癌をキッカケに親友への想いに気づいた女流作家

『食べて、祈って、恋をして』の著者が、親友の最期を看取る決意をした。

人気の記事

都会での生活に満たされないものを感じたヒロインが、自分探しの旅に出る」という内容が世界中の女性からの共感を得た『食べて、祈って、恋をして:女が直面するあらゆること探究の書』ジュリア・ロバーツ主演で映画化もされた同作だが、著者のエリザベス・ギルバートが書中でも登場するバリで出会った夫と7月に離婚したことで話題に。

ADの後に記事が続きます

当初は、理由を詳しく明かすことなく「友好的な別れで、理由はとてもプライベートなことです」とだけ発表。しかし今週、元夫との離婚はひとりの女性との恋愛が原因だったことを告白。

その女性とは、15年来の親友で作家のレイヤ・エライアスのこと。交際前からレイヤがエリザベスのことを「妻」と呼ぶほど仲が良かったふたりだったが、今年の春にレイヤが癌を患っていることが発覚。不治の病を抱える親友を前に、はじめてエリザベスは本当の気持ちに気づくことができたのだと、Facebookで明かした。

「レイヤの病気を知ったとき、私の心の奥にあった扉(今まで扉があったことにも気づいていませんでした)が開くのを感じました。それからは、私の人生の中心は彼女になりました。キャンセルできることは全てキャンセルし、彼女に寄り添って今もずっと一緒にいます

「死は、これまで存在していた嘘を全てクリアにしてくれます。私は現実を突きつけられたのです。単に彼女を愛しているのではありません。私は、彼女に心を奪われています。その真実を否定する時間はありません。彼女にこの気持ちを知らせずに、そして私も知らずに、彼女の手を握り最期をベッドの横で看取っていたかと考えると、気を失いそうな気持ちになりました。真実を一度知ってしまうと、もう後戻りはできません。自分の本当の気持ちに気付いたからには、無視することはできないんです

「私は彼女を愛し、彼女は私を愛してくれています。私は、彼女のパートナーとして、癌との道のりを一緒に歩んでいきます。今、いるべきところに私はいます。この場所以外に私の居場所はありません」

自分の気持ちに正直に、新たな道を歩むことを決めたエリザベス。たとえ不治の病という壁が立ちはだかろうとも、寄り添い合って後悔のない人生を歩むことを決意した2人の姿は美しい。

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
素敵!ビヨンセ、女子大生へ「奨学金プログラム」開設
昨年発表した曲「フォーメーション」の名前を付けた「フォーメーション・スカラーズ」!
海外セレブ
シェア
趣味は乗馬!でも…キャサリン妃は馬が苦手!?
馬と関係の深いイギリス王室。克服するために要した期間は4年!
海外セレブ
シェア
ジジおめでとう♡ゼインとの誕生日キスショットを披露
ベラやカーリー・クロスもこぞってお祝い♡
海外セレブ
シェア
理想の2人…♡夫婦で「プラダを着た悪魔」を完コピ
クリッシー・テイゲン、夫のジョン・レジェンドと本気で再現ごっこ!
海外セレブ
シェア
アシュトン・カッチャー、妻ミラ・クニスへの想いを語る♡
子供を持つこと、親でいることは「人格形成の素晴らしいレッスン」!
海外セレブ
シェア
微笑ましい♡オーリーが元妻ミランダの誕生日を祝福!
愛息子フリン君お手製のウッドボードが素敵♡
海外セレブ
シェア
新MVに期待!「ケイティ・カーダシアン」が誕生!?
ブロンドのウィッグをつけてケイティ・ペリーがなりきったのは、あのお騒がせ一家!
海外セレブ
シェア
共演男性の4分の1!?女優が告白した「ギャラの不公平」
ハリウッドにおいて、共演男優と同額のギャラを受け取る方法とは……?
海外セレブ
シェア
セレブも気になる?「イケてる私」検索したケイティ・ペリー
大スターだって、いつも完璧でセクシーなわけじゃない!
キャサリン妃が子育ての寂しさを吐露
海外セレブ
シェア
「孤独だった」子育て中にキャサリン妃が感じてきた葛藤とは?
「自分が世間から孤立しているように思うこともありました」