美しい!エマ・ワトソン主演の『美女と野獣』予告編

女優:エマ・ワトソンが帰ってきた!

人気の記事

「自己成長」を目的とし、フェミニストとしての活動にいそしむため1年間の休業を報じられていたエマ・ワトソン。正式な復帰時期はまだ公表されていないけれど、エマの帰りを待ちわびていたファンに嬉しいニュースが。

コスモポリタン イギリス版によると、このたびエマが主演をつとめる2017年3月17日全米公開の映画『美女と野獣』の予告編が解禁になった模様!

ADの後に記事が続きます

エマ扮する美女、ベルの相手役であるビースト(野獣)を演じるのは、今作への大抜擢により注目度が上昇中のイギリス出身俳優ダン・スティーヴンス。そして映画『ドリームガールズ』などを手掛け、アカデミー賞受賞歴も持つビル・コンドンが監督をつとめているそう。

ダン・スティーヴンス
ビースト役のダン・スティーヴンスは品のあるイケメン!

さらに、魔女の呪いによって家財道具へと変えられてしまった使用人たちの声をユアン・マクレガー、エマ・トンプソン、イアン・マッケランがつとめるなど、実に豪華! 

ストーリーはアニメ版を忠実に再現しているものの、実写版ではベルのキャラクター設定にさらに力を入れたのだとか。アニメ版では父親のモーリス(ケビン・クライン)が発明家という設定になっているけれど、今回の実写版ではベル自身が発明を行うそう。

エマが語ったところによると、「ベルは読書家だけど、それだけでは彼女が周りになじめないキャラクターである理由として弱いと思ったの。それに、普段何して過ごしてるの?っていう疑問もあった。だから今作で私たちは、彼女のバックグラウンドを肉付けしたの。たとえば彼女が洗濯機を発明すれば、洗濯機を回す間に読書をする…といった設定に説得力が出るでしょ? それで彼女を発明家にすることにしたのよ」とのこと。

ヒロインを「本を読んで過ごすだけの女性」で終わらせないあたりに、エマの活動家としての思いが込められているよう。

アニメ版の世界観はそのままに、現代女性の強さと行動力が加わった新たなるベルを、エマがどのように演じているのかすごく楽しみ! 日本での公開は2017年4月21日。 

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:伊藤 由佳里

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
幽霊との交信、その心もとなさ。
それがネット時代のコミュニケーション。怖いような、寂しいような。
映画
シェア
まさかの!涙をこぼす感動作【よしひろまさみちの私的エンタメ】
おネエ系映画ライター・よしひろまさみちが「いま気になるエンタメ」をお届け!
映画
シェア
自分のブランド化って…何だそれ。
ブランドになりさえすれば認められちゃう世の中って。
映画
シェア
ライアン・ゴズリングが怪演!伝説的SF映画の最新予告解禁へ
話題の映画『ブレードランナー』続編、衝撃的なトレイラーはもうチェックした?
映画
シェア
今観ておくべき、異人種の「愛」を描いた名作映画8選 
愛だけじゃ乗り越えられないけど、愛が一番大事かも。
COSMO的「5月に観るべき映画」5選
映画
シェア
注目の5作品!5月に観るべき「オススメ映画」
クリステン×ブレイク・ライブリーの『カフェ・ソサエティ』など、絶対観たい5作品!
映画
シェア
パーティーが苦手。パリピが苦手。
……という人に、明日から使える(かもしれない)発想の転換。
映画
シェア
だまされたと思って一度『ワイスピ』をご覧あれ!
おネエ系映画ライター・よしひろまさみちが「いま気になるエンタメ」をお届け!
アメリカ各地に『ラ・ラ・ランド』劇中バーが出現!
映画
シェア
映画『ラ・ラ・ランド』のジャズバーが現実に登場!?
アメリカ各地のジャズバーが続々と「Seb's」に変身!?『ラ・ラ・ランド』の世界に浸れる1日♡
映画
シェア
ゴールデンウィーク恒例!「イタリア映画祭」が今年も開催
濃密な恋愛映画から軽快なクライムアクションまで、イタリア映画の魅力をたっぷり堪能して♡