「歩くのも辛かった」女性が、フィットネススターに…!

わずか1年で!

人気の記事

2015年に両親が同時に病に倒れたときは、サンフランシスコで117時間労働の日々を送っていたサラ・セイポラさん(38歳)。マーケティングと広告の仕事で忙しく、長らく私生活を顧みることを怠っていたため、ニューヨークの両親の元に戻ったときは、駐車場から病院までの1ブロック半を歩くことさえままならなかったのだとか。この出来事から自分のライフスタイルを見つめ直し、フィットネスクイーンとなるまでの歩みを、セイポラさんがコスモポリタン アメリカ版に語ってくれました。

進歩や成長はインスタグラムの写真のようにキラキラしている必要はありません

ADの後に記事が続きます

「ひざも、エネルギーレベルも、腰も…すべてうまくいっていませんでした。いつもうっすらとした痛みがありましたが、それが普通だったので、気にもしていませんでした」というセイポラさんは、大人になってからほとんど体を動かしていなかったのだとか。「自分の体が機能していないという認識は、同じくうまく行っていない人生の他の側面についても目を向けるきっかけになりました」。キャリアと恋愛の板挟みになって、他のこともうまくいかない状況だったそう。

そこで、徹底的にライフスタイルを見直すことにした彼女。高負荷のワークアウトを始めると、強さや自信を身につけ、<Instagram>への投稿開始から11カ月で129千人のフォロワーを獲得(最初は@GreaterAt40のアカウントで始め、現在は@SarahSapora)。そして、916日には、生まれて初めてロサンゼルスでボディポジティブ・ワークショップを主催するまでに。

生活を見直すきっかけになったのは、自分自身の体の限界と母親の突然の病だったものの、実際にカリフォルニアに戻り、行動を開始するまでには数カ月かかったそう。「(その頃には)困難なことに身を投じ、自分を成長させようという心の用意がしっかりできていました。最初の一歩は完全に精神的なもので、自分が今と違うようになれば、違う人生が待っていると(本当に)信じることでした」と当時を振り返る。

ご両親の入院でヘトヘトになったセイポラさんは、カリフォルニアに帰るとコンサルタントとして独立することを決意。「上司の夢を実現するためのお手伝いをする以上のことが何かしたかったんです。私はこの地球が、自分が最初に見たときよりも良くなっているようにしたいんです」。それから、心の成長に効果的と彼女がすすめる、瞑想をベースにしたクンダリーニ・ヨガも始めたそう。

Just show up. I say this all the time, but do you understand what I mean? I had a challenging night last night, I was overwhelmed and hanging out with my fear pretty close. I needed help sleeping, because each time I slowed my mind enough to breathe and say "faith" and "surrender" to myself, tears choked my mind and I started to cry again. This is ALL ok. And feeling things doesn't make me less of a woman or less strong. Feeling is the ONLY way I work and process stuff -- if I don't look my fear head on, I can never put it aside. This morning, I was exhausted and hungover from crying. I slept through my 6 am alarm and wanted to stay in bed. But I got out of bed anyway. I had signed up for a Kundalini Yoga class at 8:30. I knew I didn't have enough in me to lay it all out on my mat today, but I went anyway. I sat in the back. To be there. To breathe. To get out of my own head and to tap into the things that are bigger than me. To be in the energy. To show up. To show up so I can keep moving forward. Fear is standing in one place, spinning my own wheels and getting stuck in my own mud. Love is moving forward. Love isn't being perfect or getting everything right, it's just the willingness to keep going. Keep going. Show up. You may not have the answers but you stay alive. You stay present and you work on having faith in the idea that sometimes you just don't get to know. Sometimes you have to believe in things you can't see or touch. Things that you dont get evidence for. You just show up and believe because Hope is human. 💙✌ Thank you to @nourishandeat for last night and holding space for me without judgment. And thank you to @strike.a.kjord for creating the space this morning and letting me be part of the ride from the sidelines. #selfcare #selflove #kundaliniyoga #BeGreater #FindYourGreater

A post shared by Sarah (@sarahsapora) on

さらに、セイポラさんはトレーナーのブレイク・イラービーさんとワークアウトをスタート。体重を利用したシンプルな動きから始めて、ジムでウェイトリフティングするまでになったのだとか。「私は筋トレが大好きなんです。自分が強くてセクシーでパワフルになったと感じるわ」とセイポラさんは、ウェイトトレーニングは体を大きくするのではないかというよくある心配を否定。

今では、スクワットやダンベル、ベンチプレス、レッグプレス(約317キロ!)などを週に23回、各1時間こなす彼女。かつてはアパートの2階に上るのにもエレベーターを使っていたけれど、トレーナーの指示で階段もトレーニングに利用。駆け足で67往復したり、およそ1122キロのウェイトを持って昇降したりしているのだとか。「やっている最中は素晴らしいとは感じないけど…。達成感は最高です。私は自分が何かうまくできないことを恐れていないんです」。

苦しいときもフォロワーに対して正直なセイポラさんは、息が切れ、汗ビッショリな自分の写真を投稿。

「進歩や成長はインスタグラムの投稿のようにキラキラしている必要はありません。汗もかくし、息も切れるし、髪もボサボサになるし、吐きそうになるものです。でも、それでOK。私は自分のプロセスをウソなく見てもらいたいんです」

今のライフスタイルについてはかつてない充実感を覚えている彼女だけど、この旅はまだ終わりではないのだとか。「幸せに関しては、ビフォーとアフターはないものです」。

セイポラさんにとって、次の目標はレッグプレスの記録を更新し、手助けなしに腕立て伏せをすること。「私は自分の体でやりたいことを何でもできるようになりたいんです。ハイキングでも、スキューバダイビングでも、アイスランドに行ってあちこち歩くことでも」。

実際、8月末には初めて外を5マイル(約8キロ)歩いたというセイポラさん。「どんな過去があった女性であれ、私が彼女を勇気づけることができたら…。私は自分がやるべきことをやっているということです」。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
79キロの減量に成功!ジェシカさんが変えた3つの「ライフスタイル」
ワークアウト
シェア
79キロの減量に成功!新たに実践した3つの小さな心がけ
一時だけ頑張るのではなく、「生き方」を変えるのが成功の鍵!?
ウェイトトレーニングの前に、知っておきたい10のこと
ワークアウト
シェア
プロが解説!ウェイトトレーニングにまつわる基礎知識10
知ってから始めたほうが、効果が上がるはず!
大人顔負け!クロスフィットに励む驚きの4歳児
ワークアウト
シェア
大人顔負け!クロスフィットをこなす4歳児がすごすぎる
多くの女性芸能人がはまっているハードなトレーニング、クロスフィットをやってのける4歳の女の子が話題に
ワークアウト
シェア
スポーツを軸に挑戦を続ける、アスリートモデルの心意気
与えられた環境に甘んじて、現状維持するだけでは何も意味がない。
自分の体を愛するために「裸のヨガ」投稿者が続出中!?
ワークアウト
シェア
自分の体と向き合う、「裸のヨガ」投稿者が続出中!?
「あなたはそのままで美しい」
運動を変えただけ!?ある女性のビフォーアフターが話題に
ワークアウト
シェア
運動を変えただけ!?ある女性のビフォーアフターが話題に
有酸素運動→ウエイトトレーニングで、こんなに変わるの!?
-32キロ!号泣からスタートしたある女性の減量体験談
ワークアウト
シェア
運動嫌いだった女性が、32キロの減量に成功するまで
運動嫌いからマラソン愛好家になった彼女が発見した、「減量の極意」とは?
体の老化を遅らせるのに必要な、1日の運動時間は?
ワークアウト
シェア
筋肉の老化を防ぐのに必要な1日の運動時間は?
意外と長くない…!
ワークアウト
シェア
アスリートモデル実践!太りにくい体をつくるトレーニング&食事法
回数をこなしたから、時間をかけたからといって、成果が出るわけじゃないんです。
帰省や旅行、家でのんびり過ごす年末年始は、日々のトレーニングのペースも崩れがち。ホリデー中もスタイルを維持すべく、美ボディモデルの栗原ジャスティーンさんに自宅や旅先でできるホームエクササイズを教えてもらいました。年末年始もしっかり磨いて、自信のあるボディで1年をスタートさせましょう!
ワークアウト
シェア
体ひとつでできる!4種のホームトレーニング
年末年始も美ボディ磨きは怠りません!