ついにジュリア・ロバーツも!TVドラマ初主演決定

映画ファンにとってはかなりワクワク♡

以前は「映画スター」と「TVスター」の活躍の場がはっきり分かれていたハリウッド。しかし近年では、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(2013)のケヴィン・スペイシー、『エクスタント』(2014)のハル・ベリー、『ブルックリン警察 ―内部告発―』(2016)のジェニファー・ロペスをはじめ、多くの映画スターたちがTV界に進出し、その垣根が薄れてきているよう。

ADの後に記事が続きます

The Hollywood Reporter>によると、そんな中、今度はあのジュリア・ロバーツ(49歳)がドラマ初主演を決めたのだとか!

ジュリアといえば、『プリティ・ウーマン』(1990)で一世を風靡し、今なお人気の『ノッティングヒルの恋人』(1999)ではハリウッド女優を演じ、『エリン・ブロコビッチ』(2000)ではアカデミー主演女優賞を受賞した、世界の誰もが認めるスター中のスター。

そんな彼女が主演をつとめる作品は、ベストセラー作家マリア・センプル原作のToday Will Be Different(原題)。ジュリア演じる主人公エレノア・フラッドが、「今日を人生で最高の日にしよう」と誓うものの、様々なトラブルに見舞われて予定が狂ってしまう…というストーリー。

放送の詳細はまだ発表されていないけれど、製作会社のアンナプルナ・ピクチャーズがプロデュースを担当するほか、ジュリア本人も自身のレッド・オム・フィルム社を通じて製作総指揮をつとめる予定とのこと。

原作者のセンプル氏は、今回の企画について「ジュリアが(主人公の)エレノアに生命を吹き込んでくれるなんて、クラクラするほど嬉しいわ!」とコメント。

名実ともにトップスターのジュリアが、TV画面の中でどんな演技を披露してくれるのか…今から楽しみ!

More from Cosmopolitan Japan:
『ワンダーウーマン』(2017)  去年のコスプレの大本命が『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインなら、今年の人気トップになりそうなのが、ご存じワンダーウーマン。カブリを避けたければ、ワンダーウーマンの母ヒッポリタや、スティーブの秘書エッタ・キャンディという案も。
エンタメニュース
シェア
ハロウィン仮装のアイディアに!コスプレしたくなる映画28選
今年は、ワンダーウーマンの仮装が大本命の予感…♡
美容業界のカリスマ、リサ・エルドリッジの人生を変えたアートとは?
エンタメニュース
シェア
セレブご指名のメイクアップアーティストを刺激したアートとは?
顧客は英国プリンセスや超大物女優! リサ・エルドリッジをインスパイアしたカルチャーに迫る。
メロディが耳から離れない!80年代名曲リスト13
エンタメニュース
シェア
聴いたら耳から離れない!80年代の大ヒット曲13
CMに映画に大活躍! あなたは何曲知ってる?
エンタメニュース
シェア
同僚とキス…!?コスモポリタン編集部の刺激的な日常
コスモポリタンアメリカ版編集部の舞台裏に迫るリアリティー番組『SO COSMO』がおもしろい!
エンタメニュース
シェア
【10月のテーマ】刺激足りてますか?
毎日同じことの繰り返しで飽きてしまっている人へ。
第74回ヴェネチア映画祭、話題作を現地からお届け
エンタメニュース
シェア
「ヴェネチア国際映画祭」現地レポ !話題作を総まとめ
受賞作品、そして賛否が飛び交ったあの話題作まで一挙ご紹介!
エンタメニュース
シェア
ビヨンセが感動スピーチ!ハリケーン被災者支援を呼びかけ
被災地ヒューストン出身のビヨンセは、現地に駆けつけ、率先して支援活動を行ったそう!
今さら聞けない! "モード界の皇帝"カール・ラガーフェルドってどんなひと?
エンタメニュース
シェア
なぜポニーテール?カール・ラガーフェルドについて気になること15
84歳を迎えた、"モード界の皇帝"カール。実は苦労していた過去もあるみたい…!
エンタメニュース
シェア
編集部が実践!平日夜を充実させるエンタメライフ♡
退屈な夜も、アイデアと行動次第で楽しめる♡
ダイアナ元妃がプリンセスになる前の貴重なフォトアルバム18選
エンタメニュース
シェア
幼い頃から気品たっぷり!ダイアナ妃の子ども時代をたどる写真18
プールに飛び込んだり、動物と戯れたり、1歳から13歳までのキュートな少女時代をお届け!