【悶々32】「完璧な人生」を求める女子は、みんな迷宮入り

あなたが思う「完璧な人」は、自分を「クズ」と思っているかもしれない。

人気の記事

美しく鍛え上げた背筋と、そこにできる悲しいシワ

さて前回に引き続き、今回も『ブラック・スワン』。

あるバレエ団を舞台に、プリマになったナタリー・ポートマン演じる主人公ニナのさまざまな精神的抑圧を描いたこの作品は、血のにじむ指のささくれを剥いたら指まで剥けたとか、トウシューズでグキッとやって脱いだら爪もげてるとか痛い描写満載の、ほとんどホラーのような作品です。

ADの後に記事が続きます

でもそういう描写には意外と慣れてしまうもの。それよりも私の胸に刺さったのは、ナタポに個人レッスンをつける年配女性の先生、その背中です。おそらく本物のバレリーナなのでしょう、筋肉の形すらわかるような鍛えぬいた背中なのですが、肩甲骨が動くたび、その下の肉がひとかけらもない皮膚が寄り集まり、「シワッ」となります。

私は思いました。「バレエってなんて残酷な世界なんだろう」と。こんなに鍛え上げていても年がいけば舞台には立てません。ニナの妊娠で28歳でキャリアを諦めたと語る母親を、ニナは「ただ年齢的に限界だっただけ」と思っているし、ニナの前のプリマ、ベスはせいぜい30代なのに「更年期の人はさっさと引退して」と陰口を叩かれます。でもそう言う若いバレリーナは、技術も精神力も彼女に追いつきません。

鍛錬を怠らず、最高の技術も持ち合わせ、精神的にも肉体的にもタフで、若くて美しくて、それでもプリマになれない人も当然います。多くのプリマが完璧主義と言われるのは、完璧主義じゃないとプリマになんてなれないからに違いありません。

さてプリマを勝ち取ったニナもそんな完璧主義者で、そのことがこの映画をよりホラーにしています。

完璧な"完璧"は、唯一無二のもの?

幼いころは3日に1度は髪の毛が寝起きのまんまこんがらがり、スイミングスクールでは常に一人だけ明後日の方向を見て好き勝手にチャプチャプやり、忘れ物グラフをつければ私のところだけ紙を足さなければいけないほどダントツで、中学高校という多感な時期の写真は気づけばほとんど変顔、という私は生まれながらのダメダメなタイプです。

ですから、仕事はバリバリで妻で母、いつ見てもキレイでおしゃれでリア充、この人は本当は23人いるに違いないと思わせるほどエネルギッシュな活躍の人を見ると、完璧主義なんだろうなあと、いつも感心してしまいます。でもそれと同時に「でもでも完璧ってどういうこと?」と考えたりもします。

例えば「完璧でありたい」と切望するニナは、常に鍛錬し、身体のラインを崩さないために食事は小鳥かと思うほど少量で、友達も作らず遊びもせず、バレエの正確性に影響しかねない感情は常に抑えています。演出家のトマは、そんな彼女に言います。「抑制だけでは完璧にはならない。解き放ってこそすべてを越えられる」。彼が「正確ではないが官能的」とベタ褒めするのは、ニナの代役リリーの演技です。

完璧って何?完璧って何?完璧って何?という悶々が極まったニナは、答えを探して、彼女が考える「完璧なバレリーナ=ベス」に尋ねます。ベスの答えはこうです。「私は完璧なんかじゃない。ただのクズよ」。

改めて、「完璧」ってどういうことでしょう。これは巷にもよくある問題です。技術的にミスのないニナか、誰もが魅了されるリリーか。一分の狂いもない均整のとれた整形美人か、不均衡だから魅力的な天然美人か。真新しいピカピカな最高級品か、名もないアンティークの経年変化が作る味わいか。でも自分が「これで完璧」と思っていても、周囲がそれを「完璧」とみなすかどうかはわからないし、周囲が「完璧」とみなす人が「完璧になれない」と悶々としているかもしれません。

そうなると結局のところ世の中の「完璧」は、「これが私の完璧」という単なる「落としどころ」でしかなくなってしまいます。ニナのような完璧主義者は思うでしょう。「それは完璧な"完璧"ではないのでは?完璧って唯一無二なものでは?」。もはや出口のない完全な迷宮入り。

迷宮の入り口にすら立ったことのない私は、それゆれ冷静に思うのです。

まあとりあえず、それ全部「完璧」ってことでいいんじゃないのかな。

♥ 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
女子vs女子の構図は、なぜできてしまうのか?
知らず知らずのうちに、男社会に飼いならされている……のかも。
第74回ヴェネチア国際映画祭の司会を務めた旬の俳優に迫る!
映画
シェア
あのイケメンは誰?ヴェネチア映画祭をザワつかせた司会に直撃!
今、イタリアで旬なイケメン俳優! アレッサンドロ・ボルギにクローズアップ
第30回東京国際映画祭 オープニング、クロージング、特別招待作のラインナップが決定!
映画
シェア
オープニングを飾るのは、あの実写化作品!注目の東京国際映画祭
オープニング&クロージングに、特別招待作品など、続々発表!
映画
シェア
【後編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
ラストは2011~2017年の映画をお届け♡11月公開作品のイケメン陣もいち早くチェックして!
来年こそ行きたい! ヴェネチア国際映画祭総まとめ
映画
シェア
実は一般参加OK!次回こそ行きたい、ヴェネチア国際映画祭
来年、この映画祭のタイミングで「ヴェネチアに行くと楽しい理由」を現地レポート!
映画
シェア
「デキる女」に、すべて押し付けがちな私たち。
あの人はデキるから、あの人は頭がいいから――と、押し付けられ続けたら、そりゃ逃げたくもなるよね。
映画
シェア
【前編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
これだけイケメンが並ぶと圧巻…!まずは2001~2010年の作品をお届け♡
映画
シェア
「共感できない」相手は、別に敵ってわけじゃない
普通じゃない女子品評会のような『エル ELLE』に試される、あなたの共感の限界と、その先の理解。
映画
シェア
賛否両論!?サイコミステリー映画『マザー!』の日本公開が決定
ジェニファー・ローレンス主演!ヴェネチア国際映画祭では喝采とブーイングが入り混じったそう…。
価値観の違う人と共存するには?【女性監督が描く♯3】
映画
シェア
日本人監督が捉えた国際問題【女性監督が描く♯3】
NY在住、佐々木芽生監督が語る「世界から見た日本」