【1日1イケメン】俳優 トム・ヒドルストン

世界中から探し出したイケメン情報を毎日お届け♡

人気の記事

今日のイケメンは、トム・ヒドルストン(35)。『マイティ・ソー』シリーズ、『アベンジャーズ』の主人公ソーの弟で、宿敵でもあるロキ役を好演し大ブレイク。

ロキは悪役だけど、トムの高度な演技力によって人間味があり共感できるキャラクターとなった。実は主役のソー以上に人気が高く、"ロキ様"といった愛称で世界の女性に愛され、いま最も人気を集める英国俳優だ。ブレイク後も、ハリウッド映画、BBCやウェストエンドのシェイクスピア劇、ヨーロッパ映画にと活躍中。日本のファンの間では、"トムヒ"と呼ばれていて、演技はもちろん、素顔にも注目が集まっている。

ADの後に記事が続きます

いつも親切。フレンドリーな英国紳士の素顔にファンがメロメロ

ダンスもノリノリで披露。面白くていい人だ〜

笑顔もキュート

メガネもお似合い

ADの後に記事が続きます

スタイルが良い

身長187㎝。体のラインに沿ったサイジングの美しさと、洗練された身のこなしが手伝って、スーツの着こなしはファッション関係者からも熱い注目を集めている。

ラフな格好も素敵

学歴がすごい

名門イートン校では1学年下にウィリアム王子が在籍。進学したケンブリッジ大学では古典を専攻し、最優等の成績を修めて卒業。ケンブリッジ在学時から舞台やドラマに出演しており、これまた名門の王立演劇学校(RADA)にも通っていた。

気になるロマンスは?

最近交際が噂されたのは、女優のエリザベス・オルセン。エリザベスとは、トムがカントリー歌手のハンク・ウィリアムズを演じる伝記映画『I saw the Light』(原題)で夫婦役を演じている。また2人は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でも共演していて、7月にはロンドンでのデートを目撃されている。トムはこれまでに女優のスザンナ・フィールディングや女性誌UK版「ELLE」の編集長との交際が報じられたが、プライベートは注目されたくないとインタビューなどで公言していて私生活はミステリアス。

エリザベスとの関係に今後も注目よ

『I saw the Light』(原題)予告編。歌もうまい!

シリーズ第3弾『Thor: Ragnarok』(原題) では、クリス・ヘムズワースとともに出演し、再び当たり役ロキを演じる。さらに次期007として、イドリス・エルバ、ダミアン・ルイス、トム・ハーディ、エイダン・ターナー、マイケル・ファスベンダーらと共にリスト入りしたと報道されたというから、これからの活躍に大期待。

♥これまでの【1日1イケメン】はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
かっこいい!90年代の「元祖スーパーモデル」がランウェイに集結
スタンディングオベーションが起こった話題の演出をプレイバック!
海外セレブ
シェア
「世界一美しい」と呼ばれた少女が、ランウェイに登場!
4歳でランウェイデビュー、6歳で有名誌の表紙を飾り、フランス国内外で話題になったティラーヌ。そんな彼女がランウェイに登場!
海外セレブ
シェア
女王の代理がコメント!メーガンとの交際は「素晴らしい」
忙しい合間を縫って、ヘンリー王子がメーガンの撮影現場を訪れていたことも判明!
海外セレブ
シェア
夢みたい♡サラ・ジェシカ・パーカーのNYツアー販売!
サラが似合う靴を選んでくれるって…羨ましい!
カイリー・ジェンナーが女の子を妊娠!?
海外セレブ
シェア
20歳のカイリー・ジェンナーに妊娠報道!気になる性別は…!?
2月に出産予定。交際して約半年の恋人トラヴィス・スコットも大興奮!
海外セレブ
シェア
初2ショットなるか?ヘンリー王子&メーガンが公の場に!
婚約間近と噂される2人がスポーツイベントに出席!
メーガン・マークル元夫のドラマは「元妻がイギリス王子と結婚」
海外セレブ
シェア
メーガン・マークル元夫の新ドラマは、元妻が王子と結婚!?
ヘンリー王子と結婚秒読みのメーガン。元夫の映画プロデューサーが手掛ける新ドラマが…
ソフィア・ベルガラの息子がイケメンすぎると話題に♡
海外セレブ
シェア
ソフィア・ベルガラのイケメンすぎる息子(26)が話題に!
ネットでは、イケメン息子に恋に落ちた人が続出♡
クロエ・グレース・モレッツ&ブルックリン・ベッカム 初レッドカーペット
海外セレブ
シェア
復縁は本当だった!?SNSでイチャつくクロエとブルックリン
破局して一時はフォローも外していた2人が、ここに来て復縁アピール♡
セレーナ・ウィリアムズ、体型差別について力強いメッセージ
海外セレブ
シェア
娘が同じ差別を受けたら…テニス選手が「母への手紙」を公開
そこには、自身が苦しんだ経験や、娘には自分のように体型批判を浴びてほしくないという率直な思いが…。