【悶々15】嫌われたくない女子に巣食う「愛され」の呪縛

「女の子はキレイなオバカさんが一番」は、「女は化粧でもして黙ってろ」のふんわりした言い換えじゃなかろうか。

人気の記事

松田聖子が生み出した、全方位型「愛され」テク

前回書いた女子の男に対する「可愛さ売り」、日本でのその発生源をたどれば80年代アイドルに行き当たります。象徴たるトップアイドルは松田聖子。涙の出ない泣き顔、半開きの唇、歌っている時の肩の入り方など、「可愛い系媚び」を記号化したさまざまな仕草を作り出し、「ブリッ子」という名人芸を作り上げた人です。ものまね芸人のホリの方法論で誰もがキムタクの真似をしやすくなったのと同様に、聖子のそうした芸は、無数のアマチュアの「アイドル」を生み出す結果となりました。

ADの後に記事が続きます

私の人生で最強のブリッ子に出会ったのもこの時代です。彼女は決して悪い子ではありませんでしたが、学校で誰もが知るブリッ子でした。その反応たるや、今の今までブータレていても男子や先生が来るとすべてが豹変、声は1トーン高くなるわ、はにかみ顔で「うふっ❤」とかやるわ、小首かしげるわで、男の体臭エキスに反応する高感度センサーでもついとんのかと、彼女の背中のあたりをまさぐりたくなったものです。

でも私にとって何より不思議だったのは、彼女が自分の嫌いな相手にさえいい顔をせずにはいられないことでした。例えば、彼女を気に入っていちいちちょっかいを出してくる面倒くさいブ男、みたいな相手が、「これ先生のとこに届けといて」とか頼んできたとしましょう。「え~」「いいじゃん、お願い」とかいう無意味にネチャネチャしたやりとりの末に結局彼女は引き受けるのですが、そいつがいなくなると「つうか、なんで私があんな奴のために!」とぷりぷり怒ります。

「つうか、なんで引き受けんの?」と思っていた私は幼くも単細胞で、彼女のことを全然理解していなかったのだなあと、今にして思います。彼女が「ブリッ子」していたのは、男の気を引くことが目的だからではなく、アイドルよろしく誰からも「愛され」る存在であるため。それが当時の彼女のアイデンティティだったからだと思うのです。

愛されてると、なんか得する――その「なんか」って何?

さて今回のネタはオスカー受賞で話題のレオナルド・ディカプリオ主演の『華麗なるギャッツビー』。初恋の女性を手に入れるために全人生を賭けた男の物語なのですが、私を悶々とさせるのはその初恋の女性、ギャツビーを翻弄するヒロイン、デイジー・ブキャナンです。

上流階級のお嬢さまとして蝶よ花よと育てられたデイジーは地域でも評判の美少女で、十代の頃から自分に熱を上げる男たちに囲まれて生きてきた(そしてその中で一番の大富豪と結婚した)、生まれながらのアイドルです。彼女は何の目的もなくフワフワと生きてきた女子ですが、今までも「可愛さ売り」で「愛され」て「なんか得」してきたので、「とりあえず愛されるために可愛さ売っとく」のが習い性になっています。粉かけても意味のない男にも、これっぽっちもその気がない男にも、「私に恋をしているの?」とか「キスしたくなったらいつでも言って」とか言うわけです。私の感覚では「子持ちの大富豪夫人」というよりは「頭が心配な人」な感じがするのですが、同時にそのデイジーからこーんなセリフが飛び出しちゃうわけです。

「女の子はきれいなオバカさんが一番」

その昔、原作の小説『グレート・ギャツビー』にあるこのセリフを初めて知った時の悶々は、なんというかほんと、上手く表現できません。こういう風に言うと妙な説得力が漂っちゃうのが困りものですが、これの"言い換えバージョン"――「女が知恵をつけると碌なことがない」「女はきれいにして職場の花でいてくれりゃ十分」「黙って言うことを聞く女が一番。頭のいい女は可愛げがない」とか――を、様々な場所でよく聞いていたからです。

もちろん今の時代、こうした"言い換えバージョン"を女子に浴びせる人はそう多くはいませんが、完全な過去かといえばそうとも言えません。最近、ある超有名作詞家が自分とこのアイドルに歌わせ大炎上した歌詞には、デイジーのこのセリフに「愛されなきゃ意味がない」という文言をプラスした代物で「うわああああ」となりました。

むしろ「きれいなオバカさん」は「愛され」という言葉に変換され、より巧妙に女子たちを呪縛している気がします。かつては女子から総スカンだった「ブリッ子」の在り方は、女性誌のページにもインターネットにも「愛され仕草」とか「男の理想の愛され女子」とかに名前を変えて、頭上で舞飛ぶ小虫の様な鬱陶しさで大量発生しています

もちろん誰かに嫌われることの恐怖は、全女子最大の泣きどころ。でもふと考えたりしませんか? 嫌なことを断らず嫌いな人にも「愛され」ることで手に入る「なんか得」って、一体何でしょう。そしてそれ、あなたの望んだものですか?

【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
話題の映画で再注目! ナンシー・ケリガン襲撃事件の真相
映画界で旋風を巻き起こしたことで、再び当時の事件にも注目が…!
映画
シェア
圧倒的な権力にセックスを強いられる侍女たち
ゴールデングローブ賞で話題のドラマは、まるでハリウッドの寓話。
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
映画
シェア
「嫉妬」するのは女子だから?
人間だもの、嫉妬しちゃう時もある。その悶々が過ぎ去るまで、あの美女はこんなふうにしてるらしい。
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
55th Cannes film festival: Stairs of 'Searching for Debra Winger' and 'Marie-Jo et ses deux amours' In Cannes,
left : Sharon Stone, Rosanna Arquette and Patricia Arquette. Jewels in Diamonds. (Photo by Pool BENAINOUS/DUCLOS/Gamma-Rapho via Getty Images)
映画
シェア
「ワインスタイン」一色だった、今年こそ見たい女子映画
30人を超える女優たちが15年前に告白していた、ハリウッドのセクハラ事情。
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡