マライア・キャリーが破局の危機!?彼の嫉妬が原因か?

ギリシャ旅行で大喧嘩し、婚約破棄も囁かれる2人。原因はバックダンサー?

人気の記事

今年の1月にオーストラリア出身の億万長者ジェームズ・パッカーと婚約したマライア・キャリー。前夫ニック・キャノンとの間にもうけた2人の子供を交えて旅行をするなど、関係は良好。…と、思われていたけれど、数日前からマライアとジェームズは破局の危機にある」との報道が!

<ET>に話したマライアの代理人によると…。

先月のギリシャ旅行から関係が悪化し、以来、顔を合わせていません。原因は浮気でも、マライアの散財でもありません。ジェームズがマライアや家族のことを大切にしないことに耐えられず、マライアが別れを切り出しました。世界的に見ても、屈指のビジネスマンであるジェームズとマライアは関係を修復しようと努力していますが、パートナーとして関係を続けられるかはまだ分かりません。今はまだ話し合いの段階です。近々共同声明を出すでしょう

ADの後に記事が続きます

さらに、マライアに近い人物はこのように話している。

「ジェームズは精神的に不安定でした。そのため、マライアは彼の元を離れるしかなかったのです」

しかし、ジェームズの代理人は「"ジェームズが精神的に不安定になったことでマライアが別れを決意した"という報道はウソ!」だと反論。さらには、マライアの代理人が出したコメント内容もすべてウソだと言っているそう。…ということは、ジェームズは2人の関係は良好だと思っているということ? それともフラれたということが事実ではないと主張しているの?

ジェームズに近い人物によると「事実を捻じ曲げるのはマライアらしいよ。問題は彼女の方にあった。ジェームズは変わり者だけど、すごくいいヤツなんだ」とか。

ちなみに、現地メディアは「2人は確かに不仲であり、しかもその原因は、マライアとバックダンサーであり振付師であるブライアン・タナカの仲が良すぎることにある」と報道。ブライアンがマライアのプライベートジェットに乗ったり、ライブ中にセクシーに絡み合うダンスを披露することにジェームズが嫉妬したのでは…というのだ。

#ComplexMagazine #MariahCarey 🙌🏼🔥🙏🏼🔥🙌🏼 7•27•2016

A post shared by Bryan Tanaka (@bryantanaka) on

2人の親密さを見るに耐えられなくなったジェームズが、マライアがパフォーマンスを行ったラスベガスの「シーザーパレス」からブライアンを立ち入り禁止にした、なんて話も。どこまでが真実かは分からないけど、しばらくは冷戦状態が続くかも…?

More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
かっこいい!90年代の「元祖スーパーモデル」がランウェイに集結
スタンディングオベーションが起こった話題の演出をプレイバック!
海外セレブ
シェア
「世界一美しい」と呼ばれた少女が、ランウェイに登場!
4歳でランウェイデビュー、6歳で有名誌の表紙を飾り、フランス国内外で話題になったティラーヌ。そんな彼女がランウェイに登場!
海外セレブ
シェア
女王の代理がコメント!メーガンとの交際は「素晴らしい」
忙しい合間を縫って、ヘンリー王子がメーガンの撮影現場を訪れていたことも判明!
海外セレブ
シェア
夢みたい♡サラ・ジェシカ・パーカーのNYツアー販売!
サラが似合う靴を選んでくれるって…羨ましい!
カイリー・ジェンナーが女の子を妊娠!?
海外セレブ
シェア
20歳のカイリー・ジェンナーに妊娠報道!気になる性別は…!?
2月に出産予定。交際して約半年の恋人トラヴィス・スコットも大興奮!
海外セレブ
シェア
初2ショットなるか?ヘンリー王子&メーガンが公の場に!
婚約間近と噂される2人がスポーツイベントに出席!
メーガン・マークル元夫のドラマは「元妻がイギリス王子と結婚」
海外セレブ
シェア
メーガン・マークル元夫の新ドラマは、元妻が王子と結婚!?
ヘンリー王子と結婚秒読みのメーガン。元夫の映画プロデューサーが手掛ける新ドラマが…
ソフィア・ベルガラの息子がイケメンすぎると話題に♡
海外セレブ
シェア
ソフィア・ベルガラのイケメンすぎる息子(26)が話題に!
ネットでは、イケメン息子に恋に落ちた人が続出♡
クロエ・グレース・モレッツ&ブルックリン・ベッカム 初レッドカーペット
海外セレブ
シェア
復縁は本当だった!?SNSでイチャつくクロエとブルックリン
破局して一時はフォローも外していた2人が、ここに来て復縁アピール♡
セレーナ・ウィリアムズ、体型差別について力強いメッセージ
海外セレブ
シェア
娘が同じ差別を受けたら…テニス選手が「母への手紙」を公開
そこには、自身が苦しんだ経験や、娘には自分のように体型批判を浴びてほしくないという率直な思いが…。