男性に18%多く請求!?男女の賃金格差を訴えるカフェが話題

同じ1杯のコーヒーが性別によって金額が違う!? とあるカフェの斬新なシステムに議論が白熱!

人気の記事

オーストラリアはメルボルンにある、とあるカフェが話題を呼んでいる。その理由は美味しいコーヒーが頂けるから…だけではなく、「客の性別によって料金や待遇が異なる」から。

カフェの名は「Handsome Her(ハンサム・ハー)」。女性のための活動を進めるアクティビストであるアレックス・オブライエンさんが経営するこの店は、「女性が考えた女性のためのカフェ」をコンセプトにしているそう。そのポリシーが反映されているのは店名だけではないようで…!

ADの後に記事が続きます

このカフェで働くのは女性のみで、席に案内されるのも女性客が優先。さらに同じコーヒーに対して、性別によって価格が異なるというシステムをとっている。その金額差は18%で、男性の方がより高い金額設定。これは、男女の賃金格差を多くの人に考えてほしいという思いから始めたことなんだとか。

これでは男性客の足が遠くのでは…と思うけれど、毎日値上げをしている訳ではなく、毎月1週間のみの限定システム。さらに、実は18%にあたる70セント(約60円)の支払いに強制力はなし。また、男性が多く支払った分はすべて「Elizabeth Morgan House Aboriginal Women's Service」という先住民女性や子どもをサポートする団体に寄付されるそう。

アレックスさんによると「これまでに支払いを拒否した男性はいない」とのことだけど、このような性別による待遇の差に対して「逆差別だ」という声も上がっているよう。

とある女性はこのようにコメントしている。

「私は賛成できないわ。女性には女性の友人しかいないという前提になっているけれど、私は男性の友人も多いの。彼らと一緒だった場合も、席に案内してもらえるのかしら?」

他にも「この区別がさらに男女の格差を広げ、差別を助長するものだと思うわ」という女性の声も。一方で、このカフェの活動に賛同している男性もいる。

「私は男ですが、まったく問題ないと思います。女性が女性だけの場を持ち、ルールを決めるのならば、それは自由なのでは」

「ルールが気に入らないのであれば、別のカフェに行けばいいだけのこと」と言う男性も。

ちなみにこのカフェ、ジェンダーギャップに関する活動を進めるアレックスさんが手がけているだけあり、内装にもこだわりがたっぷり。壁には女性活動家の写真が飾られていたり、生理用品がモチーフになった絵も飾られている。ポリシーを掲げ貫くカフェとして、思想に賛同する女性たちから高い支持を得ているようだ。

中には、女性器が描かれた石も!

日本においても無関心ではいられない男女賃金格差。カフェのあからさまな区別は賛否両論を呼んでいるものの、これまで無関心だった人たちに少しでも考えてもらうキッカケをつくり、議論を活性化したというのであれば、それこそがアレックスさんが求めていたことに違いない。

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
違和感ありすぎ!有名セレブの本名16連発
海外セレブ
シェア
ギャップがすごい!人気セレブの本名16連発
「ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ」って…誰?
エンタメニュース
シェア
年齢の壁を破る!バスケに青春を捧げるおばあちゃんが素敵
オーバー80の女性から成るバスケチーム。最高齢選手はなんと91歳!
映画
シェア
『ワンダーウーマン』の後に、『アナ雪』を見て思うこと。
「みんな辛いのよ」と語りかけ、辛いままの現実を生きる勇気と共感だけを与えちゃったりする、いわゆる「エルザの功罪」。
カーダシアン家の撮影秘話
海外セレブ
シェア
誕生秘話も!カーダシアン一家が明かす「リアリティ番組の裏側」
今年で10周年を迎える『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の裏側を本人たちが大暴露!
エンタメニュース
シェア
新生ヒロイン♡『ワンダーウーマン』主演ガル・ガドットに迫る!
女優、モデル、二児の母とリアル・ワンダーウーマンなガルに注目!
海外セレブ
シェア
海賊姿で!ジョニー・デップ、病気と戦う子供たちにエール
昨年のロンドンに続き、実は二度目の小児病棟訪問となった今回。
スマホをいじりSNSに夢中な学生たち
インターネット
シェア
中国の大学に「インフルエンサー育成学科」が誕生!?
SNS時代も、ついにここまで来たか…
海外ドラマ『フレンズ』の登場人物で、一番コーヒーを飲んだのは誰?/いつものカフェに集まるフレンズのメンバー
テレビ
シェア
『フレンズ』の登場人物で一番コーヒーを飲んだのは誰?
レイチェル?それとも…
海外セレブ
シェア
今日は誰が生まれた日?セレブの誕生日~8月下半期編~
伝説のエンターテイナーが名を連ねる! 8月後半生まれのセレブをチェック♡
エンタメ情報
シェア
脊髄反射の愛され大怪物、女優「サラ・ベルナール」
言いたい放題やりたい放題で、キレたら梃子でも動かない。そんな彼女が誰からも愛された理由とは。