【悶々28】「自分より強い男」に支配される悦び?

一般的に「強い女」と思われている女性ほど、実は男に支配されがちな件。

人気の記事

「男なら私より強くなって。慰めてほしいのはこっち」

男から「強い」と言われる女子のタイプというのがあります。

パッと見、気が強そうで負けず嫌い、白黒をはっきりつけなければいられない性格で、何かあっても泣いたりしなさそうな感じ。仕事ができて、ビジュアルにも個性や主張があって、やりたいことをはっきりと言う感じ。

ADの後に記事が続きます

例えば私がそんな20代女子を見たら「ずいぶん突っ張ってるなあ」と思うし、「"強がり"か"強いと思われたい子"か"強くなりたい子"なんだろうな」なんてことも考えます。おいおいこんな年上相手にマウンティングかよ、なんてことも実はあったりしますが、オバちゃんにはそれが虚勢であることは丸見えですから、微笑ましいものです。

でもこと男に関していえば、例えば合コンで後片付け("とりわけ"はもう古いらしいけれど、本質は何一つ変わっていません)する女の子を「しっかりもの」、コンサバな服装で「女らしい」と冗談みたいに簡単な記号で情報操作されてしまうわけで、このあたりの機微をほとんど全くと言っていいほど理解しません。

そうして「強い」と判断された女子の中には、ある種の失望のようなものが芽生えます。それは「私をヨシヨシしてくれるような、強い男はいないんだろうか?」ということです。

さて今回のネタは、前回に引き続き『AMY エイミー』。

2011年に27歳で死んだ英国の歌姫エイミー・ワインハウスの生涯を、残された映像と関係者の証言で綴るドキュメンタリーです。エイミー・ワインハウスと言えば、あのビジュアルとあの声、唯一無二の世界観と表現力、そしてゴシップを賑わすお騒がせキャラ……などから、多くの人が「強い女」のイメージを持っているのではないかと思います。でもそれは幻想だったのではないかと思うのは、「実体験しか曲にしない」彼女が、デビュー曲『ストロンガー・ザン・ミー』で、まさにそうした失望をまんま歌詞にしているからです。

20代女子にありがちな、好みのタイプは「ぐいぐい引っ張ってくれる人」

そんなエイミーにとって、誰よりも"強い男"とは父親のミチェルだったのではないかと思います。エイミーが9歳の時に家を出たミチェルはジャズシンガーでもあり、エイミーの音楽的素養を作った人。おそらくエイミーが求めてやまない人物であると同時に、20代の文化系女子には「イケメン」よりも「金持ち」よりも作用する「尊敬できる人」なわけで、エイミーがこの人を誰よりも信頼するのは至極自然な流れです。

でも個人的な感想を言うならば、ミチェルは、娘の健康や精神状態よりも娘がマネー・メイキングスターであることを、娘に本当に必要なことよりも娘のわがままを優先し、「ここで別の判断をしていれば…」という誤った独断を何度も繰り返しているように思えます。でもそうした状況に時に苛立ちを覚えながらも、「熱烈に父親を崇拝」するエイミーは彼を強く拒絶することができず、従ってしまいます。

もちろん、制御不能の巨大なビジネスに飲み込まれ、パパラッチに追い立てられまくるというクレイジーな状況で、マドンナやレディ・ガガのように自ら主導権をとるなんて誰にでもできる芸当ではありません。普通の生活を送る私たちだって、様々なことが押し寄せてきてとっ散らかった時に、「俺に任せとけ!」と言ってくれる男がいたら、その人にポワワーンとなってしまいかねないし、恋人や父親に頼ってしまうのも当然といえば当然です。

そして実のところ、こういうタイプに最も弱いのは「強い女」と言われがちな女子です。ほとんどの男が及び腰なのに、この人は私を恐れない。私をぐいぐいと引っ張ってくれる数少ない男。てか「強がらないでいい」とか初めて言われて、腰砕けになっちゃったんですけど。何も考えずこの人に身を任せてしまばいい気がする。有名人で信頼できる相手が少ない人ならなおのこと、数少ないそうした存在を100%信頼してしまうでしょう。

でもこれ本当に基本的な話ですけれど、大事なのは「ぐいぐい引っ張ってくれること」よりも、「どこに引っ張っていってくれるのか」なんですね。たどり着いた場所が「相手が望む場所」であって「自分が望む場所」でないならば、それは「支配」でしかありません。

でも何が一番悶々とするかといえば、若い女子たちの多くがそうした「支配」を、「保護」という言い換えにより、喜びとしてとらえていることです。

一見して全くの別人にみえる、エイミー・ワインハウスと、【悶々25】【悶々26】の『ラブレース』の主人公リンダは、その点でほとんど変わりません。戯言レベルなら「お前は俺のもの」と言われても楽しいけれど、本当にすべてを任せてきってしまったふたりが行き着いた先は、程度の差こそあれ、必ずしも他人事ではない―――と、若い女子は思ってくれるかなあ。

♥ 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。
映画
シェア
亡きレイア姫への想い…『スター・ウォーズ』キャストが来日
いよいよ公開!本作が遺作となったレイア姫役のキャリー・フィッシャーへの想いも…
映画
シェア
「女性を分断しようとする連中に、私は利用されたくない」
美しく強い女性を演じ続けるジェシカ・チャスティン本人に迫る!
批判をよそに、大成功したびっくりキャスティング9選
映画
シェア
批判されたけど大成功!ヒット映画のキャスティング秘話9
キャスティングの是非は、映画が完成するまでわからない!