな生活を送っている、誰もが認める「勝ち組」の人がいます。私は彼のことを密かに「勝ち組完璧バージョン」と呼んでいるのですが、その彼がある時、こんなことを言い出しました。

ADの後に記事が続きます

「自分の人生が間違っていないと証明するために、子供を可愛がっているような気もする」

彼は結婚することや子供を持つ人生を(今となっては幸せだという実感はあるものの)、そもそも望んではいなかったと言うのです。頼れる夫も子供もおらず、日本でちまちま小銭稼ぎしてる私に向かって、おいおい勘弁してくれよと思いましたが、そこには一面の真実があるような気もします。それは、人間は、どうにかこうにかでも肯定できる人生でなければ、生きていけないということです。

ということで今回のネタは、ケイト・ウィンスレット&レオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来の共演で夫婦を演じた『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きる日まで』。主人公エイプリルは、景気のいいコンピューター会社に勤める夫フランクと、可愛い2人の子供に恵まれ、郊外の住宅地「レボリューショナリー・ロード」の一角で最も素敵な家で暮らしています。

「望んだ形とは違うけれど、きっとこれが幸せというもの」と自分に言い聞かせ肯定してきたエイプリルは、あることをきっかけに、それが自分自身への嘘であることに気づいてしまいます。そして、常日頃から「やりがいのないくだらない仕事を我慢してやってる」と文句たれている夫フランクに、こんな提案をすることに。

「私が働くから、あなたは仕事を辞めて、やりたいことを探すっていうのは?」

男と女の「バージョン」が違すぎると、結婚もうまく作動しない

エイプリルがこんなことを言い出す大前提には、「私たちは特別、他より優れている」という発想があります。でも本当のところは、女優志望の彼女は才能のなさを自覚しているし、「絶対に父親みたいにはなりたくない」と言っていたフランクも、結局は父親と同じ会社のサラリーマンです。平凡の極み、ひとつも特別ではありません。

そんな中で、エイプリルからのこの21世紀的な提案を実現することは、言ってみれば自分たちを「特別な存在」として再構築するための第一歩。というのも映画の舞台は今から50年ほど昔の1955年で、女子が夢を追うことも、主婦以外であることも、夫の代わりに外で働くことも、ほとんど許されない時代だからです。

映画の中で最も幸せな場面は、この提案をフランクが受け入れる場面です。そこにある未来の一瞬の輝きは、エイプリルのいくつかの幸福な誤解によって成り立っているのですが、その中で最たるものはフランクが自分と同じ「特別さ」を持っていると信じたこと。実は良くも悪くも俗っぽく、社会的制約を受けたことがない「男」であるフランクは、エイプリルの切迫感を全く理解していません。そんなわけで結局この約束は反故にされ、今後も肯定できない人生を生き続けることが決定的となったエイプリルは、完全に自分を見失ってしまいます。

この結婚の悲劇に私が思うのは、エイプリルとフランクの間にある埋めがたい感覚の差です。エイプリルの自由さと強さは、「2016Ver.」の女子にすら共通するものです。男が働き女が家庭を守るなんて決めなくていい、子供が生まれても人生を諦める必要はない、子育てに縛られるなら子供は産みたくない、たとえ失敗しても自分の思うように生きたい――だってルールなんてないんだから。そうした発想は、実のところ骨の髄まで「1955Ver.」の男であるフランクにとっては「狂気の沙汰」です。「2016Ver.の女子」と「1955Ver.の男」の結婚が、うまくいくはずがありません。

翻って2016年。日本の女子は少なくとも3分の1くらいはきっと「2016Ver.」、残りだって「30歳までに結婚」が一般的感覚となった「1995Ver.」くらいにはなっているはずです。50年前どころかローマ時代からあらゆる権利や自由が当たり前でここまできた2016年の男たちは、いったい「何年Ver.」くらいまでバージョンアップしてるんでしょうか。

「私が働くから、あなたは仕事を辞めて、やりたいことを探すっていうのは?(もちろん家事と子育てはしてもらうけど)」

それでも自分を肯定しながら生きられる男だったら、意外と拾い物かもしれません。

♥ 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
女子vs女子の構図は、なぜできてしまうのか?
知らず知らずのうちに、男社会に飼いならされている……のかも。
第74回ヴェネチア国際映画祭の司会を務めた旬の俳優に迫る!
映画
シェア
あのイケメンは誰?ヴェネチア映画祭をザワつかせた司会に直撃!
今、イタリアで旬なイケメン俳優! アレッサンドロ・ボルギにクローズアップ
第30回東京国際映画祭 オープニング、クロージング、特別招待作のラインナップが決定!
映画
シェア
オープニングを飾るのは、あの実写化作品!注目の東京国際映画祭
オープニング&クロージングに、特別招待作品など、続々発表!
映画
シェア
【後編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
ラストは2011~2017年の映画をお届け♡11月公開作品のイケメン陣もいち早くチェックして!
来年こそ行きたい! ヴェネチア国際映画祭総まとめ
映画
シェア
実は一般参加OK!次回こそ行きたい、ヴェネチア国際映画祭
来年、この映画祭のタイミングで「ヴェネチアに行くと楽しい理由」を現地レポート!
映画
シェア
「デキる女」に、すべて押し付けがちな私たち。
あの人はデキるから、あの人は頭がいいから――と、押し付けられ続けたら、そりゃ逃げたくもなるよね。
映画
シェア
【前編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
これだけイケメンが並ぶと圧巻…!まずは2001~2010年の作品をお届け♡
映画
シェア
「共感できない」相手は、別に敵ってわけじゃない
普通じゃない女子品評会のような『エル ELLE』に試される、あなたの共感の限界と、その先の理解。
映画
シェア
賛否両論!?サイコミステリー映画『マザー!』の日本公開が決定
ジェニファー・ローレンス主演!ヴェネチア国際映画祭では喝采とブーイングが入り混じったそう…。
価値観の違う人と共存するには?【女性監督が描く♯3】
映画
シェア
日本人監督が捉えた国際問題【女性監督が描く♯3】
NY在住、佐々木芽生監督が語る「世界から見た日本」