女優が受けたヒドすぎる黒人差別。仕事仲間がサポート

「今夜、私は涙を流しながら、悲しい心を持ってtwitterを去ります」

人気の記事

コメディアンからスタートし、今は女優業もこなすレスリー・ジョーンズ。映画『ゴーストバスターズ』(日本では819日公開予定)でパティ・トランを演じている、今大注目の女性。そんな彼女が黒人差別のターゲットになり、twitterをやめると宣言させるまでの騒動に。

実は以前から彼女はターゲットになっていた。海外ではすでに公開されている『ゴーストバスターズ』だが、公開前からメインキャストが全員女性だということに批判的コメントが集中し、youtubeで公開された予告編には90万以上の低い評価がされた。これはyoutube史上もっとも最低評価を受けた予告編。

ADの後に記事が続きます

多方から批判のターゲットとなっていたこの映画とレスリー。

すでにレスリーへの差別的ツイートはほとんどが通報され削除されているが、まだスクリーンショットと共にレスリー自身がツイートしたものが残っている。

ゴリラと比べられたり、

「分厚い唇のcoon(黒人の差別用語)」と言われたり、

容姿を罵倒するツイートも…

「品がない

洗練されていない

このレスリー(コング)は

変な顔」

レスリーはこれらに対しこのようにツイート。

「エイプ呼ばわりされ、お尻の写真を送られ、私の顔に精液をかけた写真が送られた。人間とは何か考えている。もうイヤ」

ADの後に記事が続きます

「ほとんどが無知な子供が書いたようなコメント。『私がエイズの根源』!? どういうこと。みんな自分たちのことが嫌いなのね」

「こんなにも他人を嫌えるってことは自分のことも嫌いってことでしょ。私は最低な日だと思うときでも、こんなに人を憎むことはできないから」

「どう感じたらいいのか分からない。何も感じない。本当に感覚がない。言葉、写真、動画を見てる。動画よ? ヘイト(憎しみ)を拡散するためにわざわざ時間をかけたということよ」

「俳優は人間じゃないと思いたいんでしょう。でも考える機会を与えるわ。私は情熱だけでこの仕事を続けているの」

「私はあなたが思っている以上にリアルな人間なの。一生懸命頑張ってる。大好きなことをやりたいって夢を持っているあなたと何の変わりもない」

ADの後に記事が続きます

「私は人よりも優れているとか特別だと言ったことはない。ただ仕事でベストを尽くしてるだけ。みんなも同じでしょ? だからすごく傷つく」

「変化していると考えていた私はウブだった。私たちの暮らす世界ではまだ『black lives matter(黒人の命も大切)』と言わなければならない」

「私は疲れた。どうしてまだ争わなきゃいけないの? 私は憎みたいけど、できない。だって憎んでも何も解決しないし、ただ悲しくなるだけだから」

「今夜、私は涙を流しながら、悲しい心を持ってtwitterを去ります。すべては私が映画に出演したから。映画を嫌ってもいいけど、今日私がされたことは…間違ってる」

この投稿を受けて、俳優仲間やファンがハッシュタグ「#LoveForLeslieJ(レスリーJへ愛を)」を付けて、レスリーをかばうツイートをした。

『ゴーストバスターズ』の監督ポール・フェイグ:

「レスリー・ジョーンズは私が知っている素晴らしい人物の1人。彼女への個人攻撃は私たち全員への攻撃です」

ADの後に記事が続きます

黒人女優のジェイダ・ピンケット=スミス:

「頭を上げて、輝いて!」

クリッシー・テイゲンは自身が受けた差別ツイートを紹介:

「私のも紹介するね。アペタイザーだと思って…」

ツイートの中身は「クリッシーは白人発明を使い、白人地区で暮らしてる。夫は人種差別主義者で、2人で白人の生活をしている」というものだった。

この騒動を受け、普段は個々の問題に関して直接意見を述べることがないtwitter社もコメント

「このような虐待的な行為はtwitterでは許されません。すでにレスリーや他のユーザーから通報を受けたアカウントにはしかるべき対処をいたしました。現在はみなさんの通報に頼っている状態ですが、悪質ツイートを防ぐツールやシステム強化に重点を置いています」

一向になくなる気配がない差別やいじめ。中でもSNS上では顔が見えないためか、何の躊躇もなくヘイトを表すことが多いよう。言われた人も、読んだ第三者も悲しい気持ちになるだけなのに。

「今一番必要がないものはヘイト、いかなる種類のものであれ」"

More from Cosmopolitan Japan:
ジジ・ハディッドがヴィクシーショー取りやめ!
海外セレブ
シェア
ジジ・ハディッド、ヴィクシーショー直前で「出演キャンセル」
アジア初の開催となる上海でのショーに、ジジをはじめ参加できないモデルが続出!?
海外セレブ
シェア
【前編】『reputation』リリースからのテイラーの7日間に密着
新作アルバムとともに、ツアー日程も発表!テイラー・スウィフトのライブで良席をゲットする方法とは…!?
海外セレブ
シェア
美人キャラはもう嫌?アンバー・ハードの作品選び
役柄が「美しく謎めいた女性」なら、その脚本は捨ててもOKとコメント!
海外セレブ
シェア
男前すぎる!人気ラッパーがステージから「痴漢」を非難!
女子を守った人気ラッパーのドレイクに、ファンは喝采!
約70年前の1948年、エリザベス女王は第一子となるチャールズ皇太子を出産し、母親になった。その後1950年に長女のアン王女を出産し、さらに2年後の1952年にイギリス連邦王国の女王に即位した。英国女王として公務に邁進し続けたエリザベス女王は、少し落ち着けるようになった1960年に次男のアンドルー王子、そしてその4年後に三男のエドワード王子を授かり、国民に母親としての一面も見せてきた。エリザベス女王の治世を描いたNetflixの人気ドラマ『ザ・クラウン』は12月からシーズン2が始まるが、この新シーズンでは戴冠後約10年目を迎えた女王とともに家族との生活についても描かれる模様。新着エピソードに先立ち、4人の子供を持つ母親としてのエリザベス女王にフォーカス!
海外セレブ
シェア
4人の子育てをしたエリザベス女王。どんな母親だったの?
ひとり娘のアン王女は、エリザベス女王からファッションついてアドバイスをもらっていたそう!
海外セレブ
シェア
お茶目すぎる41歳!?ザ・ロックに次ぐ「最もセクシーな男性」
アダム・レヴィーンと大親友のカントリー歌手ブレイク・シェルトンを大解剖♡
海外セレブ
シェア
日めくり!セレブの「誕生日カレンダー」 ~11月下半期編〜
パワフルに活躍する女性セレブが名を連ねる、11月後半生まれさんをご紹介♡
海外セレブ
シェア
歴史が動く!?オーストラリア国民の圧倒的多数が「同性婚に賛成」
世界も驚いた国民投票の結果に、マイリーやサム・スミスなどセレブも大喜び!
史上最も高価なドレス
海外セレブ
シェア
最高5億円越え!?史上最も高価なセレブのドレス13選
この値段に見える? 見えない?
海外セレブ
シェア
気品に満ちた美女、グレース・ケリーが残した格言11
トップ女優からモナコ公妃となった憧れヒロイン。そのエレガントなファッションにもご注目♡