『オーシャンズ11』女性版、主演はあのオスカー女優!

夢のような競演が実現するかも…?

ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンらが出演し、メガヒットとなった映画『オーシャンズ』シリーズ。現在、2001年に全米公開されたシリーズ1作目『オーシャンズ11』の女性版を製作する企画が進行しており、まずはオスカー女優のサンドラ・ブロックの出演が決定したらしい。

ADの後に記事が続きます

女性版『オーシャンズ11』のメガホンを取るのは、女性というものを熟知し、その素晴らしさを表現する手腕に定評のあるゲイリー・ロス。あの『ハンガー・ゲーム』の監督である。

この女性版の構想は2014年から始まったものの、(ジョージ・クルーニーを含む)製作陣によって秘密裏に行なわれていたとか。クランクインの時期も未定とのこと。

とはいえ、オリジナル版『オーシャンズ11』の出演俳優は超豪華なラインアップだっただけに、女性版でも同じくらいビッグな顔ぶれがそろうはず!

サンドラと監督の人脈から想定すると、ジェニファー・ローレンスが最有力候補。それからジェニファーの友人でコメディアンのエイミー・シューマーに、同じくコメディアンのメリッサ・マッカーシー、そしてサンドラの親友のジェニファー・アニストン! もしこれだけの顔ぶれがそろえば、映画の大ヒットは間違いないかも!

ちなみにもうひとつ、80年代の代表作『ゴーストバスターズ』の女性版リメイクも進行中。こちらは、日本でも話題を集めた映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のクリステン・ウィグやメリッサ・マッカーシーの出演が決定しているとか。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN AU

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
勉強を兼ねてぜひみたい「世界名作文学の映画化作品」
映画
シェア
勉強を兼ねてぜひみたい「世界名作文学の映画化作品」
読むのは大変、でも映画でなら…!
ハリウッドのセックスシーンの10の真実/バスローブを着る女性を眺める男性
映画
シェア
関係者に直撃!ハリウッド「セックスシーン」10の真実
どんなにロマンティックに見えても…
映画
シェア
LGBTQは「触らぬ神に祟りなし」な存在?
出会い頭に「近くに座らないでくれる?」と言われたこともある――けど、くじけません私。
映画
シェア
トランプ率いるホワイトハウス、映画化するならキャストは!?
忠実にキャスティングされたハリウッド版トランプ政権に注目!
映画
シェア
COVER GIRLラブリに聞いた、エンタメとは?
「絵を描くことも、言葉を書くことも全部、自分にとって楽しいことはすべてエンタメなんです。」
COSMO的「8月に観るべき映画」5選
映画
シェア
ついに公開!『ワンダーウーマン』など、8月オススメ映画5選
美しすぎるヒロインに夢中!話題の『ワンダーウーマン』など、夏に観るべきはこれ!
映画
シェア
「いい年して化粧もせんで…」な空気の面倒くささ
化粧をどうしてもしたくない!という日は、スッピンで出かければいい、んだけども。
『ワンダーウーマン』は世の女性監督の歴史をも変える!?
映画
シェア
『ワンダーウーマン』に女性監督が抜擢された「意味」
全米で大ヒット中映画の監督が、女性であることが、ハリウッドでの「女性」の位置づけが変える…??
映画
シェア
女子にとって「自己主張」は「善」なのか?「悪」なのか?
「自己主張がない」と怒られるかと思えば、「自己主張するな」と非難される。混乱するのは当たり前。ということで前回の回答編。
映画
シェア
オープンは2019年!『スター・ウォーズ』ホテルが建設中
従業員もコスチューム着用! 宿泊者にはミッションが与えられる!?