ウィリアム王子が子供たちと飛行機に乗ってはいけない理由って?

家族一緒に飛行機から降りてくる姿が微笑ましいんだけど…

人気の記事

イギリス王室のウィリアム王子と妻のキャサリン妃が、2人の子供たちと一緒の飛行機で海外の公務に出かける姿は、ときに普段の自然な様子が垣間見れて、ほっこりしてしまうもの。例えば、4歳のジョージ王子が長い飛行機旅を終えてご機嫌斜めだったり、2歳のシャーロット王女がみんなの前で初めてお辞儀をしたり…ロイヤルファミリーと言えども、飛行機の中では普通の家族と同じような会話をしながら旅をしてきたのかな…と思うと、なんとも微笑ましい♡

ADの後に記事が続きます

ポーランドからのフライトにて、キャサリン妃がシャーロットにお辞儀をしてお礼を言うよう教えている場面。

ただ、実はこのような場面は、本来見ることができないはずだったのだとか。

コスモポリタンイギリス版>によると、『女王の後継者は同じ飛行機に乗っていけない』という王族の議定があるのだとか。これは万が一のことがあった際に、血統を守るためにできたルールで、ウィリアム王子が子供たちと同じ飛行機に乗ることも、ジョージ王子とシャーロット王女が一緒に乗ることもこれに反しているのだそう。

ウィリアム王子は、父親のチャールズ王子に次いで王位継承順位が第2位。次いでジョージ王子が第3位、シャーロット王女が第4位。そのため、家族が一緒に移動をすると継承者が3名同じ飛行機に乗ることになります。

2013年にジョージ王子が生まれた後、ウィリアム王子は、2014年のオーストラリアとニュージャージーへの旅行に息子も同行させたいと女王に懇願し、特別に許しを得ていたそう。BBCによれば、このルールは公式ではないものの、伝統的に行われてきていて、女王が決定権を持っているのだとか。

昔に比べると航空機関が安全になってきており、近年はルールが緩まってきている様子。とはいえ、女王から許しをもらったのは2014年のオーストラリアとニュージーランドの公務のみ。2015年にシャーロット王女が生まれてから、ウィリアム王子はルールを破り、妻と子供達と一緒にカナダ、ポーランド、ドイツなど、数々の海外公務に出かけているよう。

穏やかそうなルックスとは裏腹に、ルールを時代に合わせて改め、家族とともに公務を続けるウィリアム王子は、母親のダイアナ妃のように、革命児なのかもしれませんね。

More from Cosmopolitan Japan:
エンタメニュース
シェア
演技後に投げ込まれた「くまのプーさん」の行方は…?
金メダルを獲得した、羽生結弦選手に降り注いだ「プーさんの雨」に、海外メディアも注目!
ついに、2018年平昌オリンピックが開幕! 17日間にわたる大会で、多くの日本人選手に活躍してほしい! という気持ちを込めて、注目の日本代表選手14人の懐かしのTHEN&NOWを一挙公開。ジャンプスキーの"レジェンド"葛西紀明選手から、フィギュアスケート期待の羽生結弦選手&宇野昌磨選手など、実力もルックスも飛躍的にアップデートされた選手たちをご覧あれ。がんばれ、ニッポン!
エンタメニュース
シェア
活躍に期待!平昌オリンピック代表選手の成長アルバム
オーラ倍増!?注目の日本代表選手の成長っぷりをご紹介♡
絵文字
エンタメニュース
シェア
待ちきれない!多様性を表現する157種の「新絵文字」
これまで以上にバラエティ豊富になる絵文字の一部をご紹介!
エンタメニュース
シェア
セレーナ・ゴメス、『ドリトル先生』の新作映画に出演!
うつ病の治療を終えたばかりのセレーナ。トム・ホランドほか豪華キャストと共に参加!
エンタメニュース
シェア
もうすぐ平昌五輪!日本人選手をイッキにチェック
期待のニューフェイスからベテラン勢まで、競技別に出場選手をご紹介♡
エンタメニュース
シェア
メーガン去る『スーツ』にキャサリン・ハイグルが仲間入り
主演のパトリックも降板が決定した『SUITS/スーツ』、新しい顔ぶれでの展開が楽しみ!
エンタメニュース
シェア
メロディ―洋子の最高のバレンタインの思い出♡
当時遠距離恋愛だった彼が、サプライズを仕掛け…!?
エンタメニュース
シェア
お気に入りのお店も♡ラブリの大人なバレンタインプラン
読者におすすめしたい、行きつけスイーツショップも教えてもらいました!
エンタメニュース
シェア
シャッツ杏那に聞いた、バレンタインの失敗談って!?
マシュマロをバレンタインのお返しであげると、こんな意味に…?
エンタメニュース
シェア
300万円超え!?グラミーで配られるギフトバッグって?
トレンドアイテムが丸わかり!中には日本から採用されたジュエリーブランドも。