映画『ワンダーウーマン』、見る前に知っておきたい4のこと

日本では8月公開予定の映画『ワンダーウーマン』。主演を務めるガル・ガドットは元兵士!?

人気の記事

アメリカですでに公開され、大絶賛されている映画『ワンダーウーマン』(日本では825日公開予定)。また、今後公開予定の国でもすでに大注目を浴びている模様。映画を観る前に知っておきたい4つのプチトリビアをご紹介。

1. 主演女優のガールパワー!

『ワンダーウーマン』という名前からも、女性のパワーが炸裂する映画なのは想像ができるはず。しかし、その内容にも負けないくらいガールパワーにあふれているのが主演を務めたガル・ガドット。彼女はイスラエルの元兵士なのです! さらに2004年のミス・イスラエルという経歴の持ち主。

ADの後に記事が続きます

2. 待ちに待った女性スーパーヒーロー映画。

これまで『ワンダーウーマン』のような大作映画で女性ヒーローが主人公の作品はなかった。また、女性監督に15000ドル(約170億円)以上の予算がつくことも異例なんだとか!

ガルはインタビューで女性ヒーロー映画の意味を話した

「子どもの頃は女性ヒーローがいなかったため、男の子も女の子もスーパーマンやバットマンに憧れていたわ。だから、憧れの対象に女性のヒーローが現れたことはすごく意味のあることだと思う。ワンダーウーマンが誕生してから75年以上経ったけど、ようやく彼女が主演の映画ができてよかった」

3. ガルがプレスでぺたんこ靴を履いた。

やはり、映画のプレミアなどのドレスアップするイベントでは女性がヒールを履くことが当たり前になっている世の中。だけど、ガルは度々ぺたんこ靴で登場し、女性から支持を得ている。

先週のレッドカーペットでは豪華な<ジバンシィ>のメタリックのドレスに、モールなどで見かける<Aldo>というブランドの約50ドル(約6000円)のぺたんこ靴を合わせた。

ガル・ガドット ぺたんこ靴

レッドカーペットでインタビュアーにヒールを履かない理由を問われた時の対応もかっこいい!

「ぺたんこ靴を履いているんですね、いいですね! どうしてヒールじゃないのか教えてもらえますか?」

「ありがとう。楽だからよ」

4. 「元兵士」が理由で上映禁止する国も。

なんとレバノンが上映禁止を決定。それも上映が開始される数時間前に急遽禁止が決定したそう。理由はレバノンとイスラエルが長年敵対関係にあり、ガルがイスラエルの元兵士だから。とある団体が「イスラエル兵士の映画」だと呼び、公開中止を求めた結果だった。


これまでの大作映画では男性のスーパーヒーローしか見られなかったけど、ようやく誕生した女性ヒーロー! カンヌ国際映画祭でもジェシカ・チャステインが映画での女性の描かれ方に不満を漏らしたばかり。今後は『ワンダーウーマン』をきっかけにもっと強い女性が描かれることに期待!

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
ファッションにも注目!暑さを吹き飛ばすホラー映画7選
スタイルの参考にもなる、オシャレな名作ホラー映画をご紹介!
お休みのときにじっくり見たい「歴史大作映画」7
映画
シェア
見るだけで世界史の勉強!偉人を描いた「歴史映画」7作品
教科書よりも分かりやすい!
勉強を兼ねてぜひみたい「世界名作文学の映画化作品」
映画
シェア
勉強を兼ねてぜひみたい「世界名作文学の映画化作品」
読むのは大変、でも映画でなら…!
ハリウッドのセックスシーンの10の真実/バスローブを着る女性を眺める男性
映画
シェア
関係者に直撃!ハリウッド「セックスシーン」10の真実
どんなにロマンティックに見えても…
映画
シェア
LGBTQは「触らぬ神に祟りなし」な存在?
出会い頭に「近くに座らないでくれる?」と言われたこともある――けど、くじけません私。
映画
シェア
トランプ率いるホワイトハウス、映画化するならキャストは!?
忠実にキャスティングされたハリウッド版トランプ政権に注目!
映画
シェア
COVER GIRLラブリに聞いた、エンタメとは?
「絵を描くことも、言葉を書くことも全部、自分にとって楽しいことはすべてエンタメなんです。」
COSMO的「8月に観るべき映画」5選
映画
シェア
ついに公開!『ワンダーウーマン』など、8月オススメ映画5選
美しすぎるヒロインに夢中!話題の『ワンダーウーマン』など、夏に観るべきはこれ!
映画
シェア
「いい年して化粧もせんで…」な空気の面倒くささ
化粧をどうしてもしたくない!という日は、スッピンで出かければいい、んだけども。
『ワンダーウーマン』は世の女性監督の歴史をも変える!?
映画
シェア
『ワンダーウーマン』に女性監督が抜擢された「意味」
全米で大ヒット中映画の監督が、女性であることが、ハリウッドでの「女性」の位置づけが変える…??