ジャスティン、無断で触れたスペイン人男性を殴打…

男性ファンの行きすぎた行動に怒り心頭のジャスティン。男性の顔からは出血も…。

人気の記事

熱狂的ファンの多いジャスティン・ビーバーが、ファンとの「ミート&グリート」をキャンセルしたのは今年3のこと。それからというもの、街中での写真を禁止したり、ファンとの距離を保とうとしてきた。そんなジャスティンがついに、ファンを殴ってしまったことで話題に…。

<TMZ>によると22日(現地時間)、バルセロナにあるライブ会場まで車で向かっていたジャスティン。大勢のファンが彼を一目見ようと会場近くに集まっていた中、後部座席に座ったジャスティンの車が現れた。そして車が近づいた途端、1人の男性ファンがジャスティンの方に手を伸ばした。彼は窓が開いていることに気づき、そのままャスティンにタッチ。するとジャスティンは「おいおい」と言った直後、男性ファンの顔面をパンチ! その一部始終がこちら。

ADの後に記事が続きます

男性ファンは顔から血を流していて、興奮気味。

その後行われたライブでは、ファンと「Q&A」を実施。「ファンとの関係は何?」との質問にこう答えた。

「みんなを良い方向へリードできる人になりたい。普通の人になりたいし、『あいつと共感出来る』と思ってもらえるようになりたい。ただそれだけだよ」

ファンを殴ってしまったジャスティンだけど、これまでの行動を見る限り、ある程度予測できたことかもしれない。

というのも、ファンとの「ミート&グリート」を「精神的に疲れる」ことを理由にキャンセルして以降、ジャスティンはファンとの向き合い方を本格的に変えてきたから。

5月:オフでの写真を禁止

街を歩いていると、あちらこちらからスマホのカメラで写真を撮られるため「動物園にいる動物のようだ」と言ったジャスティン。その後は撮影しようと近づくファンへはカメラを向けないようにお願いしている。

「ハイ、ジャスティン!」と話しかけるファンに「やめて」というジャスティン。しかしその後は5分ほど話をしてくれたそう。

カメラを見て、首を横に振りながら近づいてくるジャスティン。通り過ぎる時に「やめて」と言い、かなり怒っていたとのこと。

勝手に触れることもボディガードがやめるよう促した。

Justin didn't appreciate my vicious hug but I appreciated his presence #IsItTooLateNowToSaySorry ?????? @justinbieber

A post shared by Kailyn Ferrara (@kailyn_ferrara) on

「彼の顔にカメラを向けないで、強く触れないで」と注意するボディガード。

ADの後に記事が続きます

8月:インスタグラムを削除

当時の新しい彼女ソフィア・リッチーとの交際に反対したファンが、ソフィアのことを「ブサイク」などとコメントし、ジャスティンのアカウントが荒れた。「新しい彼女をリスペクトしてほしい」というジャスティンに、「それなら彼女の写真を載せるのをやめたら?」と元カノ、セレーナ・ゴメスも参戦。最終的にはジャスティンがアカウントを削除することに…。

10月:ライブ中に叫ぶことを禁止

イギリスでのライブで、ファンが叫び続けるため、話を聞いてくれていないと感じたジャスティン。

「僕の願いを聞いてくれる? 分かるよ、でも僕と君たちとは1メートルしか離れていないんだ。だからみんなの声はちゃんと聞こえてる。僕を愛してくれてて嬉しいよ。だけど他の方法でその愛を見せてほしい。叫び声は不愉快に感じてしまうんだ」

ジャスティンがお願いしても、相変わらず叫び続ける人やブーイングをする観客が多かったよう。それでもジャスティンは怒らず、ただお願いを続けた。

「分かるよ。人間はそういう行動をとるよう、植え付けられている。染みついるんだよね。ライブに行けば叫んだりする。でも歌を楽しんで、その後叫んで、最後は落ち着いて僕の話を聞いてほしい。僕が話している時は大声で叫ばないでくれるかな?」

別日にも同じく「叫ぶのをやめてほしい、会話がしたいんだ」とお願い。しかし、叫び続けるファンを前に、ジャスティンは怒りを我慢できず、ステージから降りた。しばらくしてからステージに戻り、このようにコメント。

「今日みんながどうして来てくれたのか分からないよ。僕が君たちと一緒に過ごす時間を楽しむように、僕との時間を楽しむためだといいな。僕は君たちと繋がりたいんだよ」

しかし、観客は叫び続き、ジャスティンは諦めたかのように「もう喋らないよ」と言った

一時期は裸足で街を歩いている様子や、木の上でぼーっと座っている姿などが目撃され、ファンは彼の精神面を心配していた。最近はそのような奇行(?)も報道されなくなり、どうやら落ち着いてきた様子のジャスティン。

今回の行動に関しては、もちろん殴ったことは問題だけど、1人の人間としてプライバシーや身の安全、「話を聞いてもらう」という、当たり前の人間としての権利を求めてた結果のよう。世界的人気を誇る彼だから、そう簡単に叶う願いではないかもしれないけど、上手い着地点が見つかることを祈るばかり…。

More from Cosmopolitan Japan:
ニコール・キッドマン、美しさの秘訣を明かす
海外セレブ
シェア
50歳、輝きを増すニコール・キッドマンが語った美の秘訣
今年のエミー賞でも初受賞するなど、活躍が止まらない…!
海外セレブ
シェア
愛と祈りを…「メキシコ大震災」に胸を痛めるセレブたち
またもメキシコを襲った大地震。メキシコに縁のあるセレブたちがメッセージを発信
海外セレブ
シェア
ニュースづくしの「第69回エミー賞」話題の瞬間9連発
テレビ界のアカデミー賞と称されるエミー賞は今年も大盛り上がり!
海外セレブ
シェア
腎臓移植を受けたセレーナに届いた、セレブからのエール
この夏、人知れず手術を受けていたセレーナ・ゴメス。その告白に勇気づけられたのはセレブたちも一緒だったみたい。
キャサリン妃
海外セレブ
シェア
キャサリン妃が紹介!「メンタル・ヘルス」って、なに?
「ただ会話をするだけで状況が良くなることもあるわ」
マドックス、アンジェリーナ・ジョリー、パックス
海外セレブ
シェア
長男マドックスが語った母「アンジェリーナ・ジョリー」の存在
わずか16歳で製作指揮官に抜擢されたマドックス、母アンジーと仕事をしてみて感じたこととは…?
海外セレブ
シェア
知ってた?ダイアナ元妃を支えた「2人の姉」の存在
最愛の妹ダイアナを失った、セーラとジェーンにフォーカス。
ジェニファー・ローレンスが休業宣言!?
海外セレブ
シェア
売れっ子女優ジェニファー・ローレンスが休業を発表!?
2年間の休業中、ジェニファーがしたいこととは…!?
海外セレブ
シェア
制服姿がキュート♡イギリス王室メンバーの初登校をプレイバック!
両親に付き添われて、あどけない表情を見せる王子&王女たち♡
海外セレブ
シェア
勇敢!自らのボディガードから女性パパラッチを守ったベラ
さすがベラ♡たとえ普段は迷惑をかけられていても、女性への乱暴な扱いは見過ごさない!