ケイトリン・ジェンナーが告白「自殺が頭をよぎった」

『自殺してしまえば、これ以上苦痛を感じなくていい』と考えたのはバカだった。

人気の記事

カーダシアン家の一員で、トランスジェンダー女性のケイトリン・ジェンナーが、一度だけ自殺を考えたことがあると、アメリカのトーク番組「Any Given Wednesday with Bill Simmons(原題)」で告白した。

2014年、喉仏を切除したケイトリンが病院から出てきた瞬間をパパラッチに撮られたのだそう。ケイトリンは次の日のタブロイド紙にその写真が掲載されることに耐えられなくなり、自殺が頭をよぎったのだとか。

ADの後に記事が続きます

「その晩は眠れなかった。夜中の3時に家の廊下を何度も歩きながら、『明日あの写真が出ちゃう、どうしよう。最悪だわ』って思った。それでこう考えちゃったの。『もういいわ、簡単に解決しちゃおう。隣の部屋に行けば銃がある。人生を終わらせよう』ってね。本当に、ただ『簡単に』って思っちゃったの。『自殺してしまえば、これ以上苦痛を感じなくていい。もうタブロイド紙の相手もしなくてよくなる、もう苦しみも終わる』、そう考えたの。あの瞬間が、きっと人生で一番最低な考えをしたときだわ」

しかし、ケイトリンは疲れ果てて寝むってしまった翌朝「何てバカなことを考えたんだ」と思ったそう。

「朝になってこう思ったの。『ひどい人生の終わらせ方だわ! 暗い話題を最後に人生終わらせたくない』って。それがターニングポイントとなって『私になら、できるはず』と思えるようになった

実際にケイトリンの手術後のニュースは、「見た目を気にしすぎ」というタイトルでおもしろおかしく書かれてしまったそう。

しかし、苦難を乗り越えた今は、とてもシンプルな人生を生きられると話す。

「ラスベガスには長年通ってた。女装をして、外出して…喋ったら声で正体がバレてしまうから、話せなかったけど。ただ、自分らしく過ごせた。でもそのために、スーツケースを2個持って行ってたし、マニキュアを付けたり取ったりと、人生がすごく複雑だったの。でも最近ラスベガスに行ったときは、1つのスーツケースだけでよかったし、ホテルにいた人たちとセルフィーを撮って、自分らしく生きられてるって感じたわ。本当にシンプルなのよ!」

トランスジェンダーの人のいじめや自殺率は非常に高い。ケイトリン自身も自殺を考えた1人だけど、家族のサポートもあり、今は自分らしく生きている。さらに、LGBTの理解を広めようと熱心に活動を続けている。

まだまだ、一般的に理解がされていない時代だからこそ、セレブが前例を作り変化を全て世間に見せることにきっと意味がある。

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
「別れてもリスペクト」し合う、セレブカップル8組!
海外セレブ
シェア
別れてもお互いをリスペクト!素敵な「元恋人」セレブ8組
大人だ…
セレブも驚き!結婚式で9800万円のドレスを着た令嬢 ヴィクトリア・スワロフスキー
海外セレブ
シェア
セレブ超え!?贅を尽くしたスワロフスキー令嬢の結婚式
ウェディングドレスに使用されたのは50万個のスワロフスキー。お値段なんと9800万円相当!
海外セレブ
シェア
マドンナ、息子の名門サッカーチーム入団のためポルトガル移住へ
母親を幼くして亡くしたマドンナは、「自分の子供には、ベストを尽くしてあげたい」と考えているよう。
海外セレブ
シェア
オルセン姉妹以外にも!「双子」セレブ6組
アシュトン・カッチャーやスカーレット・ヨハンソンも!
高層マンション火災での消防士の活躍を労うアデルと王室
海外セレブ
シェア
英マンション火災で活躍した消防士をアデルがサプライズ訪問!
前例のない火災を前に、命を賭して人命救助に励んだヒーローたちを労わるセレブと皇室たち。
海外セレブ
シェア
キム・カーダシアン、3人目の子どものため「代理母」と契約
子どもを願い子宮の手術にも挑戦したキム、「代理出産」に望みをかける
海外セレブ
シェア
コンプレックスを抱える一般女性が「下着撮影」に挑戦!
自分のカラダに自信のない女性4名を勇気づけたアシュリー・グラハム。その方法とは…
海外セレブ
シェア
セレブ界のパワーカップル♡ゼインとジジの私生活って…?
元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクが、恋人のジジ・ハディッドとの日常について告白♡
海外セレブ
シェア
王子と順調交際!メーガン・マークルの指輪の意味とは?
しかも、ハリー王子のイニシャル入り!
海外セレブ
シェア
参列者が豪華すぎ!ピクシー・ゲルドフの極秘ウェディング
アレクサ・チャンがブライズメイド!? 「ワン・ダイレクション」のメンバーの姿も…