癌をキッカケに親友への想いに気づいた女流作家

『食べて、祈って、恋をして』の著者が、親友の最期を看取る決意をした。

人気の記事

都会での生活に満たされないものを感じたヒロインが、自分探しの旅に出る」という内容が世界中の女性からの共感を得た『食べて、祈って、恋をして:女が直面するあらゆること探究の書』ジュリア・ロバーツ主演で映画化もされた同作だが、著者のエリザベス・ギルバートが書中でも登場するバリで出会った夫と7月に離婚したことで話題に。

ADの後に記事が続きます

当初は、理由を詳しく明かすことなく「友好的な別れで、理由はとてもプライベートなことです」とだけ発表。しかし今週、元夫との離婚はひとりの女性との恋愛が原因だったことを告白。

その女性とは、15年来の親友で作家のレイヤ・エライアスのこと。交際前からレイヤがエリザベスのことを「妻」と呼ぶほど仲が良かったふたりだったが、今年の春にレイヤが癌を患っていることが発覚。不治の病を抱える親友を前に、はじめてエリザベスは本当の気持ちに気づくことができたのだと、Facebookで明かした。

「レイヤの病気を知ったとき、私の心の奥にあった扉(今まで扉があったことにも気づいていませんでした)が開くのを感じました。それからは、私の人生の中心は彼女になりました。キャンセルできることは全てキャンセルし、彼女に寄り添って今もずっと一緒にいます

「死は、これまで存在していた嘘を全てクリアにしてくれます。私は現実を突きつけられたのです。単に彼女を愛しているのではありません。私は、彼女に心を奪われています。その真実を否定する時間はありません。彼女にこの気持ちを知らせずに、そして私も知らずに、彼女の手を握り最期をベッドの横で看取っていたかと考えると、気を失いそうな気持ちになりました。真実を一度知ってしまうと、もう後戻りはできません。自分の本当の気持ちに気付いたからには、無視することはできないんです

「私は彼女を愛し、彼女は私を愛してくれています。私は、彼女のパートナーとして、癌との道のりを一緒に歩んでいきます。今、いるべきところに私はいます。この場所以外に私の居場所はありません」

自分の気持ちに正直に、新たな道を歩むことを決めたエリザベス。たとえ不治の病という壁が立ちはだかろうとも、寄り添い合って後悔のない人生を歩むことを決意した2人の姿は美しい。

More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
セレブが夢中!自分にそっくりな絵画が見つかる最新アプリ
結果はちょっと微妙かも…(笑)
似てる!グレース・ケリーの孫がSNSで話題に
海外セレブ
シェア
似てる!グレース・ケリーの孫がSNSで話題に
彼女がグレース妃から受け継いだのは…
海外セレブ
シェア
心もイケメン…♡人気俳優が、公園で拾った子犬を保護
過去には飼い犬と一緒にレッドカーペットを歩くなど、愛犬家で知られるトム・ハーディ。
海外セレブ
シェア
当時の秘話が明らかに!女王戴冠式にまつわる真実8
重い王冠を落とさないよう、下も向けずに3時間…!?
アジアンルーツを持つセレブ13人
海外セレブ
シェア
この人も!?実はアジアンルーツを持つ12人のセレブたち
日本、中国、フィリピンなど、アジアとの繋がりがあるセレブをご紹介!
海外セレブ
シェア
えっ、セレブがGG賞のドレスをネットオークションに出品!?
<eBay>で間もなくスタート!憧れセレブのドレスが手に入るかも!?
セレーナとニック・ジョナスの"最悪だったデート"
海外セレブ
シェア
セレーナが暴露!元彼ニック・ジョナスとの「最悪デート」
ティーンの頃に交際してた2人には、ほろ苦い思い出があるようで…(笑)
海外セレブ
シェア
キーラ・ナイトレイ、現代が舞台の映画には出演しない!?
時代ものの映画に多く出演しているキーラ。その理由は描かれる女性像にあった!
海外セレブ
シェア
愛に溢れたパワーウーマン、ミシェル・オバマの格言25
世界を魅了し続ける、前大統領夫人ミシェル・オバマの力強い言葉をご紹介!
性的虐待被害を告白した体操選手に罰金の可能性が!? マッケイラ・マロニー ラリー・ナサール被告
海外セレブ
シェア
「性的虐待を証言」で罰金!?セレブたちが被害者のサポートを表明
裁判での証言は「秘密保持契約」違反!? この事態にセレブが「罰金は私が代わりに払うわ」。