ウィリアム王子が子供たちと飛行機に乗ってはいけない理由って?

家族一緒に飛行機から降りてくる姿が微笑ましいんだけど…

人気の記事

イギリス王室のウィリアム王子と妻のキャサリン妃が、2人の子供たちと一緒の飛行機で海外の公務に出かける姿は、ときに普段の自然な様子が垣間見れて、ほっこりしてしまうもの。例えば、4歳のジョージ王子が長い飛行機旅を終えてご機嫌斜めだったり、2歳のシャーロット王女がみんなの前で初めてお辞儀をしたり…ロイヤルファミリーと言えども、飛行機の中では普通の家族と同じような会話をしながら旅をしてきたのかな…と思うと、なんとも微笑ましい♡

ADの後に記事が続きます

ポーランドからのフライトにて、キャサリン妃がシャーロットにお辞儀をしてお礼を言うよう教えている場面。

ただ、実はこのような場面は、本来見ることができないはずだったのだとか。

コスモポリタンイギリス版>によると、『女王の後継者は同じ飛行機に乗っていけない』という王族の議定があるのだとか。これは万が一のことがあった際に、血統を守るためにできたルールで、ウィリアム王子が子供たちと同じ飛行機に乗ることも、ジョージ王子とシャーロット王女が一緒に乗ることもこれに反しているのだそう。

ウィリアム王子は、父親のチャールズ王子に次いで王位継承順位が第2位。次いでジョージ王子が第3位、シャーロット王女が第4位。そのため、家族が一緒に移動をすると継承者が3名同じ飛行機に乗ることになります。

2013年にジョージ王子が生まれた後、ウィリアム王子は、2014年のオーストラリアとニュージャージーへの旅行に息子も同行させたいと女王に懇願し、特別に許しを得ていたそう。BBCによれば、このルールは公式ではないものの、伝統的に行われてきていて、女王が決定権を持っているのだとか。

昔に比べると航空機関が安全になってきており、近年はルールが緩まってきている様子。とはいえ、女王から許しをもらったのは2014年のオーストラリアとニュージーランドの公務のみ。2015年にシャーロット王女が生まれてから、ウィリアム王子はルールを破り、妻と子供達と一緒にカナダ、ポーランド、ドイツなど、数々の海外公務に出かけているよう。

穏やかそうなルックスとは裏腹に、ルールを時代に合わせて改め、家族とともに公務を続けるウィリアム王子は、母親のダイアナ妃のように、革命児なのかもしれませんね。

More from Cosmopolitan Japan:
LINE 告知
エンタメニュース
シェア
無料スタンプも♡「コスモポリタン」がLINEに登場!
週に3回、世界中から厳選した情報をお届け!
『ワンダーウーマン』(2017)  去年のコスプレの大本命が『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインなら、今年の人気トップになりそうなのが、ご存じワンダーウーマン。カブリを避けたければ、ワンダーウーマンの母ヒッポリタや、スティーブの秘書エッタ・キャンディという案も。
エンタメニュース
シェア
ハロウィン仮装のアイディアに!コスプレしたくなる映画28選
今年は、ワンダーウーマンの仮装が大本命の予感…♡
美容業界のカリスマ、リサ・エルドリッジの人生を変えたアートとは?
エンタメニュース
シェア
セレブご指名のメイクアップアーティストを刺激したアートとは?
顧客は英国プリンセスや超大物女優! リサ・エルドリッジをインスパイアしたカルチャーに迫る。
メロディが耳から離れない!80年代名曲リスト13
エンタメニュース
シェア
聴いたら耳から離れない!80年代の大ヒット曲13
CMに映画に大活躍! あなたは何曲知ってる?
エンタメニュース
シェア
同僚とキス…!?コスモポリタン編集部の刺激的な日常
コスモポリタンアメリカ版編集部の舞台裏に迫るリアリティー番組『SO COSMO』がおもしろい!
エンタメニュース
シェア
【10月のテーマ】刺激足りてますか?
毎日同じことの繰り返しで飽きてしまっている人へ。
第74回ヴェネチア映画祭、話題作を現地からお届け
エンタメニュース
シェア
「ヴェネチア国際映画祭」現地レポ !話題作を総まとめ
受賞作品、そして賛否が飛び交ったあの話題作まで一挙ご紹介!
エンタメニュース
シェア
ビヨンセが感動スピーチ!ハリケーン被災者支援を呼びかけ
被災地ヒューストン出身のビヨンセは、現地に駆けつけ、率先して支援活動を行ったそう!
今さら聞けない! "モード界の皇帝"カール・ラガーフェルドってどんなひと?
エンタメニュース
シェア
なぜポニーテール?カール・ラガーフェルドについて気になること15
84歳を迎えた、"モード界の皇帝"カール。実は苦労していた過去もあるみたい…!
エンタメニュース
シェア
編集部が実践!平日夜を充実させるエンタメライフ♡
退屈な夜も、アイデアと行動次第で楽しめる♡