愛溢れてる…♡P!NKが語った家族エピソードがステキ

意外すぎるP!NKの素顔。

人気の記事
ADの後に記事が続きます

3年振りにリリースしたシングル「ジャスト・ライク・ファイア」が大ヒット中のP!NK(ピンク)。同曲は映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の主題歌でもあり、ミュージック・ビデオでは映画の世界観を存分に表現している。

そんな見事な活躍を果たしているP!NK(ピンク)がアメリカの情報番組に出演。ミュージック・ビデオにも出演している4歳の愛娘ウィロウちゃんとのエピソードや夫ケアリー・ハート、そして家族観について話した。

インタビューアーに、3年間何をしていたのかと問われると、意外にも、手作りのお菓子などを売るベイク・セールに多く参加していたと答えた。

母親をするのはすごく楽しいわ。昔、幸せな家庭を築くって決めたの。それが私の人生の中で1番の目標なのよ"

と話し、家族のために働くこと、ママを楽しんでいる様子が伝わってくる。

2人目の子供を考えているか、という質問に対しては「もう子どもは2人いるようなものよ。3人目も欲しいわ」「彼は最高な夫とパパだけど… 2人目の子どもでもあるわ」とジョークを交えながら答え、円満夫婦ぶりが伺えた。

さらに、ウィロウちゃんとのキュートな裏話も。

「ウィロウは新曲を気に入ってるわ。これまで直接好きだと言われたことはなかったし、新曲についても直接言われたのではないけど、分かるの。だって私の歌声を耳障りだと思ってるのよ。2歳だったときに、『しー、ママ。ひどい声』と言われた。だいたい、どこで『ひどい』って言葉覚えたのよ? つい言い返したわ『ママはあなたを妊娠してたとき1位取ったんだから!』って。そしたら娘は『はいはい』って感じで呆れてたわ」

すでに肝が座った娘とのやり取りが微笑ましい。

別番組ではジョニー・デップの大ファンであることを明かし、ジョニーがサプライズで登場したときには赤面し、話せなくなってしまったことも。

派手な外見で、ちょっと怖い女性にも見えるが、とてもチャーミングな一面を持つP!NK

家族観は人それぞれだけど、P!NKのように夫を支え、子どもと言い合いができる家族はすごくステキ♥

More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
【前編】『reputation』リリースからのテイラーの7日間に密着
新作アルバムとともに、ツアー日程も発表!テイラー・スウィフトのライブで良席をゲットする方法とは…!?
海外セレブ
シェア
美人キャラはもう嫌?アンバー・ハードの作品選び
役柄が「美しく謎めいた女性」なら、その脚本は捨ててもOKとコメント!
海外セレブ
シェア
男前すぎる!人気ラッパーがステージから「痴漢」を非難!
女子を守った人気ラッパーのドレイクに、ファンは喝采!
約70年前の1948年、エリザベス女王は第一子となるチャールズ皇太子を出産し、母親になった。その後1950年に長女のアン王女を出産し、さらに2年後の1952年にイギリス連邦王国の女王に即位した。英国女王として公務に邁進し続けたエリザベス女王は、少し落ち着けるようになった1960年に次男のアンドルー王子、そしてその4年後に三男のエドワード王子を授かり、国民に母親としての一面も見せてきた。エリザベス女王の治世を描いたNetflixの人気ドラマ『ザ・クラウン』は12月からシーズン2が始まるが、この新シーズンでは戴冠後約10年目を迎えた女王とともに家族との生活についても描かれる模様。新着エピソードに先立ち、4人の子供を持つ母親としてのエリザベス女王にフォーカス!
海外セレブ
シェア
4人の子育てをしたエリザベス女王。どんな母親だったの?
ひとり娘のアン王女は、エリザベス女王からファッションついてアドバイスをもらっていたそう!
海外セレブ
シェア
お茶目すぎる41歳!?ザ・ロックに次ぐ「最もセクシーな男性」
アダム・レヴィーンと大親友のカントリー歌手ブレイク・シェルトンを大解剖♡
海外セレブ
シェア
日めくり!セレブの「誕生日カレンダー」 ~11月下半期編〜
パワフルに活躍する女性セレブが名を連ねる、11月後半生まれさんをご紹介♡
海外セレブ
シェア
歴史が動く!?オーストラリア国民の圧倒的多数が「同性婚に賛成」
世界も驚いた国民投票の結果に、マイリーやサム・スミスなどセレブも大喜び!
史上最も高価なドレス
海外セレブ
シェア
最高5億円越え!?史上最も高価なセレブのドレス13選
この値段に見える? 見えない?
海外セレブ
シェア
気品に満ちた美女、グレース・ケリーが残した格言11
トップ女優からモナコ公妃となった憧れヒロイン。そのエレガントなファッションにもご注目♡
海外セレブ
シェア
勝手に修正しないで!ルピタ・ニョンゴが雑誌に抗議
「黒人女性の肌色、ヘアスタイル、テクスチャーに対する無意識な偏見をなくすには、まだまだ道のりは長い」