まるでランウェイ!『ズーランダー2』のプレミアが超豪華

人気モデルのジジ・ハディッドまで、映画プレミアで本気のモデル・ウォーク!

人気の記事

今アメリカで話題の映画『ズーランダー2』

前作はおよそ14年前に公開され、当時のキャッチコピーは「3パーセントの体脂肪率。1パーセントの知能」。ファッションモデル界が舞台のハチャメチャコメディ映画でありながら、多数のセレブがカメオ出演したことでも注目を浴び、何かと話題のドナルド・トランプほか、ナタリー・ポートマン、デヴィッド・ボウイ、ヴィクトリア・ベッカム、パリス・ヒルトン、カール・ラガーフェルドなどが登場。

ADの後に記事が続きます

その続編が先日、アメリカで公開された。

「神様はなぜ、ブサイクな人間を造ったの?」と真面目に考えるおバカな"超イケメンスーパーモデル(!?)"、ズーランダー(ベン・スティラー)が主人公。新作ではひょんなことがきっかけとなり、次々とセレブが殺害される事件を追うことになる。ズーランダーの相棒は前作同様、ライバルモデルのハンセル(オーウェン・ウィルソン)、彼らのブレインである美女ヴァレンティナ役にはペネロペ・クルスが抜擢された。

ズーランダー

また、今回もジャスティン・ビーバー、ケイティ・ペリー、アリアナ・グランデ、マイリー・サイラス、デミ・ロヴァート、ジョー・ジョナスなど超豪華セレブがカメオ出演。ファッション界からは『VOGUE』の編集長として知られるアナ・ウィンター、マーク・ジェイコブスやトミー・ヒルフィガーまでもが登場するという、本格的にファッション業界も巻き込んだ話題作に。

そんな豪華作品のプレミアが先日ニューヨークで開催。ファッション界が舞台の映画とあって、ランウェイが用意されており、ヴィクトリアズ・シークレットの超人気モデル、ジジ・ハディッドやステラ・マックスウェルなどがモデル・ウォークを披露。

ジジ・ハディッド
まるでランウェイ!『ズーランダー2』のプレミアが超豪華

他にもアレキサンダー・ワン、マーク・ジェイコブス、ヴァレンティノやトミー・ヒルフィガーを着用したモデルが次々と登場し、本物のファッションショーさながらの贅沢なプレミアに。

ズーランダー モデル
ADの後に記事が続きます

メイクアップ・アーティストのシャーロット・ティルベリーがバックステージの様子をInstagramにアップ。

ジェニファー・アニストンの夫ジャスティン・セロー(左)は、ドレッドヘアが特徴の"悪党DJ"の姿で登場。隣にいるのは本物のDJ、スクリレックス。

ズーランダー DJ2人

女優のクリステン・ウィグやジェニファー・アニストン、モデルのエリン・ヘザートンやマーサ・ハントもプレミアに出席。ランウェイには不参加だったよう。

クリステン・ウィグ
ジェニファー・アニストン&ジャスティン・セロー
エリン・ヘザートン
マーサ・ハント

そしてズーランダー役のベン・スティラーが衣装チェンジ。隙あらば、劇中でのキメ顔"ブルー・スティール"を披露していた様子。

ズーランダー、ブルー・スチール

こんな豪華なプレミアの様子、見たことない! これは本編がどんな仕上がりかが気になるところ。日本でもぜひ公開してほしい。

この翻訳は、抄訳です。

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
女子vs女子の構図は、なぜできてしまうのか?
知らず知らずのうちに、男社会に飼いならされている……のかも。
第74回ヴェネチア国際映画祭の司会を務めた旬の俳優に迫る!
映画
シェア
あのイケメンは誰?ヴェネチア映画祭をザワつかせた司会に直撃!
今、イタリアで旬なイケメン俳優! アレッサンドロ・ボルギにクローズアップ
第30回東京国際映画祭 オープニング、クロージング、特別招待作のラインナップが決定!
映画
シェア
オープニングを飾るのは、あの実写化作品!注目の東京国際映画祭
オープニング&クロージングに、特別招待作品など、続々発表!
映画
シェア
【後編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
ラストは2011~2017年の映画をお届け♡11月公開作品のイケメン陣もいち早くチェックして!
来年こそ行きたい! ヴェネチア国際映画祭総まとめ
映画
シェア
実は一般参加OK!次回こそ行きたい、ヴェネチア国際映画祭
来年、この映画祭のタイミングで「ヴェネチアに行くと楽しい理由」を現地レポート!
映画
シェア
「デキる女」に、すべて押し付けがちな私たち。
あの人はデキるから、あの人は頭がいいから――と、押し付けられ続けたら、そりゃ逃げたくもなるよね。
映画
シェア
【前編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
これだけイケメンが並ぶと圧巻…!まずは2001~2010年の作品をお届け♡
映画
シェア
「共感できない」相手は、別に敵ってわけじゃない
普通じゃない女子品評会のような『エル ELLE』に試される、あなたの共感の限界と、その先の理解。
映画
シェア
賛否両論!?サイコミステリー映画『マザー!』の日本公開が決定
ジェニファー・ローレンス主演!ヴェネチア国際映画祭では喝采とブーイングが入り混じったそう…。
価値観の違う人と共存するには?【女性監督が描く♯3】
映画
シェア
日本人監督が捉えた国際問題【女性監督が描く♯3】
NY在住、佐々木芽生監督が語る「世界から見た日本」