【悶々36】私を傷つけた母は、私の力の源でもある

「父のため」は無理だけど「母のため」ならなぜか頑張れるのは、きっとそのせい。

人気の記事

"優しいお母さん"が大好きだけど、軽蔑もしている

さて前回 に引き続き『わたしに会うまでの1600キロ』。

主人公は、母親ボビーの死をきっかけに荒れまくるシェリル・ストレイド。ドラッグに溺れ結婚生活を破たんさせ、手あたり次第に男と関係して妊娠し中絶し、とにかくすべてがズタボロな日々から立ち直るために、アメリカ西部を縦断するパシフィク・クレスト・トレイルの1600キロを歩き始めます。

ADの後に記事が続きます

ボビーはシェリルとその弟が幼いころに暴力夫の元から逃げ出し、以来、家族は3人暮らし。ボビーは学も生活力もなく貧しい生活を強いられていますが、悲壮感はまったくありません。子供たちを愛し、貧しさの中にも楽しさや美しさを見出し、暴力夫と出会ったことにすら「2人の子供を与えてくれた」と感謝を口にします。彼女の唯一の後悔は、自分に教養があれば何か違ったのではないかということ。だからこそシェリルをどうにか大学に通わせます。

でもそのおかげで優秀に育ったシェリルは、一方で母親の無邪気さと優しさと愚かさを愛しながら、他方ではそのすべてを蔑んでいます。母娘の間で大きいのは世代差。1968年に生まれアメリカの女性解放運動とともに成長したシェリルは、「女も男と同等の自由と手にすべき。家庭で男に尽くすだけなんて人生の浪費」と考える頭でっかちな大学生になり、まるで「愚かな妹」に接するように、母親に接しているんですね。

ところが。この母親の急死で、シェリルは坂を転げ落ちるように最悪のダメ女になってゆきます。

娘は誰だって「母親に褒められるのが好きな子」

全然関係ない話ですが、子供の勉強には「リビング派」と「自室派」があるそうです。私は完全なリビング派。ほかの人がどうかは知りませんが、誰の目もない静かな場所では完全にサボってしまいます。『ガラスの仮面』全巻制覇とか、ここぞとばかりに朝まで熟睡とかしちゃうわけですね。

でもリビングには母親の目があり、「母親への"勉強してます"アピール」という別の意図によって、勉強がけっこうはかどります。母親は私のことを「勉強好きな子」と思っていたかもしれないけれど、私は単に「母親に褒められるのが好きな子」で、褒められるために勉強をしていただけです。

母親を失ったシェリルが完全に無軌道化するのを見て、思い出したのはこのことです。

「母親のようになりたくない」と考える娘シェリルは、母親よりも上位に思えますが、実はボビーがその優しさと愛情で完全にシェリルを支配しています。母を軽んじるシェリルの言動は、絶対に怒らない飼い主に子犬がやる「甘噛み」みたいなもので、もっと言えばそういう状況さえも、「母親よりも頭のいいしっかり者の娘」を望んだボビーの計画通りの展開です。

でもシェリルの望みは「学のあるしっかり者になること」ではなく「母親に褒められること」ですから、褒めてくれる母親がいなくなったときに目的を喪失し、何が何だか分かんなくなっちゃうのは当然のこと。でもってここから、「母なしで」何者かになるための1600キロ踏破という、壮大な親離れが始まります。

この映画がすごくいいのは、読書家のシェリルが旅の合間に読む本の文言が、様々な場面で彼女に勇気と気づきを与えることです。私が一番好きなのは、映画の最初のほうに登場する、詩人エイドリアン・リッチのこの言葉。

彼女は、自分の傷を認めなかった。 その傷が、自分の力と同根であることを認めなかった。

それは、体中に負った傷を前向きな力に変えて生きた母の強さと、たったひとつの傷を力に変えられないシェリルの弱さ、両方を言いえたものに思えます。

敬うこと、蔑むこと。支配すること、逃れること。愛すること、憎むこと。『ブラック・スワン 』や『ピアニスト 』のような毒母であれ、ボビーのような母であれ、いずれにしても、娘に傷を残す母親の愛は、だからこそ力の源であるのかもしれません。

♥ 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
ジェニファー・ローレンス アクティビストになるため休業
映画
シェア
ジェニファー・ローレンス、1年休業し「活動家」として注力!?
1年間でも、彼女の新たな演技が観られなくなるなんて…
ホラー映画に出ていたスター
映画
シェア
今や黒歴史?若手時代ホラー作品に出ていたセレブ13人
ひょっとしたら本人たちは「早く忘れてほしい」と思ってるかも…?
ハリウッドは賞レースシーズン真っただ中。ゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)などが続々と発表され、各賞の結果を受け、3月4日に開催される映画界最大の祭典、第90回アカデミー賞の受賞予測がさらに白熱。今年のアカデミー賞の有力候補に挙げられているのが、13部門にノミネートされた『シェイプ・オブ・ウォーター』、8部門にノミネートされた『ダンケルク』、そして7部門にノミネートされた『スリー・ビルボード』など。けれど、ノミネート数が多いことが必ずしも受賞につながるわけではないので、本番当日までドキドキワクワクは続く。授賞式まであと3週間あまり、ここでひと足早くオスカー主要8部門の最有力候補をおさらいしましょう。ノミネート作品はこちらから。
映画
シェア
オスカーは誰の手に!?今年のアカデミー賞のゆくえを大予想
ひと足早く、主要8部門の最有力候補をおさらい!
2月10日(現地時間)に21歳の誕生日を迎えた、人気ハリウッド女優、クロエ・グレース・モレッツ。最近はブルックリン・ベッカムとの熱愛も注目のクロエだけれど、本業は女優。しかも、演技派! 子役モデルとしてキャリアをスタートし、7歳から女優に転向。既に数々の賞を受賞し、輝かしいキャリアを誇る。そんな彼女のバースデイを祝して、クロエの魅力がぎゅっと詰まった8作品を厳選してご紹介。そのキュートなルックスとは裏腹に、実はホラー映画のオファーが多いという意外な一面にも注目!
映画
シェア
絶対見るべき!クロエ・モレッツの魅力が詰まった映画8選
ブルックリンとの復縁でも話題のクロエ・グレース・モレッツ。女優業も順調で羨ましい♡
まとめてチェック!2017年に海外で大ヒットした映画15本
映画
シェア
映画好き女子必見!昨年海外で大ヒットした作品15
これから日本公開になる作品も続々!
2月14日、きたるバレンタインデーに向けて高まる乙女心。目下アツアツ恋愛中の人も、そうでない人も、恋のムードを盛り上げたいなら、ぜひここで紹介する恋愛映画を観てみて。たまには、暖かい部屋でゆっくり恋愛映画三昧コースもアリ!
映画
シェア
LOVEムードが高まる♡バレンタインに観たい名作映画15
不朽のラブロマンスからアクション大作まで!恋愛の世界にどっぷり浸れる作品をご紹介♡
「自分の出演映画が嫌い」!?セレブが後悔している14作
映画
シェア
そうなの!?セレブが好きになれない「自身の出演作」14
世界的にヒットしたのに…
現地時間2月4日(日)に放映された、アメリカンフットボールの頂上決定戦「スーパーボウル2018」。アメリカ全土が視聴しているため、この時間を狙って放映されるCMや、解禁される注目作の予告編は、毎年大きな話題に(広告費は30秒で約6億円もかかるのだとか…!)。そこで、今回放映されたトレイラーをここで一挙ご紹介。見逃せないエンタメ巨編が勢揃いしているので、予習も含めてしっかりチェック!
映画
シェア
スーパーボウルで予告編がお披露目!今年の注目映画8
今年見逃せないエンタメ巨編は?日本公開日と合わせてチェック!
これを見れば王室通♡「イギリス王室を描いた映画」6
映画
シェア
これを見れば王室通!「イギリス王室」を描いた映画6
エリザベス1世からダイアナ妃まで、イギリス王室がよく分かる!
映画
シェア
見応えあり…!アカデミー賞ノミネート作も続々、2月の注目映画
どの映画も、忘れられない1本になるはず。