離婚理由は、ジョニー・デップの家族に嫌われてたから?

弁護士を通じてコメントしたジョニー・デップと「次のステップ」へ進みたいアンバー。

もっと読む THIS WEEK TOP10(5/26~6/1)
11 articles
夏っぽい♡角度で色が変わる「オパールネイル」
【レシピ】これからの季節の必需品「冷凍レモン」
簡単にこなれ見え!おしゃれなセレブほどカーキ好き

ジョニー・デップの母が亡くなった3日後、アンバー・ハードが離婚を申請していたことが発覚。

わずか15カ月の結婚生活だった。離婚の理由は「和解し難い不和」だそう。離婚が発覚した前日に、ジョニーはトーク番組に出演したが、夫婦関係について一切触れることはなかった。

"家族から嫌われていた"ことが、離婚理由?

アンバー・ハードは配偶者扶養料を求めていると言われている。ただ、婚前契約を交わしていなかったとのことで、ジョニーはハリウッドの凄腕弁護士を雇い、請求を取り下げるよう裁判所に要求。

ADの後に記事が続きます

ちなみに、ジョニーの総資産は約4億ドル(約439億円)だと言われており、バハマ諸島に島も所有している。

ジョニーは弁護士を通じて、アンバーに弁護士費用は自分で支払うよう伝えているそう。ジョニーの弁護士はローラ・ワッサーという有名女性で、これまでに数々のセレブ離婚を担当し、手強い人物として知られている。アンバーの弁護士サマンサ・スペクターは、家族法専門の弁護士だそう。

離婚に至った経緯は、ジョニーの子どもたちも兄弟も母親も、全員アンバーのことが大嫌いだったからと言われている。母親に関しては、友人に「アンバーはジョニーをお金とキャリアのために利用している」と話していたそう。さらにジョニーの家族全員が、「ジョニーはアンバーからひどい扱いを受けている」と周囲に漏らしていたらしい。これが本当ならば、アンバーはよく耐えてきた、とも言える。

一部では離婚に昨年のオーストラリアでの事件が関わっているのではないか、と囁かれている。こちらが話題になった謝罪動画。"最高の演技"だと言われているジョニーに注目。

昨年アンバーが愛犬をオーストラリアに不法に持ち込もうとしたため、10年間刑務所に入れられそうになった危機があった。副首相兼農相であるバーナビー・ジョイスにも、夫妻の離婚について責任を感じるかという質問があったほど。それに対し「いくら私とデップさんの敵対関係(ジョイスのことを『トマトのような顔』と言ったことなど)が報道されていると言え、私は人間関係の破綻を楽しむことはしない」と真面目に答えた

幸せそうだった結婚生活

2015年、アンバーはジョニーの前パートナーとの間に生まれた子どもの母親になったことについて、「とても光栄だし、素晴らしくて、人生で1番のびっくりプレゼントだわ。今までに知らなかったフレーバーや色が人生に増えたの。すごく幸せよ」と語っていた。

ジョニーは2016年1月に行われた授賞式でも「私に耐えてくれて、さまざまなキャラクターに我慢してくれている妻アンバーにも感謝をしたい。決して簡単なことではないから」と妻を讃えていた。

さらにジョニーは、今週月曜日に行われた映画のプレミアで、子供についても「コウノトリを待ってるよ」と話したばかり。

反対に、少し気がかりなインタビューもあったよう。

2015年のインタビューで結婚への不安についてアンバーは「1番恐れていることは、自由をなくす可能性があるということ。絶対に失いたくないの。これまで自由と安心を得られるように頑張ってきたのだから」「私はすごく自立している性格」と語っていた。

関係者によれば「結婚前のアンバーはルームメイトと暮らすクールな女子で、彼女もいた。すでに婚約パーティーの段階で、22歳年上の男性と結婚することに不安を感じていた。婚約中にもケンカし、結婚も危ぶまれた」とのこと。

結婚1周年についてある関係者は、「結婚1年目は簡単ではなく、激しい性格同士、ぶつかり合うことも多かった。しかし、その情熱があるから、今まで一緒に難局をくぐることができた」と話していたそう。

あまりプライベートを明かさない夫婦だったこともあり、最後にツーショットを撮られたのは4月、オーストラリアの裁判所だった。

ジョニー・デップとアンバー・ハード オーストラリア裁判2016

現在ジョニーは新作映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の宣伝に大忙し。しかし、隣にアンバーの姿はない…。

ジョニーは代理人を通じて、「短い結婚期間だったこと、また母を亡くしたばかりだということもあり、私生活に関わる誤った情報やゴシップにはコメントをしない」と伝えた。

アンバー側の関係者は、「何カ月もケンカが続き、人生の次のステップに進むために離婚は必要」「自身を大切にするために、しなければならないことをした」と話しているそう。

今回に限っては情熱だけでは乗り越えられない様子。泥沼化しそうな予感…。

More from Cosmopolitan Japan:
第74回ヴェネチア映画祭、話題作を現地からお届け
エンタメニュース
シェア
「ヴェネチア国際映画祭」現地レポ !話題作を総まとめ
受賞作品、そして賛否が飛び交ったあの話題作まで一挙ご紹介!
エンタメニュース
シェア
ビヨンセが感動スピーチ!ハリケーン被災者支援を呼びかけ
被災地ヒューストン出身のビヨンセは、現地に駆けつけ、率先して支援活動を行ったそう!
今さら聞けない! "モード界の皇帝"カール・ラガーフェルドってどんなひと?
エンタメニュース
シェア
なぜポニーテール?カール・ラガーフェルドについて気になること15
84歳を迎えた、"モード界の皇帝"カール。実は苦労していた過去もあるみたい…!
エンタメニュース
シェア
編集部が実践!平日夜を充実させるエンタメライフ♡
退屈な夜も、アイデアと行動次第で楽しめる♡
ダイアナ元妃がプリンセスになる前の貴重なフォトアルバム18選
エンタメニュース
シェア
幼い頃から気品たっぷり!ダイアナ妃の子ども時代をたどる写真18
プールに飛び込んだり、動物と戯れたり、1歳から13歳までのキュートな少女時代をお届け!
【速報】入学おめでとう! 初登校するジョージ王子の姿をキャッチ
エンタメニュース
シェア
初めての小学校にドキドキ!?ジョージ王子の初登校をキャッチ
制服姿が父ウィリアム王子のときに負けない愛らしさ♡
テイラー・スウィフト、最新アルバム『Reputation』の歌詞の一部を商標登録へ
エンタメニュース
シェア
テイラー・スウィフト、新アルバムの歌詞を商標登録!?
最新アルバム『Reputation』の歌詞の一部を登録するって噂はホント?過去には他にも...
エンタメニュース
シェア
この夏1番再生されたのは?「スポティファイ」人気曲ベスト20
トップに輝いたのは、ラテン系アーティストとカナダの人気歌手がコラボしたあの曲…!
エンタメニュース
シェア
【9月のテーマ】COSMO流!ナイトライフ
楽しい「夜遊び」、していますか?
カット寸前だった!?名曲「ムーン・リバー」誕生秘話
エンタメニュース
シェア
『ティファニーで朝食を』の主題歌は「カット寸前だった」!?
さらに、「オードリー以外の人に歌わせる」という案もあったそう…