「5H」ローレン・ハウレギが明かすカミングアウト前後の葛藤

「自分自身にラベルをつけたことは今でも悲しいわ」

人気の記事

今をトキめくガールズグループ「フィフス・ハーモニー」のメンバーであるローレン・ハウレギは、昨年末にバイセクシャルであることをカミングアウトしたばかり。そんな彼女が最近になってその時の心境についてインタビューで明かし、またも注目を浴びている。自身のセクシャリティを隠していた時期はもちろん、公にした今でも気持ちが晴れることはないというローレン。その理由は…?

ローレンが女性とキスをしている写真がネットに出回ったのは昨年の11月。某ゴシップブログが無許可で写真を投稿したことで、自身の意図がないところで"勝手にアウティング"されてしまったことで物議を醸すことに。そんな時にローレンの心の支えになったのはファンたち。ハッシュタグ「#LongLoveLauren(ローレンを愛し続ける)」をつくり、彼女のセクシャリティが何であれサポートしていく意志を表明!

ADの後に記事が続きます

それから間もなくして、ローレンはある格言を投稿。噂については否定も肯定もしなかったけれど、彼女の思いがよく伝わってくる。

「人々は、他人の人生に対しては明確な意見があるのに対し、自分自身の人生の生き方は分かっていない」

その後、トランプ大統領が当選し、ローレンははっきりと「私はバイセクシャルのキューバ系アメリカ人女性であることに誇りを持っている」とコメント

また昨年のキス写真を撮られた当時の彼女ルーシー・ビベストと撮影していた写真を今年の3月にリリース。「Bare With Me(一緒に裸で)」というタイトルで、「21世紀の愛」を表現しているんだそう。

It's 4:30 am and jet lag 📷: @wildflyme_ 👗: @kasstagrama

A post shared by laurenjauregui (@laurenjauregui) on

最終的には自らの声でカミングアウトしたローレンだけど、過去にはセクシャリティを隠すように言われていたのだそう。

Out>のインタビューでは、レーベルの人や家族にまでバイセクシャルであることを隠すべきだと言われていたと告白。

「多くのアーティストは、セクシャリティを明るみにすることでファンを失ったり、一人ぼっちになるという思い込みでオープンになれなくなっているの。私も家族や友人にさえも、セクシャリティのことを公にすべきじゃないと言われたわ。でも、考えれば考えるほど、『なぜ?』って理解できなくなった」

「そもそも、どうして気持ち悪いの? (戦争で)子供が爆弾で死んでも何も行動しないくせに、私が彼女とキスをすることは我慢ができないって?」

しかし、カミングアウトしても悩みが無くなったワケではないよう。

「自分自身にラベルをつけたことは今でも悲しいわ。だって、私はただ自由な精神の持ち主でありたいだけなの」

キリスト教の家族に育てられたこともあり、過去には女の子に恋をして罪悪感を覚えたこともあったというローレン。今では、言葉でも写真でも愛を表現出来るほどオープンになり、彼女の新たな魅力に虜になる人は少なくないはず♡

More from Cosmopolitan Japan:
2月17日はパリス・ヒルトンのバースデー。世紀のゴシップガールとして名を馳せた彼女も、今年で37歳! 先ごろは俳優クリス・ジルカとの婚約を発表し、バレンタインデーには新曲もリリースするなど、まだまだスピードをゆるめる様子はなさそう。そこで、彼女がこれまでに残してきたオモシロ名言をここでおさらい。読めばもっと彼女を好きになるかも。
海外セレブ
シェア
元祖お騒がせ女王、パリス・ヒルトンの自信に満ちた名言20
世紀のゴシップガールとして名を馳せた、パリス・ヒルトンの名言を一挙プレイバック♡
海外セレブ
シェア
危機一髪!ヘンリー王子、ポニーに噛まれそうになる
その瞬間のムービーを宮殿が公式にアップ。見ていたメーガンは、思わず笑ってしまったみたい!
海外セレブ
シェア
雑誌史上初!義足のスノーボード選手がグラビア撮影に挑戦
平昌パラリンピックにも出場予定のブレナ・ハッカビー選手が、「水着特集」に登場! そこに隠された深いワケとは…?
海外セレブ
シェア
「激しい体重変動は病のせい」ジジ・ハディッドが改めて公表
太りすぎとも、痩せすぎとも批判されたジジ。「どんな体型の自分も愛することが大切」とメッセージ。
海外セレブ
シェア
親近感!ウィリアム王子とキャサリン妃、王室でイケアを愛用
ジョージ王子とシャーロット王妃の部屋に、イケア家具を置いているんだとか!
海外セレブ
シェア
そんな若かったの!?「25歳以下」で結婚したセレブ13人
今となっては黒歴史、という人もちらほら…
海外セレブ
シェア
VIP割引は嘘?トランプ大統領が購入した婚約指輪の真実
メラニア夫人への指輪購入の際、ディスカウントを受けたと自慢していたけれど…。
海外セレブ
シェア
子宮摘出手術を受けたレナ・ダナム「子どもは諦めない」
「以前なら、"私にはもう選択肢がない"と考えていたでしょう。でも今は、実際にはまだ選択肢が残っていることを知っています」
海外セレブ
シェア
ウィリアム王子夫妻、今年も英国アカデミー賞に出席
キャサリン妃がセクハラ問題を意識した黒ドレスを選ぶのかにも注目…!
ドレスが被った!
海外セレブ
シェア
勝者はどちら?セレブのファッションガチバトル8選
同じドレスは着たくなかった…はず?