ケイティ・ペリーの寄付活動に隠された「過去」とは?

Instagramへの投稿に書かれた、サポートを受けていた過去。

人気の記事

激しい攻防を繰り広げた 2016年アメリカ合衆国大統領選挙で、ヒラリー・クリントンを指示していた、人気歌手 ケイティ・ペリー。

しかし結果はドナルド・トランプの勝利。これがきっかけとなりケイティは自身が支持する団体『Planned Parenthood』をサポートする決意を固めたそう。コスモポリタン アメリカ版によれば、この団体の支持をするきっかけは彼女自身の幼いころの暮らしにあるよう…。

ADの後に記事が続きます

ケイティがInstagramに投稿した内容によると、実は自身が貧しい家の生まれで10代の頃にまともな生活ができいなかったのだそう。そう、この団体のサポートを受けていた1人だったのだ。この団体が多くの若者を助けている事実とともにこの内容を投稿した。

It's time to turn words into action❗️There are so many steps to take, but my first vow is to support organizations that may have their funding support taken from them in the future by the government. I am making a public donation to Planned Parenthood for the teenage me who made several visits to first a clinic in Santa Barbara and then Los Angeles, CA to educate myself on my sexual health, a subject I had little to no information on because of my sheltered upbringing. I had no idea how things worked down there, and had no idea how to make a plan for them. Planned Parenthood educated me on my body and my reproductive health, so that I could focus on my dreams and using my voice until I knew the timing was right for me to make a plan to have a family. Since then, I have been able to focus wholeheartedly on bringing messages of strength and becoming a voice for others. Without this education, I may have had a different life path. That is just my experience, but I know Planned Parenthood's broader range of services can sometimes be the only medical support low-income families ever see. I know what it's like to need help. I came from a lower- to middle-class family and never grew up with the option of health insurance. I remember having 13 cavities as a teenager, and the best option my parents could come up with was to try and take me to Mexico because we couldn't afford anything in California. I am grateful for and stand in support of Planned Parenthood for giving Katheryn Hudson the knowledge to plan, and for continuing to be a haven for women to learn all options for their future. Now, more than ever, we all need to protect and create safe places for each other. I hope I can help inspire you to make a gift as well, and become a member and an ally. Go to: https://www.plannedparenthood.org to show your support. #wewontgoback

A post shared by KATY PERRY (@katyperry) on

『Planned Parenthood』から、リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)について教育してもらい、正しい道に導いてもらったおかげで、今の私があります。夢を叶え、発言力を持つようになり、家族を作りたいと思えるようになりました。周りの人たちのためにメッセージを発信し続け、勇気付けていきたい。この教育がなければ今頃、私は違う人生を歩んでいたはず。

メッセージを投稿しただけに留まらず、さらに1万ドル(約100万円)を本団体へ寄付。

自身と同じような環境で育つ人たちを守り、安全な場所を作ること、そして受け入れる心を持てるよう、ファンやフォロワーたちにもサポートを求めた。彼女のたくましさや強さの源となるのは、こういった人を守りたいという強い思いなのだろう。

More from Cosmopolitan Japan:
第74回ヴェネチア映画祭、話題作を現地からお届け
エンタメニュース
シェア
「ヴェネチア国際映画祭」現地レポ !話題作を総まとめ
受賞作品、そして賛否が飛び交ったあの話題作まで一挙ご紹介!
エンタメニュース
シェア
ビヨンセが感動スピーチ!ハリケーン被災者支援を呼びかけ
被災地ヒューストン出身のビヨンセは、現地に駆けつけ、率先して支援活動を行ったそう!
今さら聞けない! "モード界の皇帝"カール・ラガーフェルドってどんなひと?
エンタメニュース
シェア
なぜポニーテール?カール・ラガーフェルドについて気になること15
84歳を迎えた、"モード界の皇帝"カール。実は苦労していた過去もあるみたい…!
エンタメニュース
シェア
編集部が実践!平日夜を充実させるエンタメライフ♡
退屈な夜も、アイデアと行動次第で楽しめる♡
ダイアナ元妃がプリンセスになる前の貴重なフォトアルバム18選
エンタメニュース
シェア
幼い頃から気品たっぷり!ダイアナ妃の子ども時代をたどる写真18
プールに飛び込んだり、動物と戯れたり、1歳から13歳までのキュートな少女時代をお届け!
【速報】入学おめでとう! 初登校するジョージ王子の姿をキャッチ
エンタメニュース
シェア
初めての小学校にドキドキ!?ジョージ王子の初登校をキャッチ
制服姿が父ウィリアム王子のときに負けない愛らしさ♡
テイラー・スウィフト、最新アルバム『Reputation』の歌詞の一部を商標登録へ
エンタメニュース
シェア
テイラー・スウィフト、新アルバムの歌詞を商標登録!?
最新アルバム『Reputation』の歌詞の一部を登録するって噂はホント?過去には他にも...
エンタメニュース
シェア
この夏1番再生されたのは?「スポティファイ」人気曲ベスト20
トップに輝いたのは、ラテン系アーティストとカナダの人気歌手がコラボしたあの曲…!
エンタメニュース
シェア
【9月のテーマ】COSMO流!ナイトライフ
楽しい「夜遊び」、していますか?
カット寸前だった!?名曲「ムーン・リバー」誕生秘話
エンタメニュース
シェア
『ティファニーで朝食を』の主題歌は「カット寸前だった」!?
さらに、「オードリー以外の人に歌わせる」という案もあったそう…