トップ女優らが賛同!セクハラ撲滅運動「Time's up」とは?

ゴールデン・グローブ賞でも、ナタリー・ポートマン、エマ・ストーンなど数多くの人気セレブたちが賛同を表明。

人気の記事

1月7日(現地時間)に開催されたゴールデン・グローブ賞でも多くの俳優たちが「黒」い衣装を着ることで賛同を表明した「Time's Up」。一体、どういった運動なの?

セクハラの撲滅を訴える運動「Time's Up」は、今年の11日(現地時間)、女優や脚本家、映画監督、プロデューサーなど、約300人の映画関係者たちによって開始された。ハリウッドに蔓延するセクハラ問題に立ち向かい、一般の職場でセクハラ被害に遭った女性や男性たちを支援する運動で、敏腕プロデューサーのションダ・ライムズはじめ、ナタリー・ポートマン、エマ・ストーン、アメリカ・フェレーラ、ケリー・ワシントン、リース・ウィザースプーンなど、数多くの人気セレブたちがこの運動に賛同している。

ADの後に記事が続きます

米『ニューヨーク・タイムズ』紙に掲載された全面広告には「セクハラを黙認する企業に罰則を科する法律の制定」や「被害者が過去のハラスメントを話題にすることを禁じる秘密保持契約の廃止」、「スタジオや芸能プロダクションにおけるジェンダー格差の解消」などの目標が掲げられていたという。

さらに同運動へのサポートを表明する女性は「今年のゴールデングローブ賞でレッドカーペットを歩く際はブラックの装いを着用するよう」訴えていたのだそう。

セクハラ被害を告発する「#MeToo」は、被害者よりも権力者の性的暴力に焦点が当たりがちだったけれど、「Time's Up」はそうした問題を改善すべく、被害者たちの訴訟費用を援助するための基金も設立。ションダ・ライムズは米『ニューヨーク・タイムズ』紙に次のようにコメント。「自分の悩みも解決できていないのに、他人の問題に口出しするのはなかなか難しいもの」。

リース・ウィザースプーンも自身のインスタグラムで「Time's Up」運動を紹介し、「私はさまざまな業界で働く女性全員が性的暴力やハラスメント、過小評価、女性代表者の不足に対して『#TIMESUP(もう終わりにしましょう)』と言えるようにサポートしたいと思っている」とのメッセージを添えた。今年始動したばかりの「Time's Up」。今後映画業界や一般の職場にどのような変化をもたらすのか、見守りたい。

この翻訳は、抄訳です。

TranslationReiko Kuwabara

FromELLE UK

関連記事
関連記事
関連記事
More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
実際の報酬額が判明、「ギャラ格差」問題が再び浮き彫りに!
マーク・ウォールバーグとミシェル・ウィリアムズのギャラ格差に新事実。でも…やはり格差は大きかったよう。
本日から、台湾・台北を舞台に開催される「四大陸フィギュアスケート選手権2018」。アジア、アフリカ、アメリカ、オセアニアの4つの大陸から選手が集結するとあって、注目度の高い本大会。スター選手から今後の飛躍が楽しみな若手まで、氷上の麗しき男子選手たちを、ギャラリーでご紹介。
海外セレブ
シェア
いよいよ開幕♡氷上の麗しき44人のフィギュアスケーター
「四大陸フィギュアスケート選手権2018」の開幕を記念して、各国のイケメン選手をご紹介!
海外セレブ
シェア
メーガン・マークルが告白「ヘンリー王子もフェミニスト」
「英国王室にフェミニストがいるのは心強いわ」とのファンの声に、打ち明けたんだとか…!
似てる!グレース・ケリーの孫がSNSで話題に
海外セレブ
シェア
似てる!グレース・ケリーの孫がSNSで話題に
彼女がグレース妃から受け継いだのは…
海外セレブ
シェア
心もイケメン…♡人気俳優が、公園で拾った子犬を保護
過去には飼い犬と一緒にレッドカーペットを歩くなど、愛犬家で知られるトム・ハーディ。
海外セレブ
シェア
当時の秘話が明らかに!女王戴冠式にまつわる真実8
重い王冠を落とさないよう、下も向けずに3時間…!?
アジアンルーツを持つセレブ13人
海外セレブ
シェア
この人も!?実はアジアンルーツを持つ12人のセレブたち
日本、中国、フィリピンなど、アジアとの繋がりがあるセレブをご紹介!
セレーナとニック・ジョナスの"最悪だったデート"
海外セレブ
シェア
セレーナが暴露!元彼ニック・ジョナスとの「最悪デート」
ティーンの頃に交際してた2人には、ほろ苦い思い出があるようで…(笑)
海外セレブ
シェア
キーラ・ナイトレイ、現代が舞台の映画には出演しない!?
時代ものの映画に多く出演しているキーラ。その理由は描かれる女性像にあった!
海外セレブ
シェア
愛に溢れたパワーウーマン、ミシェル・オバマの格言25
世界を魅了し続ける、前大統領夫人ミシェル・オバマの力強い言葉をご紹介!