【悶々27】20代の「運命の恋」を生き延びることの難しさ

「運命の恋」の破壊力に耐えきれなかった、歌姫エイミー・ワインハウス。

人気の記事

「どうせ私は孤独」と主張するデンジャラスなアイライン

基本的に「化粧はレジャー」と思っている私は、化粧はその人が気持ちが良ければそれでよく、まあ時にはギョッとするようなメイクの人もいますが、「化粧は礼儀」的発想の風紀委員のごとく、「あのメイクってどうなの?」みたいなことを言う人には、ほっとけや!と心の中で塩をまいたりしています。

ADの後に記事が続きます

そんな私が、それでもどうしても気になってしまうのは、どんな時も、ほとんどノーメイクであるときすらも、常に濃くて太いアイラインを入れている人です。

というのも――独断と偏見であることを重々承知の上で言いますが――アイラインと精神には相関関係があるような気がしてならないからです。急に濃く太くなったり、原型がわからないくらい囲み目になってる知人友人セレブリティを、そうなった近辺の生活と併せて観察すると、周囲が見えなくなっているんじゃないか、何かしらの理由で攻撃的になってるんじゃないか、社会に対する精神的な隔絶を感じているんじゃないかと、すごく不安になるのです。

そしてここ10年で私を最も不安にさせたアイラインが、今回のネタ『AMYエイミー』のエイミー・ワインハウスです。

さて今回のネタは『AMYエイミー』。28歳で急逝した彼女の生涯を、残された映像と知人の証言で綴ったドキュメンタリーです。

16歳でスタジオと契約、20歳で出した1stアルバムの売り上げは60万枚を超え、22歳で大ヒットした「リハブ」でグラミー賞を受賞、世界的なスターになると同時にパパラッチとの攻防が始まる――そんな流れの中で私が注目したのは、当然ながら(←おかしい)「どのタイミングでアイラインが"ああ"なるのか」。そして自身の感覚が、エイミーにおいては的を射ていることを確信いたしました。

彼女のアイラインが"ああ"なるタイミングは、後に夫となるブレイク・フィールダーと出会った後。映画を見た100人中150人くらいが「この男さえいなければ、エイミーはまだ生きていた」と思うに違いない男です。

「運命の恋」はそのほとんどが思い込み

この作品を見て思うのは、20代の恋の難しさです。

20代になるとたいていの人が、形としては「大人」になります。法的な結婚の許可はもちろん、多くの人は社会に出てお金を稼ぐようになり、自分の行動について周囲からとやかく言われなくなる、少なくとも「余計なお世話」と言い返せるだけの環境が整います。

でもだからといって精神的に大人になっているわけではありません。私事で恐縮ですが、今考えると20代の頃の自分の「大人認定」は、居酒屋入って「とりあえずビール」って言うとか、後輩にたまにおごるとか、自分でフリー旅行を手配できるとか、そんな表面的なことでしかなく、それごときで自分を「大人~!」と思っていた時点でアホはなはだしく、無知と思い込みと知ったかぶりの集合体でしかありません。

さらにこの年齢の女性において危険なことは、生物学的にみて生殖に最も適した時期、平たく言えば発情期が重なることです。

さあここに、見た目がまあまあ好みの男が現れて「君は僕が初めて心を許した人」「君と僕は似てる」くらいなことを言ったとしましょう。「運命の恋」が一丁上がりで完成します。

ブレイク・フィールダーはありていに言えばちょっとばかり顔がいいだけの、本当の大人ならば目をつぶっていてもそれとわかるチンピラまがいの男なのですが、いくら音楽において老成していても所詮エイミーは22歳、気づくのは難しかったのかもしれないし、たとえ気づいたとしても自分の感情を制御できなかったかもしれません。

2枚目のアルバム制作を始めるべきタイミングでこの男に出会った彼女は、音楽そっちのけで恋に突き進み、友や仕事仲間の心ある忠告を「余計なお世話」とシャットアウトし、ブレイクに、そして(「あなたのやることなら何でもやる」と言いながら)この男がやっていたドラッグに、ずぶずぶとハマってゆきます。

その姿に私が悶々としてしまうのは、「運命の恋」が本当に「運命の恋」であることは万に一つもないこと、そして「運命の恋」(と本人が思い込んだ恋)が必ずしも女子を幸せにしないことを、自他の経験として知っているからです。

もちろん相手がいい人で、互いを尊重した心地よい付き合いが続いていく、そのまますんなりと幸せな結婚に向かうという人もいるでしょう。それはそれで素晴らしいことです。でもそうはならなかった時、働き始めると同時に結婚も意識するこの時期の「運命の恋」の打撃は、そう簡単には癒せません。

悶々極まった私は思います。恋なんて、しなきゃいけないもんじゃないのに。すべての女子の人生において恋愛が必ずしも一番大切なものだとは思わないし、才能ある男性ミュージシャンが「運命の恋」で身を持ち崩したなんて話はほとんど聞きません。でもやっぱり女子は全身全霊で恋をしてしまうんでしょう。そして、仕事も恋も人生も一緒くたにしてしまうその不器用さに、ただただ落涙してしまうのです。

♥ 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。
映画
シェア
亡きレイア姫への想い…『スター・ウォーズ』キャストが来日
いよいよ公開!本作が遺作となったレイア姫役のキャリー・フィッシャーへの想いも…
映画
シェア
「女性を分断しようとする連中に、私は利用されたくない」
美しく強い女性を演じ続けるジェシカ・チャスティン本人に迫る!
批判をよそに、大成功したびっくりキャスティング9選
映画
シェア
批判されたけど大成功!ヒット映画のキャスティング秘話9
キャスティングの是非は、映画が完成するまでわからない!