第89回アカデミー賞、ノミネート作品をチェック!

大本命『ラ・ラ・ランド』は、歴代最多の13部門14ノミネート。

人気の記事

1月24日(現地時間)、ついに発表となった第89回アカデミー賞ノミネート作品。まずは主要部門のノミネート一覧をチェックしていきましょう。

作品賞

『メッセージ』

『FENCES(原題)』

『Hacksaw Ridge(原題)』

『最後の追跡』

『Hidden Figures(原題)』

『ラ・ラ・ランド』

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

ADの後に記事が続きます

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

『ムーンライト』

監督賞

ドゥニ・ビルヌーヴ/『メッセージ』

メル・ギブソン/『Hacksaw Ridge(原題)』

デイミアン・チャゼル/『ラ・ラ・ランド』

ケネス・ロナーガン/『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

バリー・ジェンキンス/『ムーンライト』

主演男優賞

ケイシー・アフレック/『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

アンドリュー・ガーフィールド/『Hacksaw Ridge(原題)』

ライアン・ゴズリング/『ラ・ラ・ランド』

ヴィゴ・モーテンセン/『はじまりへの旅』

デンゼル・ワシントン/『FENCES(原題)』

主演女優賞

イザベル・ユペール/『Elle(原題)』

ルース・ネッガ/『ラビング 愛という名前のふたり』

ナタリー・ポートマン/『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

エマ・ストーン/『ラ・ラ・ランド』

メリル・ストリープ/『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

助演男優賞

マハーシャラ・アリ/『ムーンライト』

ジェフ・ブリッジス/『最後の追跡』

ルーカス・ヘッジズ/『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

デヴ・パテル/『LION /ライオン ~25年目のただいま~』

マイケル・シャノン/『NOCTURNAL ANIMALS(原題)』

助演女優賞

ヴィオラ・デイビス/『FENCES(原題)』

ナオミ・ハリス/『ムーンライト』

ニコール・キッドマン/『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

オクタヴィア・スペンサー/『Hidden Figures(原題)』

ミシェル・ウィリアムズ/『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

===============

特筆すべきは、作品賞、主演男優賞、主演女優賞をはじめ、脚本賞、撮影賞、作曲賞など歴代最多の13部門14ノミネートを果たしたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』

ロサンゼルスを舞台に、成功を夢見る女優の卵とジャズピアニストの恋模様を描いた本作は、先日行われたゴールデングローブ賞の作品賞をはじめ、すでに数々の映画賞を受賞済み。今回で3度目の共演となるライアン・ゴズリングエマ・ストーンが素晴らしいケミストリーを披露しているのも見どころの1つ。やはり今年の大本命はこの作品と言えるかも?

また、俳優陣の受賞の行方も注目したいところ。主演男優賞には、ゴールデングローブ賞でそれぞれドラマ部門&コメディ/ミュージカル部門の男優賞を受賞したケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、ベン・アフレックの弟!)と、ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』)がノミネート。アカデミー賞では1部門でのバトルとなるだけに、結果発表までドキドキ。

主演女優賞にも同じく、ゴールデングローブ賞でそれぞれ受賞したエマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)とイザベル・ユペール(『Elle(原題)』)の名前が。ここは勢いのある『ラ・ラ・ランド』のエマが賞に輝きそうな予感がするけど、当日まで何が起こるか分からないのがアカデミー賞。もしかしたら、今年で20回目のノミネート(!)となるメリル・ストリープが、サクっとオスカー像持ってちゃったりして…(笑)。

また、日本が注目すべきは、スタジオジブリが製作に参加し、長編アニメーション賞にノミネートされた『レッドタートル ある島の物語』。期待されていた新海誠監督の『君の名は。』が残念ながらノミネートを逃しただけに、ここはジブリに頑張ってほしい!

今年はいったいどんなドラマが生まれるのか、今から楽しみ♡ 授賞式は現地時間2月26日、ハリウッドのドルビー・シアターにて開催。

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
女子vs女子の構図は、なぜできてしまうのか?
知らず知らずのうちに、男社会に飼いならされている……のかも。
第74回ヴェネチア国際映画祭の司会を務めた旬の俳優に迫る!
映画
シェア
あのイケメンは誰?ヴェネチア映画祭をザワつかせた司会に直撃!
今、イタリアで旬なイケメン俳優! アレッサンドロ・ボルギにクローズアップ
第30回東京国際映画祭 オープニング、クロージング、特別招待作のラインナップが決定!
映画
シェア
オープニングを飾るのは、あの実写化作品!注目の東京国際映画祭
オープニング&クロージングに、特別招待作品など、続々発表!
映画
シェア
【後編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
ラストは2011~2017年の映画をお届け♡11月公開作品のイケメン陣もいち早くチェックして!
来年こそ行きたい! ヴェネチア国際映画祭総まとめ
映画
シェア
実は一般参加OK!次回こそ行きたい、ヴェネチア国際映画祭
来年、この映画祭のタイミングで「ヴェネチアに行くと楽しい理由」を現地レポート!
映画
シェア
「デキる女」に、すべて押し付けがちな私たち。
あの人はデキるから、あの人は頭がいいから――と、押し付けられ続けたら、そりゃ逃げたくもなるよね。
映画
シェア
【前編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
これだけイケメンが並ぶと圧巻…!まずは2001~2010年の作品をお届け♡
映画
シェア
「共感できない」相手は、別に敵ってわけじゃない
普通じゃない女子品評会のような『エル ELLE』に試される、あなたの共感の限界と、その先の理解。
映画
シェア
賛否両論!?サイコミステリー映画『マザー!』の日本公開が決定
ジェニファー・ローレンス主演!ヴェネチア国際映画祭では喝采とブーイングが入り混じったそう…。
価値観の違う人と共存するには?【女性監督が描く♯3】
映画
シェア
日本人監督が捉えた国際問題【女性監督が描く♯3】
NY在住、佐々木芽生監督が語る「世界から見た日本」