人気俳優がインスタで訴えた「紫外線」の怖さ

『X-MEN』のヒュー・ジャックマンが、5度目の皮膚がん切除手術をSNSで告白

人気の記事

SNSでは日々、多くのセレブがセルフィーを公開しているけれど、そのほとんどは仕事現場の様子や日常のたわいもないこと。だけどヒュー・ジャックマンが先日投稿したセルフィーには、見る人に皮膚がんの怖さと予防を訴えるのに十分なインパクトが…。

ADの後に記事が続きます

「日焼け止めを使わないとどうなるかっていう例が、これだ。基底細胞がんだよ。がんの中では軽度のものだけど、重大なことには変わりない。みんなもどうか、日焼け止めを使い、定期的に検査を受けてほしい」

コスモポリタン イギリス版によると、実はこれ、5度目の皮膚がんを切除した直後のヒューの写真らしい。彼は2013年11月に初めて皮膚の基底細胞がん(皮膚の表皮にできるがんの一種)だと診断されてから、これまで4回にわたり切除手術を受けていた。一方で、2015年の<People>とのインタビューでは、日焼け止めを使っていなかったことも告白していたそう。

「(皮膚科医の)マイケル・アルボム医師は、僕がかかったのは皮膚がんの一種で、がんの中ではまだマシな種類のものだと説明してくれた。この基底細胞がんとは、付き合っていかないといけない。がん細胞は成長するので、そのたびに取り除かないといけないんだ」

非メラノーマ皮膚がんの7割以上を占めるという基底細胞がん。その原因の95%は、紫外線を浴びることだそう。がん自体はさほど攻撃的ではないものの、そこから命に関わるようながん細胞に変化する可能性もあるのだとか。そのため日常的に紫外線を浴びる環境にいる場合は、定期的に検査を受け、日焼け止めを使うことが大事みたい。

皮膚がん患者の多い、南半球のオーストラリアで生まれ育ったヒュー・ジャックマン。とはいえ、日本に住む私たちも紫外線や日焼けに気を配ることは必要なはず。まずは毎日日焼け止めを使うことから始めてみよう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
リアーナが世界のリーダーに呼びかけた「教育支援」
Twitterを通して各国のトップに直接問いかけたリアーナ。その内容とは…?
コートニー・コックス
海外セレブ
シェア
『フレンズ』女優コートニー、度重なる整形を後悔!?
「顔が不自然」と話題になっていたコートニーが、整形にハマった理由は現在の心境を告白!
「別れてもリスペクト」し合う、セレブカップル8組!
海外セレブ
シェア
別れてもお互いをリスペクト!素敵な「元恋人」セレブ8組
大人だ…
セレブも驚き!結婚式で9800万円のドレスを着た令嬢 ヴィクトリア・スワロフスキー
海外セレブ
シェア
セレブ超え!?贅を尽くしたスワロフスキー令嬢の結婚式
ウェディングドレスに使用されたのは50万個のスワロフスキー。お値段なんと9800万円相当!
海外セレブ
シェア
マドンナ、息子の名門サッカーチーム入団のためポルトガル移住へ
母親を幼くして亡くしたマドンナは、「自分の子供には、ベストを尽くしてあげたい」と考えているよう。
海外セレブ
シェア
オルセン姉妹以外にも!「双子」セレブ6組
アシュトン・カッチャーやスカーレット・ヨハンソンも!
高層マンション火災での消防士の活躍を労うアデルと王室
海外セレブ
シェア
英マンション火災で活躍した消防士をアデルがサプライズ訪問!
前例のない火災を前に、命を賭して人命救助に励んだヒーローたちを労わるセレブと皇室たち。
海外セレブ
シェア
キム・カーダシアン、3人目の子どものため「代理母」と契約
子どもを願い子宮の手術にも挑戦したキム、「代理出産」に望みをかける
海外セレブ
シェア
コンプレックスを抱える一般女性が「下着撮影」に挑戦!
自分のカラダに自信のない女性4名を勇気づけたアシュリー・グラハム。その方法とは…
海外セレブ
シェア
セレブ界のパワーカップル♡ゼインとジジの私生活って…?
元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクが、恋人のジジ・ハディッドとの日常について告白♡