【悶々18】「イタい女」の強すぎる「承認欲求」

「イタい女」と思われるのはイヤだけど、そればっかり気にしてたら何もできないのも本当のところ。

人気の記事

物欲しげな様子が周囲をうんざりさせる「イタい女」

さて前回に引き続き『ヤング≒アダルト』。

仕事もプライベートもいまひとつパッとしないメイヴィス37歳は、「学園の女王」だった高校時代の栄光(とその象徴である高校一のイケメンだった元カレ)を取り戻すべく、久々に故郷の田舎町に帰ります。そして胸元がバックリ開いたボディラインそのまんまのピッチピチミニドレスで、1718年ぶりに再会したばかりの田舎の素朴なオッさんになった元恋人相手に、女子高生さながらの分かりやすいセクシービームを発散しつづけます。これをイタいと言わずして何をイタいというのか、と思うようなとてつもない惨劇です。

ADの後に記事が続きます

この「イタい」という言葉、実のところあんまり好きじゃありません。そもそもはおそらく「痛々しい」からの派生で、私個人は「気の毒」「可哀想」で「見てるのが辛い」という意味合いで使ってきたのですが、最近は「無様」「みっともない」で「見ていていられない」的な上からの嘲り感が強くなっている気がして。でもSNSなどを見ていると本当に「イタい」としか言いようのない人がいるのも事実で、嘲りたいわけではないのですが、「気の毒じゃないけど、見てるのが辛い」という感情がどうにもわき起こってしまい、己のダブルスタンダードぶりに悶々としてしまいます。

そういう人たちに誰もが感じる居心地の悪さっていったい何?と考えてみると、強すぎる「承認欲求」が臭うからじゃないかと思うんですね。「承認欲求」とは読んで字のごとし、「誰かに認めてもらいたい」という気持ちのことです。

例えば「どうせ私なんかダメな人間」って言う人は「ダメじゃない」と慰められたいし、「気分を変えたくて、ショートカットにしてみました!」とSNSにセルフィー上げる人は「可愛い!」と褒められたいし、「土曜はどんなに疲れていても早起きして散歩して、朝食は途中にあるサードウェーブ系カフェでとるんだよね」と聞いてもいないのにアピールしてくる人は「さすが意識高い系~!」と言われたい、みたいなことです。まあたまになら、そこは人間だもの、お互い様で慰め、褒め合い、支え合うのが大人というものです。

でもこれが何度も続くと、反応するのがちょっと疲れてきますね。「どうせ私なんかダメな人間……」の尻尾に着いた「……」のところに漂う物欲しげな感じが面倒くさく、中には「絶対言ってやるもんか」と思う人も出てくるでしょう。何よりも誰かに「ダメじゃない」と言ってもらわないといられず、そこらじゅうで「私ってダメ」「私ってダメ」と言いまくる様子がすごくみっともなく見えてきて――「イタい」人が完成します。

他人が何と言おうとも、私は「私」を生きてゆく

さて話を『ヤング≒アダルト』に戻して。

「イタい女」メイヴィスは「女王様(特別な人間)」の承認として、周囲が「女王様扱い」してくれることを求めています。でも田舎町で暮らす40歳目前の同級生たちに彼女のセクシービームはまったく効果がなく、返ってくるのは「いまだにそんな感じなんだ……」という微妙な空気だけ。見ているこっちは、イタタタタタ、となるわけですが、ふと思います。あれ、メイヴィスの望みはどっちだったっけ? 「女王であること」だっけ、「女王様扱いしてもらうこと」だっけ?

もし「女王様扱いしてもらうこと」だとしたら、それは完全なる負け戦です。彼女が女王様として振舞えば振舞うほど、周囲は「面倒くさい」「絶対女王様扱いしてやらない」「無様」と思うわけですから。

ところがこの映画、イタいまんまでは終わりません。特別な人間であることを諦めきれない、それが自分の不幸かもしれない、みんなのようにショボイ幸せで満足することが、「大人になる」ということなのかもしれない――そう考え始めた矢先のメイヴィスに、突然の開き直りがやってきます。彼女が「ヒエラルキーの頂点としての女王様」でなく「孤高の女王様」になった瞬間、とでも言いましょうか。

とはいえ、他人の「承認」が欲しくて欲しくて全身傷だらけになった末に選んだ道は、実のところたいして楽な道ではありません。メイヴィスは、自分の価値を決めるのは他人の「承認」ではなく、自分自身なのだと悟っただけ。それまで目を背けてきた自分の「イタさ」を、せめて自分だけは許してやろうと決めただけです。周囲はこれまで通り、メイヴィスのことを「イタい」と言うかもしれません。それでも私は私を生きるだけ。その勇気と孤独は、ちょっとカッコいいような気もするのです。

♥ 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
ジェニファー・ローレンス アクティビストになるため休業
映画
シェア
ジェニファー・ローレンス、1年休業し「活動家」として注力!?
1年間でも、彼女の新たな演技が観られなくなるなんて…
ホラー映画に出ていたスター
映画
シェア
今や黒歴史?若手時代ホラー作品に出ていたセレブ13人
ひょっとしたら本人たちは「早く忘れてほしい」と思ってるかも…?
ハリウッドは賞レースシーズン真っただ中。ゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)などが続々と発表され、各賞の結果を受け、3月4日に開催される映画界最大の祭典、第90回アカデミー賞の受賞予測がさらに白熱。今年のアカデミー賞の有力候補に挙げられているのが、13部門にノミネートされた『シェイプ・オブ・ウォーター』、8部門にノミネートされた『ダンケルク』、そして7部門にノミネートされた『スリー・ビルボード』など。けれど、ノミネート数が多いことが必ずしも受賞につながるわけではないので、本番当日までドキドキワクワクは続く。授賞式まであと3週間あまり、ここでひと足早くオスカー主要8部門の最有力候補をおさらいしましょう。ノミネート作品はこちらから。
映画
シェア
オスカーは誰の手に!?今年のアカデミー賞のゆくえを大予想
ひと足早く、主要8部門の最有力候補をおさらい!
2月10日(現地時間)に21歳の誕生日を迎えた、人気ハリウッド女優、クロエ・グレース・モレッツ。最近はブルックリン・ベッカムとの熱愛も注目のクロエだけれど、本業は女優。しかも、演技派! 子役モデルとしてキャリアをスタートし、7歳から女優に転向。既に数々の賞を受賞し、輝かしいキャリアを誇る。そんな彼女のバースデイを祝して、クロエの魅力がぎゅっと詰まった8作品を厳選してご紹介。そのキュートなルックスとは裏腹に、実はホラー映画のオファーが多いという意外な一面にも注目!
映画
シェア
絶対見るべき!クロエ・モレッツの魅力が詰まった映画8選
ブルックリンとの復縁でも話題のクロエ・グレース・モレッツ。女優業も順調で羨ましい♡
まとめてチェック!2017年に海外で大ヒットした映画15本
映画
シェア
映画好き女子必見!昨年海外で大ヒットした作品15
これから日本公開になる作品も続々!
2月14日、きたるバレンタインデーに向けて高まる乙女心。目下アツアツ恋愛中の人も、そうでない人も、恋のムードを盛り上げたいなら、ぜひここで紹介する恋愛映画を観てみて。たまには、暖かい部屋でゆっくり恋愛映画三昧コースもアリ!
映画
シェア
LOVEムードが高まる♡バレンタインに観たい名作映画15
不朽のラブロマンスからアクション大作まで!恋愛の世界にどっぷり浸れる作品をご紹介♡
映画
シェア
「その気」を巡る、女と男のモヤる展開
僕はその気はないんで、の前に、私にその気があるかどうか、確認していただけると。
現地時間2月4日(日)に放映された、アメリカンフットボールの頂上決定戦「スーパーボウル2018」。アメリカ全土が視聴しているため、この時間を狙って放映されるCMや、解禁される注目作の予告編は、毎年大きな話題に(広告費は30秒で約6億円もかかるのだとか…!)。そこで、今回放映されたトレイラーをここで一挙ご紹介。見逃せないエンタメ巨編が勢揃いしているので、予習も含めてしっかりチェック!
映画
シェア
スーパーボウルで予告編がお披露目!今年の注目映画8
今年見逃せないエンタメ巨編は?日本公開日と合わせてチェック!
これを見れば王室通♡「イギリス王室を描いた映画」6
映画
シェア
これを見れば王室通!「イギリス王室」を描いた映画6
エリザベス1世からダイアナ妃まで、イギリス王室がよく分かる!
映画
シェア
見応えあり…!アカデミー賞ノミネート作も続々、2月の注目映画
どの映画も、忘れられない1本になるはず。