出演取り消し…!?戦うケシャがインスタに心情を吐露

性的暴力を加えたと言われるプロデューサーが、ケシャの出演承諾を撤回…。

人気の記事

ケシャは今月に入ってからも、医療記録を開示するべきだと主張されるなど、プロデューサーのドクター・ルークとの戦いはまだまだ終わらない。それでもケシャはパフォーマンスできるようになってきた。

カムバックの場に選んだのはコーチェラ・フェスティバル。同曲は、年振りのシングルとなった。その後も徐々に公の場に出るチャンスは増え、今月22日(現地時間)に開催される大舞台ビルボード・ミュージック・アワードでも歌声を披露するだろうと言われていたのだが…。

ADの後に記事が続きます

17日にビルボード・ミュージック・アワードのプロデューサーが以下のようにコメント。

「ケシャは出演を引き受けてくれました。ドクター・ルークのレコード・レーベル Kemosabe Recordsの承諾書も受け取りました。しかし、その後のマスコミ報道を受け、511日に承諾が撤回されました。現段階、ケシャとKemosabeは合意に至っておりません」。

マスコミ報道というのは、TMZが報道した「ドクター・ルークの顔写真をパフォーマンスで使用する」や「裁判のことを語る」といったもの。

承諾撤回について、昨日ケシャがInstagramでコメント。

「ボブ・ディランの(生誕75周年を祝うため)『It Ain't Me Babe/悲しきベイブ』を今年のビルボード・ミュージック・アワードで披露できることを楽しみにしていました。それを禁じられてしまい、本当に残念で申し訳なく思っています。ただはっきりさせたいことは、私の大好きなソングライターに敬意を払うためのパフォーマンスを予定していたこと、ドクター・ルーク関連のことをする予定はありませんでした。彼の写真を使用する予定も、彼のことを言及することも、今の法的状況をほのめかすつもりもなかった。ただただ大好きな一曲を歌って、尊敬しているアーティストに敬意を払いたかっただけです。変わらぬ支援をありがとう」。

ケシャはSNSで気持ちを赤裸々に語ることが多く、最近ではケシャの体型をひどく言う人に対して両中指を立てた写真をアップした。

「うつと摂食障害と戦い続けています。キャリアも順調にいかず、苦戦している感じることがあります。でも人生を取り戻すことを決めました。自由と幸せと声と価値も。黙って隠れることはしない。今日からFuck it(どうでもいい)と言って、人生を生きる。だからFUUUUUUUUCK it。そう決めた。今は超幸せ。それに私の体型を批判している人、fuck u(くそくらえ)。批判するヤツはバカにしか見えない」。

苦しい環境にいながらも、自分の音楽を作り続けるために戦い続けているケシャ。圧力にも負けずに、たくさんの味方がいることを支えに、どうか負けないでほしい。

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
エンタメニュース
シェア
いい人!『ハリポタ』主演俳優が、ひったくり被害者を手助け
スターの優しさに、元警官も驚き。
商品をアートに!?米お菓子メーカーのインスタが斬新
エンタメニュース
シェア
斬新…あるお菓子メーカーのインスタがジワるw
これ考える仕事、楽しそうかも。
アーティストとしても話題!多彩なLA在住モデルに注目♡
エンタメニュース
シェア
LA在住モデルが生み出す「刺繍アート」が斬新かわいい♡
「1つの分野」にとらわれず、色んなことに挑戦するのが今どき女子の生き方!
ママと3歳の娘の「なりきりプロジェクト」が素敵♡
エンタメニュース
シェア
3歳の女の子が体現!「強い女性」なりきりプロジェクト
辛くてもくじけない、有名女性たちをロールモデルに
LAで、失恋した人たちの「グループ・セラピー」が始動!?
エンタメニュース
シェア
良いアイデア!米女性が立ち上げた「失恋セラピー」に共感
「心の痛みを分かちあうのは、家族や友達よりも他人のほうがいい時もあるから」
コスモポリタンの公式アプリ
エンタメニュース
シェア
コスモポリタンの公式アプリが登場!
最新記事をいつでもチェックできる♡
高層マンションの「飛び出たプール」がエキサイティング!
エンタメニュース
シェア
怖い、けど入りたい!高層マンションの「飛び出たプール」
怖いけど眺めは最高♡
エンタメニュース
シェア
リアーナの新彼はナオミの元彼!ふたりの友情の行方は?
友達の元彼には手を出さないのが暗黙のルールだけど...。
エンタメニュース
シェア
ラブリ流、暮らすように滞在する旅の掟
お気に入りはパリ♡旅行先でのラブリの過ごし方とは
エンタメニュース
シェア
メロディー洋子がおすすめしたい旅先は?
ギリシャ、ブラジル、アフリカ...世界中を周ったメロディー洋子さんが、みんなに行ってもらいたい国とは?