【悶々inカンヌ】映画祭レポ③ 女子の強さと迫力にイケメンたじたじのWIM

カンヌ映画祭レポ③は【女子の悶々】バージョンでお届け!カンヌで最もパワフルな女子たちが集まったトークイベント「Woman In Motion」についてお届けしますー。

人気の記事

64歳にして世界中から引っ張りだこの女優イザベル・ユペール

カンヌの陽光にはしゃぎまくり、せっかくヨーロッパ来たんだから生肉だろ!と開幕を前にタルタルステーキを平らげ、さっそくお腹を壊した私です。脳内では、東京にいた頃のクールな仕事人の私が入れてくる、「アホか…アホか…アホか…」という山彦のような突っ込みが響きますが、めげずに生ガキも頂いて3日目。私はカンヌのビーチで最もクラス感のあるマジェスティック・ホテルの7階、「ケリング・スイート」という部屋にいました。

ADの後に記事が続きます

本日のミッションはカンヌ映画祭での目的のひとつ、ファッションコングロマリット「Kering」が主催する「Woman in Motion」というトークイベントにお邪魔すること。今日は今年のメインアイコン、フランスの大女優イザベル・ユペールさんが登壇です。彼女は64歳にしてそのキャリアが先細るどころか、世界中に広がっていくばかり!(今年のカンヌ出品作にも出演作が2本!)その活躍の理由はなぜかといえば、彼女が全く恐れ知らずの女優だから。以前ご紹介した『ピアニスト』では、生まれて初めて男(20歳も年下のイケメン)に迫られ大迷走する"40歳処女"を演じていましたが、8月に日本公開される『エル』ではなんとレイプされるアラ還女性を演じ世界を震撼させています。

さてそんなわけで始まったインタビュー。司会者は「あなたが演じる女性に共通するのは自由であること。もっと言えばクレイジーな役ばっかりですよね」と、すごいことを聞きます。ユペール先生のお答えはこんな感じ。

ひとつかふたつを除けば、私の演じている役が自由だとは思いません。自由の戦いの生き残り、強く見せているけれど、弱点を克服できない女性です。彼女たちは力強く前を向き、侵しがたい何かを持ちながら、同時に本質的には弱い女性なんです。(中略)いくつかのキャラクターは変態じみて見えるかもしれません。でも彼女たちがある意味において愛されるのは、わかりやすく表現されてはいないものの、弱く壊れやすい女性だと認識され、理解されるからだと思います。思うに彼女たちは、自分の自由を脅かされ、自分の領域から脱出を試みる女性、「犠牲者」という状況から逃げようとしているんです。

男を議論に巻き込むには、私たちの金を見せてやるのよ

そもそも「Woman in Motion」って何さという話に触れておきましょう。カンヌ映画祭とともに開催されるこのイベント、「女子は映画界でもっと評価されてもいいはず!」という思いから3年前に始まったものです。一昨年「白すぎるオスカー」の流れで、ハリウッドでは女子も地位が低すぎ……という事実がクローズアップされましたが、それはフランスの映画界でも同じこと。製作本数における女性監督の割合は、2012年には25%だったのに、2015年には14%にまで減少しているんだとか。女性の社会進出!とか言われますが、進んでいるようで意外とそうでもないんですね……。

そんなわけで立ち上がった「Kering」が開催するのがこのイベント。映画界で活躍する女性たちを招き、その生き方や考え方などを聞き、意識改革や連帯につなげようというものなのですが、この裏にはある女傑の存在が。それが映画『フリーダ』でオスカー主演女優賞にノミネートされたこともある女優サルマ・ハエックです。実は彼女、「Kering」のCEO、フランソワ=アンリ・ピノーの奥さんなんですね~。ということでパネルに毎年登場する彼女、その言葉はめちゃめちゃパワフルなものでした。

悲しいことには、男より女が金を生み出せるのは、ファッションとポルノだけ。こうした種の映画製作においては、私たちはビッグスターなの。だって性的な存在として価値があるから。そこには、「私たちが何者か」に対する無知な見方しかない。彼らに本当のところを理解させるのはすごく難しいことよ。だって私たちは悪循環の中にあるから。女性は声を上げる十分な機会を与えられていないし、自分たちが何者で、何を求めていて、何を見たいのか、表現したことがないのよ。(中略)でも忘れてはいけないのは、今や巨大な経済力を持つ頭のいいX世代の女性が存在すること。これまでとは違う。私たちは大きな成功を手に入れ、自分のお金を持ってるし、強力な消費者なの。(中略)だから彼らを議論に巻き込むために、財力を見せてやるのよ。

「Kering」のディナー会場に現れたイザベル・ユペール(左)とサルマ・ハエック(右)

彼女はメキシコ出身で、さらにラティーノとアラブ系のハーフ、そりゃ美しくもなるわ!という民族的出自があるのですが、それゆえにハリウッドではより強い差別も感じてきたのかもしれません。いやでもその存在感はとにかく圧倒的で、一緒に参加したイケメン俳優マチアス・スーナルツは完全にたじたじ(笑)。でも美と財力と兼ね備えたこういう人が頑張ってくれたら、女子としてはこれほど心強いことはありません。

ちなみに今年の映画祭では、ロビン・ライト・ペン、クリステン・スチュアート、そして御年80歳の名女優、ヴァネッサ・レッドグレープも、監督として短編映画を発表しました。世代を超えて、女子たち、チャレンジし続けています。

そして、やっぱり最後はユペール先生。「女優として先細ってもおかしくない年齢に活躍し続けるための、心の持ちようを教えてください」という質問に、彼女は軽やかなしたたかさで、こう答えたのでした。

「その質問には、20年後に戻ってきたら、その時にお答えしましょう」

関連記事
関連記事
More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
「嫉妬」するのは女子だから?
人間だもの、嫉妬しちゃう時もある。その悶々が過ぎ去るまで、あの美女はこんなふうにしてるらしい。
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
55th Cannes film festival: Stairs of 'Searching for Debra Winger' and 'Marie-Jo et ses deux amours' In Cannes,
left : Sharon Stone, Rosanna Arquette and Patricia Arquette. Jewels in Diamonds. (Photo by Pool BENAINOUS/DUCLOS/Gamma-Rapho via Getty Images)
映画
シェア
「ワインスタイン」一色だった、今年こそ見たい女子映画
30人を超える女優たちが15年前に告白していた、ハリウッドのセクハラ事情。
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。
映画
シェア
亡きレイア姫への想い…『スター・ウォーズ』キャストが来日
いよいよ公開!本作が遺作となったレイア姫役のキャリー・フィッシャーへの想いも…
映画
シェア
「女性を分断しようとする連中に、私は利用されたくない」
美しく強い女性を演じ続けるジェシカ・チャスティン本人に迫る!
批判をよそに、大成功したびっくりキャスティング9選
映画
シェア
批判されたけど大成功!ヒット映画のキャスティング秘話9
キャスティングの是非は、映画が完成するまでわからない!