【悶々26】「あなたに従って生きること」の奇妙な平穏

彼と出会って私は変わった。以前は母の望み通りに生きてきたけれど、今は彼に愛されることが私の喜び――って変わっとらんやろが。

人気の記事

俺色に染まる、真っ白いキャンバスの君

この間まで「丸の内のデキる女風」だったのに、久々に会ったらなぜか「ニューヨークのパンクロッカー風」で、あらあら、と思っているうちに、「香港の金持ちマダム風」になってる――みたいな女子を見ると、コスプレ世界一周すごろくかしら、自分探しにハマり中かしら、己を変えるためまずは形からみたいな自己啓発系かしらと、いろいろと想像をめぐらしてしまうのですが、なんのこたない、男が変わっただけだったりします。

ADの後に記事が続きます

男が変わるたびに別人になってしまうこういう女子、結構いると思います。言われたことないんでわかりませんが、「君は真っ白いキャンバス、俺色に染める」とかなんとか言われてしまうんでしょうか。文字にしただけで盛大に噴きましたが、なにしろ恋愛とは酩酊状態のことですから、こうしたものにキュンとして「あなた色に染まるのが私の喜び」的展開になってしまうのかもしれません。もちろんぜんぜん否定しません。恋愛に限らず一番楽しいのは「踊る阿呆」ですし、私は常に「踊る阿呆」を肯定する「見る阿呆」でありたい。とはいえ周囲が全然見えなくなるほど踊り狂っちゃう人には、なんであれちょっと危険なものを感じます。

これまでの「見る阿呆」経験から導き出した危険なタイプ、それはやっぱり「真面目」と言われ続けた優等生や、厳しい家庭で「いい子」として育ってきた人です。私は恋愛によって以前とは違う自分になった――そんな実感は快感となり、自分が殻を破るきっかけを作ってくれた男への強大な信頼感を形成してゆきます。もし今まさにそんなことを経験し、そんな風に思っている女子がいたとしたら、私は言いたい。

あなた、全然変わってませんよ。殻を壊して自由になったわけじゃなく、別の殻を見つけただけです。

支配から支配へと渡り歩く女

さて今回のネタも、前回に引き続き『ラブレース』。ヒロインは70年代の伝説のポルノ映画『ディープスロート』への出演で大スターになったリンダ。彼女が出会ったばかりのチャック・トレイナーと結婚したのは、支配的な母親から逃れるためでもありました。当初、リンダにおける「母親が否定する部分」を全肯定してくれたチャックを、彼女が「自分を救い出してくれる王子様」のように感じてしまったのは無理からぬことです。その信頼感からか、リンダは今度はチャックの支配下に自ら入ってしまいます。ファッションも髪型もチャックの完コピになり、言いつけ通りに禁煙、小遣い稼ぎの売春を強いられ、嫌だといえば暴力を振るわれ、〇ェラ〇オを「練習しろ」と仕込まれ、それをビデオに撮られ、ポルノ女優として売り出され――とまあ女性虐待のフルコースを味わうことになります。

もちろん逃亡も試みます。でもその先が母親の元――以前の支配者のもとだというところに、彼女の呪縛の根深さを感じます。これが普通の母親であればそれで正しいのでしょうが、リンダの母親はガチガチのカトリックで、ティーンエイジャーで妊娠した娘を「ふしだらな女」と呼び、堕胎を許さず、周囲に知られることを恐れて引っ越しまでした母親で、「夫に従うこと」を道徳としたカトリックの「神聖な結婚生活」から逃げてきた娘を、「周囲に何を言われるかわからない」のに、かばってくれるはずがありません。

でも私が最も驚いたのはチャックから生き延びて6年後、出版した自伝が話題になって出演したテレビ番組での、リンダのこのセリフです。

「こんな虐待を、神様がお許しになるはずがありません」。

キリスト教の世界では何の抵抗もないのかもしれません。「夫に従え」と言ったのも「離婚は許さない」と言ったのも「ふしだらな女」と言ったのも、すべてキリスト教だったのに。リンダがみたび、「新たな殻」に入り込んでしまった。何かに盲目的に従うことで得るその奇妙な平穏に、私は悶々としてしまうのでした。

 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
圧倒的な権力にセックスを強いられる侍女たち
ゴールデングローブ賞で話題のドラマは、まるでハリウッドの寓話。
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
映画
シェア
「嫉妬」するのは女子だから?
人間だもの、嫉妬しちゃう時もある。その悶々が過ぎ去るまで、あの美女はこんなふうにしてるらしい。
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
55th Cannes film festival: Stairs of 'Searching for Debra Winger' and 'Marie-Jo et ses deux amours' In Cannes,
left : Sharon Stone, Rosanna Arquette and Patricia Arquette. Jewels in Diamonds. (Photo by Pool BENAINOUS/DUCLOS/Gamma-Rapho via Getty Images)
映画
シェア
「ワインスタイン」一色だった、今年こそ見たい女子映画
30人を超える女優たちが15年前に告白していた、ハリウッドのセクハラ事情。
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。