「痩せろ」と言われ…イギリス代表がミスコンを辞退

「未だに『痩せていなければ美しくない』と信じているディレクターがいるのを悲しく思います

人気の記事

2006年にエクワドルで開催が始まり、国際的なミス・コンテストとなった『ミス・ユナイテッド・コンチネンツ』。<Mashable>によると、そんな世界各国で美を競い合うミスコンでイギリス代表に輝いたゾーイ・スメイル(28)さんが、大会を辞退し話題になっている。

その発端は、主催側から「次のエクアドルでの大会に向け痩せるように」と言われたこと。

ADの後に記事が続きます

Daily Mail>のインタビューで、次のようにコメント。

主催側に、ダイエット計画をするよう言われたわ。最終選考までにできる限り体重を落としてほしいと。「え?」って感じだったわ。この時代にこんなにも無遠慮な発言をする人がいると思わなかった。

スポーツ業界で働く彼女は、体型について批判をされたことにショックを受けたそう。また「女性は痩せている方が良い」という考え方に疑問を呈し、自身のFacebookに想いを綴りました。

未だにサイズ0が理想の姿だと考えるコンテストがあることにショックを受けたわ。代表になる女性は、ただ番号を服につけた女の子たちではないのよ。本当のクイーンは、他の人たちを勇気付け、知的で、コミュニティーを団結させることができる人

この業界に10年程携わっているけれど、素晴らしいコンテストもあれば、痩せていなければ価値がないと言って若い女性を惨めにするようなものもあった。これは自分の経験に基づいた話よ。8年前、後者のタイプに出場した際、あまり食べないよう指示され、1日中ビキニ姿で、食事の席では男性の横に座らされ、オリーブをつついていたわ…。わたしはデブと呼ばれ、自分には愛される価値がないと思った。そんな悲しいことってある?

今回、代表になれたことはポジティブなことだと感じたわ。ここ10年程で大会の性質が変化していることは顕著。クイーンになった女性たちが、精力的にチャリティー活動をし、良く学び、良いものを食べ、人生を楽しんでいる姿を見られるのは嬉しいこと。ただ未だに「痩せていなければ美しくない」と信じているディレクターがいるのを悲しく思います

体重を落とすように言われ、最終選考を辞退したわ。大会の趣旨に納得していないのに、代表として出ることは間違っていると思うの。

大会やサポートしてくれたスポンサーには本当に感謝しているわ。これまでのチャリティー活動で、たくさんの人たちの人生に良い変化をもたらせたことを誇りに思っている。でも今回は自分に正直になり、このコンテストの一員にはなりません

私たちは、いつこの地球での人生が終わるかわからない。だから自分を愛して、ケーキを少しだけ食べて、お腹が痛くなるまで笑いましょう♡ いろんな考えがあっていいと思うわ。みんなが紅茶好きだったらコーヒーは売れないでしょ。みんな愛しているわ。

ゾーイ自身も「痩せていなければ美しくない」という考えに苦しめられた経験をし、克服したからこそ、言葉に説得力がありますね。投稿後、大勢の女性たちから賛同の声が届いたという。「本当のクイーンは、他の人たちを勇気付け、知的で、コミュニティーを団結させることができる人」。まさに、今回の出来事から辞退し、女性たちを勇気づけた、彼女のことなのかもしれませんね。

More from Cosmopolitan Japan:
2月17日はパリス・ヒルトンのバースデー。世紀のゴシップガールとして名を馳せた彼女も、今年で37歳! 先ごろは俳優クリス・ジルカとの婚約を発表し、バレンタインデーには新曲もリリースするなど、まだまだスピードをゆるめる様子はなさそう。そこで、彼女がこれまでに残してきたオモシロ名言をここでおさらい。読めばもっと彼女を好きになるかも。
海外セレブ
シェア
元祖お騒がせ女王、パリス・ヒルトンの自信に満ちた名言20
世紀のゴシップガールとして名を馳せた、パリス・ヒルトンの名言を一挙プレイバック♡
海外セレブ
シェア
危機一髪!ヘンリー王子、ポニーに噛まれそうになる
その瞬間のムービーを宮殿が公式にアップ。見ていたメーガンは、思わず笑ってしまったみたい!
海外セレブ
シェア
雑誌史上初!義足のスノーボード選手がグラビア撮影に挑戦
平昌パラリンピックにも出場予定のブレナ・ハッカビー選手が、「水着特集」に登場! そこに隠された深いワケとは…?
海外セレブ
シェア
「激しい体重変動は病のせい」ジジ・ハディッドが改めて公表
太りすぎとも、痩せすぎとも批判されたジジ。「どんな体型の自分も愛することが大切」とメッセージ。
海外セレブ
シェア
親近感!ウィリアム王子とキャサリン妃、王室でイケアを愛用
ジョージ王子とシャーロット王妃の部屋に、イケア家具を置いているんだとか!
海外セレブ
シェア
そんな若かったの!?「25歳以下」で結婚したセレブ13人
今となっては黒歴史、という人もちらほら…
海外セレブ
シェア
VIP割引は嘘?トランプ大統領が購入した婚約指輪の真実
メラニア夫人への指輪購入の際、ディスカウントを受けたと自慢していたけれど…。
海外セレブ
シェア
子宮摘出手術を受けたレナ・ダナム「子どもは諦めない」
「以前なら、"私にはもう選択肢がない"と考えていたでしょう。でも今は、実際にはまだ選択肢が残っていることを知っています」
海外セレブ
シェア
ウィリアム王子夫妻、今年も英国アカデミー賞に出席
キャサリン妃がセクハラ問題を意識した黒ドレスを選ぶのかにも注目…!
ドレスが被った!
海外セレブ
シェア
勝者はどちら?セレブのファッションガチバトル8選
同じドレスは着たくなかった…はず?