ダイアナ妃はバッグで「胸チラ」を回避していた!?

思わず納得の、ダイアナ妃とバッグの関係。

人気の記事

「世界で一番写真を撮られた女性」と言っても過言ではないダイアナ妃。レッドカーペットではとにかく見る人を魅了していた彼女は、カメラに向かって自分をどう見せれば良いのか、それ以上に自分をどう「見せてはいけないか」についても熟知していたと言えそう。

公式イベントには、いつもドレスと見事にマッチしたクラッチバッグを持参していたダイアナ妃だけど、コスモポリタン イギリス版によれば、口紅がやっと入るくらいの小さなバッグをわざわざ持つことにはもう1つ特別な目的があったのだそう。

ADの後に記事が続きます

ダイアナ妃のバッグ・デザイナーを務めていたアニヤ・ハインドマーチが『テレグラフ』紙に語ったによれば、ダイアナ妃はとても気さくで、時にはボディガードをつけずにふらっとアニヤのお店に立ち寄ることもあったのだとか。「小さなサテンのクラッチバッグをデザインする際、ダイアナ妃はそれを"谷間バッグ"と呼んで私たちを笑わせたものです。いつも車から降りるときに、バッグで胸の谷間を隠していましたよ」。

言われてみればたしかに…胸元がざっくり開いたドレスを着て車から降りる瞬間、あわよくばと思って撮影したであろうパパラッチの悪あがきもむなしく、ダイアナ妃はあらゆる写真で胸元をすかさずカバーしています。

ダイアナ妃はバッグで「胸チラ」を回避していた!?
ダイアナ妃
ダイアナ妃はバッグで「胸チラ」を回避していた!?

バッグを「多目的」に使う王室メンバーは他にも。エリザベス女王はスタッフに秘かにメッセージを送りたいときに、お気に入りのロウナーのバッグを用いるそう。バッグのハンドルを持つ手を変えれば「この会話を早く終わらせたい」というメッセージ。テーブルの上に置けば「緊急事態が起きたので5分以内に退席したい」というメッセージになるのだとか。

ダイアナ妃はバッグで「胸チラ」を回避していた!?

また、エチケット専門家のミカ・メイヤーさんによれば、キャサリン妃もクラッチバッグをある目的のために使っているよう。キャサリン妃は誰かと握手をするのが気まずい状況では、両手でバッグを持ち、さりげなく握手を回避するとのこと。

キャサリン妃

ロイヤルファミリーのレディーたちは、小さなバッグを決してお洒落だけのために持っているわけではなく、賢く使いこなしていることがわかりますね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Takako Fukasawa(Office Miyazaki Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
クロエ・グレース・モレッツ&ブルックリン・ベッカム 初レッドカーペット
海外セレブ
シェア
復縁は本当だった!?SNSでイチャつくクロエとブルックリン
破局して一時はフォローも外していた2人が、ここに来て復縁アピール♡
セレーナ・ウィリアムズ、体型差別について力強いメッセージ
海外セレブ
シェア
娘が同じ差別を受けたら…テニス選手が「母への手紙」を公開
そこには、自身が苦しんだ経験や、娘には自分のように体型批判を浴びてほしくないという率直な思いが…。
10日前までは飲食店勤務だった女子がNYFWモデルに レミントン・ウィリアムズ
海外セレブ
シェア
皿洗い中にスカウト!?NYFWで起きたシンデレラストーリー
つい数日前までバイトと学業に勤しんでいた普通の女の子が、突然のランウェイデビュー!?
海外セレブ
シェア
メーガン・マークルが同棲の準備!ヘンリー王子との愛の巣はどこ?
ヘンリー王子の住居だと予想されるけれど、将来的にはあそこに引っ越すのではという噂が…!
海外セレブ
シェア
いよいよ配信!レディー・ガガ、ドキュメンタリーで闘病生活も公開
Netflixでの独占配信が話題! 先日、公表した繊維筋痛症についてもコメントしているそう。
カイリー・ジェンナーの元彼が、姉キムのそっくりさんとデート!?
海外セレブ
シェア
え、カイリー・ジェンナー元彼が、姉キムとデート!?
え、そっくりさんなの!?…って、ややこしいわ!
海外セレブ
シェア
『ラ・ラ・ランド』女優エマが語る「不安障害と男女平等問題」
男女の平等性を訴えかける新作映画に出演するエマ。演技に全身全霊で打ち込むのには理由が…
ニコール・キッドマン、美しさの秘訣を明かす
海外セレブ
シェア
50歳、輝きを増すニコール・キッドマンが語った美の秘訣
今年のエミー賞でも初受賞するなど、活躍が止まらない…!
海外セレブ
シェア
愛と祈りを…「メキシコ大震災」に胸を痛めるセレブたち
またもメキシコを襲った大地震。メキシコに縁のあるセレブたちがメッセージを発信
海外セレブ
シェア
ニュースづくしの「第69回エミー賞」話題の瞬間9連発
テレビ界のアカデミー賞と称されるエミー賞は今年も大盛り上がり!