「エクササイズ中毒」を克服した私が、今伝えたいこと

「自分の体に耳を澄まして、直感を信じて」

人気の記事

世界中でフィットネスブームとなり、SNS上でフィットネススター達が日々ワークアウトの様子や鍛え上げたボディを投稿する昨今。

怖いのは、時にこれが過熱し、一定の体型を求める動きが強まること。コスモポリタン アメリカ版から、その動きの影響で運動中毒に陥ったある女性の投稿をご紹介します。

ADの後に記事が続きます

queencitysweat」の名でインスタグラムに投稿を続けるフィットネススター、エリンさんは、最近「a different kind of transformation Tuesday(変身した姿を見せる日)」と題する写真とコメントを投稿。

「左は2016年の2月で、右は先週2017年の6月」と書きこんだエリンさん。「左の頃、私はワークアウト中毒になっていて、ヘトヘトだった」と述べ、今では「やっとバランスというものが分かったわ」とコメント。

A different kind of transformation Tuesday comin at ya. Left is February 2016, right is last week, June 2017. On the left I was ADDICTED to working out and was running myself into the ground. I was not eating close to what I should've been eating and ended up with a severe case of anemia causing a lack of energy to the point where I could barely get out of bed. Yet, I still forced myself to go to the gym although I felt like a zombie. The reason for this? Instagram. It becomes so easy to start comparing yourself to others on here, which led me to developing a mindset of - "how skinny can I get?" rather than "how healthy can I be?" A number on a scale does not and should not dictate happiness so I'm not going to get into that in this post. What I think I think is most important is how much HAPPIER I am in the photo on the right. I finally understand the term balance - my old idea of balance was cutting cals during the week, binging on the weekends, and then forcing myself to run miles on miles to make up for it. What is balance for me now? Listening to the cues my body gives me, eating intuitively (no more macros or calorie counting), nourishing my body with whole foods, taking rest days when my body needs them, and most importantly: prioritizing time with people I love. My only advice for you is don't fall into the Instagram trap. Not everything on here is picture perfect. Stop comparing yourself to others and start loving the body you have been given. After all, it is capable of great things!💪

A post shared by Erin (@queencitysweat) on

自分がどれだけ運動に取り憑かれていたかを説明しながら、エリンさんは「私が食べていたのは食べるべき量にまるで足りていなくて、ついに深刻な貧血状態になり、ベッドから出られないくらいエネルギーがなくなってしまったの。それでも、ゾンビみたいになりながら、無理矢理ジムに通ってました」。

「理由? インスタグラム。見ていると他の人と自分を比べるようになって、『どれだけ健康になれるか?』じゃなくて、『どれだけ痩せられるか?』ばかり考えるようになってました」

そして、常に他人と自分を比べるさせ、人々を危険なレベルの強迫行為へと追い込みかねないインスタグラムの役割について指摘。自分と同じワナに陥らないよう呼びかけて、「体重計の数字は幸せを決定するものではないし、そうであってはならないから、その点については触れないわ。私が一番大切だと思うのは、右の写真ではどれだけ幸せになったかということよ」とも。

「私はついにバランスという言葉の意味を理解したわ。昔は、平日の間カロリーを減らして、週末に飲んで、その分無理矢理走り続けるのがバランスだと思ってた。今の私にとってバランスとは何か? それは、自分の体に耳を澄まして、直感を信じて食べ(栄養素やカロリーを計算するのはやめて)、自然食品で栄養を摂り、休息が必要な時には休み、最も大切なことは、愛する人たちとの時間を最優先すること」

さらに、誰もがわかってはいるけれど、時に忘れがちなことを指摘。「(インスタグラムに載っていることの)すべてが完璧というわけじゃないわ。他人と自分を比較するのを止めて、自分に与えられた体を愛して。だって、それは素晴らしいことができるものだから!」

強迫的になっている時は自分が何をしているのか気づきにくいものだけど、彼女のメッセージをきっかけに、自分のことを振り返る人が1人でも多くいますように。「自分を大切に、自分が愛する人々を大切に!」

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
脂肪、セルライト…「リアルなカラダ」を発信する女性が素敵
ワークアウト
シェア
脂肪、セルライト…「リアルなカラダ」を発信する女性が素敵
一番大切なのは、カラダの形ではなく「進歩しようとする気持ち」!
ワークアウト
シェア
アスリートモデルが未体験のスポーツに挑戦!
精神も鍛える!テニス、バレエ、サップヨガから学べることとは?
ワークアウト
シェア
驚きの32歳!リリー・オルドリッジの美の秘訣
ヴィクシーエンジェルとして美ボディをキープするには、陰でこんな努力があった!
汗をかくことで体もすっきり、気分もリセットされます。生活リズムを整える上でも欠かせないワークアウトで、筋肉量を少しでもアップすると太りにくい体質に! でも神経質になりすぎると、逆にストレスになってしまうことも。トレーニングがきつい、面倒くさい…なんて思ってしまったら続かないので「こんな体になって、あの服を着たい!」「好きな人に会うためにまずは1カ月」など、ワクワクすることを思い浮かべて取り組んでみてください。普段私が実践する、狭い空間でもできる4種のエクササイズを伝授します!
ワークアウト
シェア
西内ひろ流!どこでも簡単エクササイズ
ウエスト・バスト・ヒップを鍛える、狭いスペースでも取り組めるエクササイズをご紹介!
義足の夫とその妻の「アクロヨガ」がカッコいい!
ワークアウト
シェア
素敵!義足の夫とその妻の「アクロヨガ」
「普通と少し違っても、やろうと思えば、何だってできる」
ワークアウト
シェア
美女2人の「フレンド・ワークアウト」がカッコいい!
友達と一緒なら、エクササイズが数倍楽しくなりそう♡
体重が増えて幸せ!女子13人の「逆ビフォーアフター」
ワークアウト
シェア
体重が増えて幸せ!女子13人の「逆ビフォーアフター」
ありのままの自分を愛することが、幸せのカギ♡
世界的フィットネススターが伝授!美ボディの秘密♡
ワークアウト
シェア
フォロワー1000万越え!フィットネススター、美ボディの秘密
普段、どんなトレーニングをしてる? 食事のルールは?
人気インスタグラマーが教える、美尻を作る4つの秘訣
ワークアウト
シェア
美尻インスタグラマーが、自身のヒップアップ術を全公開!
ペタンコ尻を卒業するためには、「食べること」が鍵!?
ワークアウト
シェア
12年間体型をキープし続けている木下ココ流エクササイズ
ベテランモデルの毎晩のルーティーンをコスモだけで公開。