セレーナ・ゴメス、SNSを使ってファンを自殺から救った!?

ファン想いのセレーナによる真摯な対応で、またひとつの命が救われた!

人気の記事

素の自分でファンと向き合いたいと話すセレーナは、子どもたちに話しかけられると必ず立ち止まって写真撮影に応じるなど、とってもファン想い。そんな彼女が、ファンの自殺を防いだことが話題に!

数日前、Instagramでセレーナの非公式ファンアカウントを運営する女性が同SNSで自殺をほのめかしたそう。彼女の投稿に気づいた人々がセレーナをタグ付けし、女性を救うためポジティブなコメントを残し、必死に止めようと行動。そんなことに気づいたセレーナは、その女性にInstagramでダイレクトメッセージを送信。

ADの後に記事が続きます

「あなたが私を好きでも嫌いでもいいけど、自殺は絶対に答えにならないわ。誰か話し相手が必要なのであれば、私にメッセージを送って。あなたは家族や友人に愛されてるわ。それに、私もあなたを愛してるからね」

その後女性は自殺を思いとどまったようで、警察が家に来たこと、そして入院をしたことを報告後日、「さまざまなアーティストのファンに愛とサポートを受けています。みんな、私の人生を救ってくれてありがとう。11人が私のヒーローです。私は近々医者やセラピストと話すことを決めました。治療しもっと強い人間になります」と投稿をしていて、前向きになった様子がうかがえる。

ちなみにセレーナがファンを自殺から救ったのは、初めてのことではないんだとか! 実は2年前にも同じように自ら命を絶とうをしていたファンに直接メッセージを送っていて、その時はセレーナがスクリーンショットを自身のSNSに投稿。

I know I meant lives. I don't care about grammar. I'm sorry I had to share. Every life is worth it.

A post shared by Selena Gomez (@selenagomez) on

「世界にはあなたと同じ感情を経験している人が大勢います。また、あなたよりも幸せな人もいるし、不幸な人もいる。このようにわざわざ言うのは、あなたは1人ではないと伝えたいから。あなたは一人ぼっちではありません。人は時に、感情をシャットアウトできればいいのにと感じることもあります。だけど、人間は人との関係を持つため、そして同じような経験をしている人を助けるために生きているのです」

以前、不安障害、パニック発作やうつ症状などメンタルヘルスに関する治療を受けたことを告白したセレーナ・ゴメス。10代の自殺を取り上げたドラマ『13の理由』でも製作総指揮を務めるなど、積極的にメンタルヘルスを広めるよう活動中。そんな彼女だからこそ、大切にしているファンが自殺を思いとどまってくれたことに一安心しているはず。

Selena with fans yesterday! 😩❤️

A post shared by Selena Gomez Updates (@gomezupdates) on

More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
懐かしい顔ぶれも!90年代~現代までの人気ヴィクシーモデル集
「ヴィクトリアズ・シークレット」の人気を支えてきた歴代モデルたちをご紹介!
海外セレブ
シェア
【後編】『reputation』リリースからのテイラーの7日間に密着
ファンとの交流が目立ったリリースウィークの後半。テレビ番組への出演では、視聴者を感動の渦に!
さすが!超年下男子をゲットした女性セレブ13人
海外セレブ
シェア
羨ましすぎ!年下男子を射止めた「姐さん」セレブ13人
愛さえあれば年の差なんて…。
歴代スターの透けドレス
海外セレブ
シェア
大胆すぎ!銀幕スターの「透け透けファッション」11選
歴代の銀幕スターたちが話題を呼んだ、スキャンダラスなファッションとは?
ジジ・ハディッドがヴィクシーショー取りやめ!
海外セレブ
シェア
ジジ・ハディッド、ヴィクシーショー直前で「出演キャンセル」
アジア初の開催となる上海でのショーに、ジジをはじめ参加できないモデルが続出!?
海外セレブ
シェア
【前編】『reputation』リリースからのテイラーの7日間に密着
新作アルバムとともに、ツアー日程も発表!テイラー・スウィフトのライブで良席をゲットする方法とは…!?
海外セレブ
シェア
美人キャラはもう嫌?アンバー・ハードの作品選び
役柄が「美しく謎めいた女性」なら、その脚本は捨ててもOKとコメント!
海外セレブ
シェア
男前すぎる!人気ラッパーがステージから「痴漢」を非難!
女子を守った人気ラッパーのドレイクに、ファンは喝采!
約70年前の1948年、エリザベス女王は第一子となるチャールズ皇太子を出産し、母親になった。その後1950年に長女のアン王女を出産し、さらに2年後の1952年にイギリス連邦王国の女王に即位した。英国女王として公務に邁進し続けたエリザベス女王は、少し落ち着けるようになった1960年に次男のアンドルー王子、そしてその4年後に三男のエドワード王子を授かり、国民に母親としての一面も見せてきた。エリザベス女王の治世を描いたNetflixの人気ドラマ『ザ・クラウン』は12月からシーズン2が始まるが、この新シーズンでは戴冠後約10年目を迎えた女王とともに家族との生活についても描かれる模様。新着エピソードに先立ち、4人の子供を持つ母親としてのエリザベス女王にフォーカス!
海外セレブ
シェア
4人の子育てをしたエリザベス女王。どんな母親だったの?
ひとり娘のアン王女は、エリザベス女王からファッションついてアドバイスをもらっていたそう!
海外セレブ
シェア
お茶目すぎる41歳!?ザ・ロックに次ぐ「最もセクシーな男性」
アダム・レヴィーンと大親友のカントリー歌手ブレイク・シェルトンを大解剖♡