どうなるファッション業界!?「グッチ」が毛皮の使用を廃止へ

「ファーは時代遅れ」と、業界へ一石を投じたグッチ。

人気の記事

ラムファーが靴のインソールにデザインされたスリッパ「プリンスタウン」が大流行し、一大トレンドを築いた「グッチ」。そんな彼らが、2018年の春夏コレクション以降は毛皮を一切使用しないことを決めたと発表し、ファッション業界に激震が走っている。さらに、Fur Free Alliance」という毛皮利用目的での動物殺傷を止めるために活動している国際連盟にも加盟。

ADの後に記事が続きます

廃止に関する発表があったのは、先日行われた「2017 ケリング・トーク」にて。対象になるのは、すべての種類の毛皮(リアルファー)だそう。

「グッチ」のCEOマルコ・ビッザーリは<Business of Fashion>に対し、毛皮を使用しない理由をこう説明。

「今の時代、毛皮を使うことがモダンだと思いますか? 私には、そんな時代はもう終わったとしか思えないので、使用しないことに決めたんです。毛皮は時代遅れですよ。発想力を働かせれば、毛皮を使わなくても色々なことができると思います」

さらに今後は、他社ブランドや業界にも変革を求めると語った。

「社会的責任のある行動をすることがグッチの理念です。これからも環境や動物のために最善を追い求めます。『HSUS(米国人道協会)』と『LAV』の協力のもと、グッチは新たな段階に進むことを楽しみにしています。また、高級ファッションブランドの業界を変えるため、我々が革新をもたらし、関心を高められることを願っています。グッチの名は広く知られています。その力をプラスの方向に使わなければなりません」

毛皮やレザーなどの動物性の素材を一切使用していない「ステラ マッカートニー」をはじめ、「ジョルジオ アルマーニ」や「ヒューゴ・ボス」なども毛皮の廃止を表明していた中で、その仲間入りを果たしたグッチ。また昨今、エマ・ワトソンをはじめ、多くのセレブが"サステイナブル(持続可能な)・ファッション"を推薦していることを考えると、確かに時代に即した変革といえそう。今回の発表が、今後ファッション界にどんな影響を与えるのか、是非注目を!

More from Cosmopolitan Japan:
ウィリアム王子とジョージ王子
海外セレブ
シェア
ジョージ王子が学校で食べる「給食」メニューがすごい!
お、美味しそうな…
アドリアナ・リマもヴィクシーモデルを辞める!?
海外セレブ
シェア
「もう無意味に脱がない」アドリアナ・リマ、ヴィクシー卒業!?
「浅はかな価値観の中で生きていくのに疲れたの。不公平だわ」
海外セレブ
シェア
セクハラ騒動を受けて…米アカデミーがメンバーへ「注意喚起」
「アカデミーには、行動基準に違反して、自分の地位、権力、また影響力を乱用する者の居場所はありません」
海外セレブ
シェア
ヘンリー王子との婚約に、メーガンの両親が心境を告白!
父トーマスの役割に注目が集まる中、「娘とヴァージンロードを歩けたら嬉しい」とコメント。
大注目モデル、エミリー・ラタコウスキーの大胆なヌード インスタ画像
海外セレブ
シェア
とことん大胆!モデル、エミリーの美ヌード19
この豪快な脱ぎっぷりには脱帽!
海外セレブ
シェア
圧巻!若手スーパーモデルだらけの「チャリティーカレンダー」
名編集長カリーヌ・ロワトフェルドが初めて手がけるカレンダーに、豪華な面々が集結!
今ファッション業界が注目するアジョワ・アボアー
海外セレブ
シェア
うつ病を越えて…今ファッション業界が注目するイットモデル
今年<モデル・オブ・ザ・イヤー>に輝いた、アジョワ・アボアーって一体誰!?
複雑!イギリス王室の「称号」にまつわるルール
海外セレブ
シェア
実は複雑!イギリス王室の「称号」にまつわるルール
シャーロット王女の娘は「プリンセス」にはならないらしい…なぜ?
海外セレブ
シェア
メーガン・マークルとキャサリン妃の初公務を徹底比較!
女優からロイヤルファミリーの一員となったメーガン、世間の反応は…?
ファーギーがドラッグを克服した過去を告白
海外セレブ
シェア
「もうこんな生き方したくない」ファーギーに薬物依存の過去
取り立て屋に追い回され、薬物依存から抜け出せなかった暗黒時代が壮絶すぎる…