実はツラい…?おもしろキャラの知られざるジレンマ

みんなが笑顔になってくれるのは嬉しいけれど…

その場を盛り上げるキャラクターとして重宝されるグループ内の「お笑い担当」。だけど当の本人にとっては、ツラいこともあるようで…。

そんな"おもしろキャラ"が抱えるジレンマを、コスモポリタン イギリス版からお届け。

1.「お笑い担当」にされたのは自業自得だけど、そのキャラから一生逃れられない…

誰かが私を笑わせてくれる日は、来るのだろうか?

ADの後に記事が続きます

2.自分が狙っている男の子からは「超おもしろい」と思ってもらえても、恋愛の対象としては見てもらえない(涙)

3.つい、自分の恥ずかしい話をしてしまう

私のプライドよ、一体どこへ?

4.同じ「おもしろキャラ」とのやりとりは最悪のパターンに

おもしろい会話の応酬で、周りの人たちはオチを期待している。もちろん楽しいけれど、同時にすっごく疲れる。

5.大抵の場合、誰とでもすぐに仲良くなれる!

これは就職の面接では効果的だけど、バスの停留所でおかしな奴とかかわり合いになってしまうなんてマイナス面もあるわけで…。

6.自分に厳しい

ジョークが滑ったときには、自虐的になりがち。そして落ち込む。

7.男性の多くは基本的に、おもしろい女性が嫌いだったりする…

だから時に、「ちょっと黙ってて」とトークを潰される。

8.真面目に振る舞おうとしても、周りからはそれが"冗談"だと思われてしまう

9.過激すぎるジョークを口にしてしまい、その場の雰囲気を瞬時に凍らせることも珍しくない

やっちまった…。

10.上司からは「お喋りばかりしている奴だ」と思われている。実際は「場の士気を高めている」存在だったりするのに

人を笑わせても、感謝されないこともあるみたい。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
第74回ヴェネチア映画祭、話題作を現地からお届け
エンタメニュース
シェア
「ヴェネチア国際映画祭」現地レポ !話題作を総まとめ
受賞作品、そして賛否が飛び交ったあの話題作まで一挙ご紹介!
エンタメニュース
シェア
ビヨンセが感動スピーチ!ハリケーン被災者支援を呼びかけ
被災地ヒューストン出身のビヨンセは、現地に駆けつけ、率先して支援活動を行ったそう!
今さら聞けない! "モード界の皇帝"カール・ラガーフェルドってどんなひと?
エンタメニュース
シェア
なぜポニーテール?カール・ラガーフェルドについて気になること15
84歳を迎えた、"モード界の皇帝"カール。実は苦労していた過去もあるみたい…!
エンタメニュース
シェア
編集部が実践!平日夜を充実させるエンタメライフ♡
退屈な夜も、アイデアと行動次第で楽しめる♡
ダイアナ元妃がプリンセスになる前の貴重なフォトアルバム18選
エンタメニュース
シェア
幼い頃から気品たっぷり!ダイアナ妃の子ども時代をたどる写真18
プールに飛び込んだり、動物と戯れたり、1歳から13歳までのキュートな少女時代をお届け!
【速報】入学おめでとう! 初登校するジョージ王子の姿をキャッチ
エンタメニュース
シェア
初めての小学校にドキドキ!?ジョージ王子の初登校をキャッチ
制服姿が父ウィリアム王子のときに負けない愛らしさ♡
テイラー・スウィフト、最新アルバム『Reputation』の歌詞の一部を商標登録へ
エンタメニュース
シェア
テイラー・スウィフト、新アルバムの歌詞を商標登録!?
最新アルバム『Reputation』の歌詞の一部を登録するって噂はホント?過去には他にも...
エンタメニュース
シェア
この夏1番再生されたのは?「スポティファイ」人気曲ベスト20
トップに輝いたのは、ラテン系アーティストとカナダの人気歌手がコラボしたあの曲…!
エンタメニュース
シェア
【9月のテーマ】COSMO流!ナイトライフ
楽しい「夜遊び」、していますか?
カット寸前だった!?名曲「ムーン・リバー」誕生秘話
エンタメニュース
シェア
『ティファニーで朝食を』の主題歌は「カット寸前だった」!?
さらに、「オードリー以外の人に歌わせる」という案もあったそう…