【悶々22】「白馬の王子様」の後は「白馬のオジ様」探し

仕事に疲弊した女子が求めるのは、セックスなし、「よしよし」アリな男

人気の記事

ジェントルで柔軟で謙虚、加齢臭ももちろんなし

さて前回引き続き『マイ・インターン』。主人公はネットのアパレル通販サイトをCEOとして運営する主人公ジュールス。会社は急成長して仕事は順調ですが、私生活では子育て中の専業主夫の夫が密かに「ママ友」と関係を持っていることを知り、大ショックを受けています。そんな彼女を支えるのはシニア・インターンのベン、70歳。この映画が働く女性の猛烈な支持を得たのは、アン・ハサウェイ演じる少々自分勝手な女子が共感を集めたわけではなく、彼女を公私に渡って支えるロバート・デニーロ演じるベンが素敵すぎた、それに尽きると思います。

ADの後に記事が続きます

ベンの魅力はあまりにたくさんあって、どこから話していいのか分からないのですが、一言でいえばジェントルマンであることです。

常にクラシックなスーツを上品に着こなすベンは、妻とは死別していますが、家の中にも乱れた場所はひとつもありません。ウォークインクローゼットの棚にはシャツが畳んで積み重なり、たくさんのネクタイが裾を合わせてキレイに下がり、ハンカチやポケットチーフも所定の引き出しにきちんと収まっています。

職場の若い衆は皆カジュアルですが、自然体のベンは無理してそれに合わせようとはせず、ネクタイとスーツにアタッシェケース。いざという時に女性に貸すために、ハンカチも必ず持っています。髪はきちんと整え、オッサン特有の加齢臭はありません。嗅いでませんけども。

その紳士ぶりはファッションのみにとどまらず、相手の話をきちんと聞き、いつも微笑みを絶やさず、穏やかで声を荒らげることも決してありません。たとえ相手が自分に敬意を払わなくても自分は敬意を忘れず、それは相手がたとえ40歳以上年下でもまったく変わりません。この年齢のおっさんにありがちな頑固さはみじんもなく、TwitterであれFacebookであれ新しいことを受け入れ楽しむ柔軟さと、年下の人間に教えを乞える謙虚さもあります。

疲弊した全世界の女子に必要なのは、こういう部下なんだよ!

ここまで書いてすでに、そうそういないツチノコ級の素敵なオジ様ですが、ベンはさらに2~3段上を行きます。ベンはジュールスを決して否定せず、ましてや説教なんて絶対にせず、常に「あなたはすごい」「自信をもって」と言い続けてくれます。ジュールスが飲み過ぎて粗相をしてしまった時も、いざという時のハンカチを取り出して介抱してくれ、寄りかかる胸を貸してくれます。普通のオッサンならば「ここまではジェントルマンだったのにね……」となる場面ですが、ベンの本当のすごさは、これ以降においても完全なジェントルマンであることです。いかんいかん、我慢我慢、的な描写さえありません。

つまりベンは、ジュールスをレディ扱いはしますが、よこしまな考えはまったくもっていないんですね。ベンは慈愛に満ちた父親みたいなもので、甘えさせてくれ「よしよし」はしてくれるけど、決してセックスは求めない、ほとんど三島由紀夫の世界 です。仕事に――いやいや、家事や子育てにも――疲弊した女子に必要なのはまさにこういう男なんだよー!と号泣しながらスクリーンに叫んだのは、きっと私だけではないはず。

映画にはジュールスの専業主夫の夫がベンに「僕とベンはまるで兄弟だ」と言う場面があります。このセリフは言い得て妙で、夫とベンの違いはセックスのアリナシだけ。ふたりは最後の最後まで「女性差別は間違っている」「君が正しい」「君が思うようにやればいい」とジュールスを全肯定してくれます。すべてがジュールスの望むところに落ちてゆく物語にリアリティがあるとは思いませんが、ハリウッド映画のほとんどが男性監督による男を喜ばすための映画なんですから、女性監督が撮った女子を徹底的に喜ばせる映画に、女子が浸って何の悪いことがあろうかと思います。

とはいえ現実の世界で「ベン」を探し求めたら、それは新たな悶々の始まりです。ベンは絶対に絶対に存在しない、「白馬の王子様」ならぬ「白馬のおじ様」なんですから。

♥ 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
続編ある!?サマンサ代役に「人気コメディアン」の名が浮上
サマンサを演じたキム・キャトラルも、意外や意外に乗り気なコメントを投稿!
映画
シェア
話題の映画で再注目! ナンシー・ケリガン襲撃事件の真相
映画界で旋風を巻き起こしたことで、再び当時の事件にも注目が…!
映画
シェア
圧倒的な権力にセックスを強いられる侍女たち
ゴールデングローブ賞で話題のドラマは、まるでハリウッドの寓話。
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
映画
シェア
「嫉妬」するのは女子だから?
人間だもの、嫉妬しちゃう時もある。その悶々が過ぎ去るまで、あの美女はこんなふうにしてるらしい。
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
55th Cannes film festival: Stairs of 'Searching for Debra Winger' and 'Marie-Jo et ses deux amours' In Cannes,
left : Sharon Stone, Rosanna Arquette and Patricia Arquette. Jewels in Diamonds. (Photo by Pool BENAINOUS/DUCLOS/Gamma-Rapho via Getty Images)
映画
シェア
「ワインスタイン」一色だった、今年こそ見たい女子映画
30人を超える女優たちが15年前に告白していた、ハリウッドのセクハラ事情。
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。