クロスフィットはやりすぎると「くびれ」がなくなる?

どんなトレーニング方法も「選択肢の1つ」でしかない

人気の記事

キツさとボディメイクは別物

【前編】はこちら)

クロスフィットに取り入れられているような、オリンピックリフトやパワー系のトレーニングは「時間」でやるものではありません。フォームをしっかり学んで、神経を集中させてやるもの。30秒でどれだけできるかを頑張るものではないです。

クロスフィットはハードなので「追い込めば追い込むほどいい!」みたいな考えが出てきがちですが、つらいから身体が絞れるとか、くびれができるとかそういう話ではないですし、キツさとボディメイクは別物ということは、知っておいてほしいところ。

ADの後に記事が続きます

厳しいトレーニングに耐えることで、心身ともに強くなっていく感覚はあるし、追い込むことが悪いことではないけれど、何のための運動なのか、目的を忘れてはダメですよね。フィットネスを楽しもう!っていう目的なら、そこまで追い込まなくても身体は変わります。

やりすぎると「くびれ」がなくなる!?

クロスフィットのようなコアを鍛えるトレーニングは、やりすぎるとくびれがなくなる可能性もあります。ファンクショナルな動きに、重りが加わるようなハードなトレーニングは、どうしてもお腹周りの筋肉が鍛えられるんです。

もちろん機能的には悪くないことだけど、やりすぎるとウエストが太くなって(脂肪じゃないけど)ウエストとヒップの差が崩れてきます。女性のラインはウエストとお尻の差で生まれます。だからもしあなたが、カービィなボディラインを望んでいるなら、やり方は他にあるということ。

これを読むと、クロスフィット否定しているように見えちゃいますが、私はあの追い込む感じは嫌いじゃないし、そもそも好きとか嫌いという話でもなくて。ここで言いたかったのは、エクササイズトレンドに踊らされないで、「自分の目標は何なのか」ということを見失わないでほしいということ。

どんなトレーニング方法も選択肢の1つとしてみることが大事。これをやったら全てOKみたいなトレーニングはありませんよ。自分の目的、目標を見失わないようにしながら、色々試してみるとよりフィットネスが楽しくなりそうですね!

♥【岡部友のヒップトレーニング】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
え!「分娩直前」の妊婦さんが陣痛室でスクワット!?
ワークアウト
シェア
出産直前!?妊婦さんの「分娩前ワークアウト」が話題に
見てるこっちがヒヤヒヤ! 専門家の意見はいかに?
プロ直伝!お尻を鍛えるために知っておきたい7つのこと
ワークアウト
シェア
トレーナーが伝授!お尻を鍛えるために必要な7つの知識
キュッと引き締まった美尻を目指す人必見!
人気トレーナーが、SNSユーザーに伝えたい12の真実
ワークアウト
シェア
人気トレーナーが明かす、「フィットネス投稿」の12の真実
あなたの見ている投稿が、「真実」とは限らないかも…?
「ランニング」は、たった2分間でもOK!?
ワークアウト
シェア
侮れない!たった2分間のランニングで健康的に…?
これならできそう!
海外で人気上昇中!?お尻に効くと話題の「スラックライン」
ワークアウト
シェア
海外で人気上昇中!?お尻に効くと話題の「スラックライン」
難易度高めだけど、楽しく鍛えられる…かも?
ワークアウト
シェア
アスリートモデルが語る、ブラジリアン柔術とサーフィンの共通点とは?
どちらのスポーツも、コンフォートゾーンから脱却する強いメンタルが鍛えられるそう!
ワークアウト
シェア
初のボディビル大会目前!美ボディモデルが実践する食事法
レシピはもちろん、外食時のメニューの選び方や間食のポイントまで伝授!
ワークアウト
シェア
モデルもハマる!トライアスロンの魅力とは?
初心者にはホノルルがおすすめ!同じトライアスロンでも、コースによって印象が異なるそう。
やりすぎ注意!医師が教える「HIIT」の適切な取り入れ方
ワークアウト
シェア
医師が教える、高強度トレーニングの適度な取り入れ方
注目が集まる「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」だけど、やりすぎるとどうなる…?
「エクササイズ中毒」を克服した私が、今伝えたいこと
ワークアウト
シェア
「エクササイズ中毒」を克服した私が今思うこと
「自分の体に耳を澄まして、直感を信じて」