「空腹状態」で運動すると、筋肉が落ちる?

カロリー消費しそうって思ってたけど…

ジムでエクササイズする前には空腹状態であるべき!と思っている人は多いのでは? お腹が空いている状態のほうが運動の効果が高まりそうだし、満腹時に運動したら、後で気持ち悪くなりそうだし…

コスモポリタン イギリス版によると、空腹の状態で運動することは論理的にも科学的にも理に適っているそう。実際、絶食中に運動をすると平均で20パーセント以上の体脂肪が燃焼されることを示唆した研究もあるらしい。

ADの後に記事が続きます

ところが、<ライフハッカーは、そんな理屈に大きな落とし穴があることを指摘。スポーツ栄養学の専門家であるケリー・プリットチェット博士によれば、空腹時に脂肪を急速に燃焼し始めると体は脂肪燃焼モードに入るものの、代謝スピードを落としてしまうと解説。体「サバイバルモード」に入ることで、代謝も燃焼カロリーも落ちるが、スピードは遅くなってしまうのだとか。減量目的でエクササイズしている人にとっては、まさに本末転倒。

実は、運動前に食事をするメリットとしては、 Appetite食欲』という学術誌で発表された研究によると、運動前に腹ごしらえした参加者は、その日の運動後の食事の量減ったとのこと。

また、筋肉をつけることが目的なら、空腹状態で運動すると効果が出にくい可能性があるそう。というのも、絶食状態での運動は、脂肪だけでなく、筋肉も燃焼してしまうから。体が貯蔵されたグリコーゲンを燃焼し尽くしてしまい、燃焼すべき別のエネルギー源(つまり筋肉)を求めてしま起こりるのだとか。ちなみに、これは激しい運動をしたときにのみに当てはまるとか。

そうなると、運動に必要なエネルギーが不足することでが出ず運動の効果を妨げてしまうとのこと。

次にジムに行くときは、胃に負担にならないスナックを事前に食べておくといいかも。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
-32キロ!号泣からスタートしたある女性の減量体験談
ワークアウト
シェア
運動嫌いだった女性が、32キロの減量に成功するまで
運動嫌いからマラソン愛好家になった彼女が発見した、「減量の極意」とは?
ワークアウト
シェア
アスリートモデル実践!太りにくい体をつくるトレーニング&食事法
回数をこなしたから、時間をかけたからといって、成果が出るわけじゃないんです。
帰省や旅行、家でのんびり過ごす年末年始は、日々のトレーニングのペースも崩れがち。ホリデー中もスタイルを維持すべく、美ボディモデルの栗原ジャスティーンさんに自宅や旅先でできるホームエクササイズを教えてもらいました。年末年始もしっかり磨いて、自信のあるボディで1年をスタートさせましょう!
ワークアウト
シェア
体ひとつでできる!4種のホームトレーニング
年末年始も美ボディ磨きは怠りません!
フィットネス界のカリスマ的存在であるカイラ・イツィネスさん。
ワークアウト
シェア
フィットネススター直伝「ダイエットで一番大切なこと」
時間をかけて痩せることの大切さ。
話題のワークアウト「HIIT」って?プロが教える基礎知識8
ワークアウト
シェア
プロが解説!注目ワークアウト「HIIT」の基礎知識8
HIIT=高強度インターバルトレーニングって、いったい何?
「歩くのも辛かった」女性が、フィットネススターに…!
ワークアウト
シェア
「歩くのも辛かった」私がフィットネススターになるまで
わずか1年で!
脂肪、セルライト…「リアルなカラダ」を発信する女性が素敵
ワークアウト
シェア
脂肪、セルライト…「リアルなカラダ」を発信する女性が素敵
一番大切なのは、カラダの形ではなく「進歩しようとする気持ち」!
ワークアウト
シェア
アスリートモデルが未体験のスポーツに挑戦!
精神も鍛える!テニス、バレエ、サップヨガから学べることとは?
ワークアウト
シェア
驚きの32歳!リリー・オルドリッジの美の秘訣
ヴィクシーエンジェルとして美ボディをキープするには、陰でこんな努力があった!
汗をかくことで体もすっきり、気分もリセットされます。生活リズムを整える上でも欠かせないワークアウトで、筋肉量を少しでもアップすると太りにくい体質に! でも神経質になりすぎると、逆にストレスになってしまうことも。トレーニングがきつい、面倒くさい…なんて思ってしまったら続かないので「こんな体になって、あの服を着たい!」「好きな人に会うためにまずは1カ月」など、ワクワクすることを思い浮かべて取り組んでみてください。普段私が実践する、狭い空間でもできる4種のエクササイズを伝授します!
ワークアウト
シェア
西内ひろ流!どこでも簡単エクササイズ
ウエスト・バスト・ヒップを鍛える、狭いスペースでも取り組めるエクササイズをご紹介!