5キロ「増やし」て理想のボディに!私の肉体改造の記録

「体重が少ない=健康的で自信があり、"見かけがいい"ということではありません」


人気の記事

昨年7月、ノースカロライナ州ダーラムの正看護師クレア・マクスウェルさんは、勤務中に転倒し、床に倒れてあごを負傷。その後数週間はあごにギプスをはめていたため、十分な食事をとれず、13ポンド(約5.9㎏)も痩せてしまったのだとか。身長5フィート9インチ(約175㎝)で体重117ポンド(約53㎏)と、それまでで最低の体重になってしまったマクスウェルさん。けれど、体重は重いより軽い方が良いと信じていたため、事故前は健康そのものだったことを知りながら、内心喜んでもいたという彼女。

ADの後に記事が続きます

「体重を戻さなくてはいけないことはわかっていたけど、そんなに急がなくていいと思っていました」と、インスタグラムの投稿に記載したマクスウェルさん。体重が過去最低にまで落ちた時の写真と現在の写真を並べて、当時の心情をこのように吐露。「私は自分が不健康に見えるとは思っていなかったの。自分では元気そうだと思ってた…引き締まってると思ってたくらい。(事故後に撮った)左の写真を見て初めて、『わぁ…私のお尻、なくなってる』って気づいたのよ」。

そこでコスモポリタン アメリカ版から、彼女が現在の健康的な体を取り戻すまでの過程をご紹介します。

回復期

液体のみの食事療法では、3ポンド(約1.4㎏)しか回復しなかったマクスウェルさん。友人のパーソナルトレーナーの協力を得て、積極的な増量作戦を展開するためには、ギプスを外せるようになるのを6週間待つしかなかったそう。その後は、高カロリー、高炭水化物の食事で、余分なエネルギーを毎日1000キロカロリー摂取。さらに、<Strong and Sexy Body Method>を含む、以前より軽めのフィットネスメニューをこなすようにもしたのだとか。

1カ月も経たないうちに、マクスウェルさんはおよそ10ポンド(約4.5㎏)増やし、元の体重に。でも事故で手首をケガしたため、以前のように重いウェイトを持つことができず、増えた分の体重が脂肪になってしまったと語る彼女。

「それは見たことがない状態でした。元の体重に戻ったものの、体つきが変わっていたことに、ちょっと混乱しました」

この時点で、マクスウェルさんの体はより重いウェイトを持てるほどに回復していたので、余分なカロリー摂取を止め、通常の運動メニューに切り替えて、筋肉を取り戻すことを決意。その後2カ月で、マクスウェルさんの体は見た目的にも、感覚的にも、事故前の状態に復活したそう。つまり体重はそのままで、脂肪を減らし、筋肉を増やすのに成功したということ!

お尻作り

この結果でパワーを得た彼女は、さらに筋肉(特にお尻に)を増やすことを決め、炭水化物の摂取量を増加。その理由は、「炭水化物の摂取量を増やさないと、(お尻を)大きくできないから」なのだとか。

また、マクスウェルさんはワークアウトの内容も見直し、週に合計4時間半、お尻のための運動を行うことに。「多いのはわかってます。でも、私のような(痩せて華奢な体つきの)人間は、事故に遭ったこともあって、ジムでたくさん運動するしかなかったんです」。

I'll always take the days when I can have a killer leg day in my @womensbest ⚡️• As you guys know for the last few months I have really been focusing on growing my legs and booty. I decided not to do a true bulk since the wedding is coming up, but I increased my carbs and spent over 4 hours a week working out legs 😱 Growing up I was really awkward and gangly 🤣 aka putting on muscle wasn't easy, and it still is difficult but ☝🏼 I have to say that I feel pretty happy about my progress. I'm finally starting to feel a little more "solid" 🍑🏋🏼‍♀️ #whereisthedeadliftemoji . But now that the wedding is coming up in a few months, I'm going to cut my carbs a little bit to just lean out some. Don't get me wrong, i have been feeling great and love the progress but my abs aren't quite as defined. I know--I get that abs aren't everything. But for my wedding, I want to feel the best that I can in every aspect and if I can get a little more defined than I will put in the work to get it done 👊🏼 I won't be in a true cut though, so my carbs aren't decreasing by that much which is nice. Between now and then I also won't have the time for 2 hour leg days so the decreased carbs helps balance that out ⚖️ . Just thought I'd update you guys! Also a full day of eating is now up on IG stories 🥑🥗🍞☕️ For anyone that asks, @paosfitworld calculates my macros. She my little macro queen 👸🏻 #macrosbypao #legday #womenbest

A post shared by Claire Guentz (@claireguentz) on

マクスウェルさんの下半身ワークアウトは、ブリッジやレッグプレス、スプリットスクワット、デッドリフト、ケーブルマシーンやレジスタンスバンドを使った運動などを含むもの。さらに、週に3回はステアマスター(フィットネスマシーンの一種)を使った45分間セッションも実施。彼女の場合、やればやるほど効果が得られたよう。

こうして下の写真のように、体重計の針は微動だにしないまま、筋肉隆々のお尻が完成。

I know I've shared this before but I'm sharing it again because it seemed to resonate with a good amount of people. . On the left was a couple weeks after I had broken my jaw, and had lost over 10 lbs. initially. On the right is a week or so ago. Now, I have never been someone to fixate on my actual weight, I didn't even own a scale until last year. But, for whatever reason, seeing that lower number on the scale messed with my head a little bit. I knew I needed to gain back the weight, but I think there is this automatic association that weighing less is somehow better. Obviously this is not true but I think that has been engrained in us by society. And to be honest, I knew I needed to gain back the weight but I didn't see the hurry. I didn't think I looked unhealthy. I thought I looked fine...lean even. It wasn't until I saw this photo on the left that I remember thinking, "oh, shit...definitely do not have a butt anymore" 😂 Which yes, is funny to an extent...but ☝🏼 it's also a little scary how something can be so engrained in us (a lower number on the scale) and us embody that without even knowing it. . Even for someone who doesn't use a scale (I just weigh myself for macro adjustments), I do understand how the number on the scale can have a big impact on someone. So I just really encourage you guys to adjust your goals based on what you see in the mirror and how you are feeling about your body (if that makes sense). Yes, the number on the scale CAN be an indicator of progress, but it is NOT the only indicator. I look at these photos and on the right is someone who is healthy, happy, confident, and those are the things that I strive for. Those are what will make your progress meaningful, not the number on the damn scale 👊🏼 #screwthescale #gainingweightiscool

A post shared by Claire Guentz (@claireguentz) on

マクスウェルさんによると、左の写真からおよそ7カ月後が右の写真で、彼女は今結婚式を控えて忙しいため、結婚式後にさらにお尻を鍛えていく予定とのこと。

ちなみにマクスウェルさんが学んだのは、体の改造の仕方だけでなく、体重についての考え方でもあったそう。「体重計が指す数字が少ないこと=健康的で、自信があり、"見かけがいい"ということではありません」。体重が増えた今こそ、健康的で、幸せで、強いと感じるのだとか。

「それこそ、私が必死で得ようと努力しているものです」とマクスウェルさん。「それは、あなたの進歩を意味あるものにしてくれるからです」。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
え!「分娩直前」の妊婦さんが陣痛室でスクワット!?
ワークアウト
シェア
出産直前!?妊婦さんの「分娩前ワークアウト」が話題に
見てるこっちがヒヤヒヤ! 専門家の意見はいかに?
プロ直伝!お尻を鍛えるために知っておきたい7つのこと
ワークアウト
シェア
トレーナーが伝授!お尻を鍛えるために必要な7つの知識
キュッと引き締まった美尻を目指す人必見!
人気トレーナーが、SNSユーザーに伝えたい12の真実
ワークアウト
シェア
人気トレーナーが明かす、「フィットネス投稿」の12の真実
あなたの見ている投稿が、「真実」とは限らないかも…?
海外で人気上昇中!?お尻に効くと話題の「スラックライン」
ワークアウト
シェア
海外で人気上昇中!?お尻に効くと話題の「スラックライン」
難易度高めだけど、楽しく鍛えられる…かも?
ワークアウト
シェア
アスリートモデルが語る、ブラジリアン柔術とサーフィンの共通点とは?
どちらのスポーツも、コンフォートゾーンから脱却する強いメンタルが鍛えられるそう!
ワークアウト
シェア
初のボディビル大会目前!美ボディモデルが実践する食事法
レシピはもちろん、外食時のメニューの選び方や間食のポイントまで伝授!
ワークアウト
シェア
モデルもハマる!トライアスロンの魅力とは?
初心者にはホノルルがおすすめ!同じトライアスロンでも、コースによって印象が異なるそう。
やりすぎ注意!医師が教える「HIIT」の適切な取り入れ方
ワークアウト
シェア
医師が教える、高強度トレーニングの適度な取り入れ方
注目が集まる「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」だけど、やりすぎるとどうなる…?
「エクササイズ中毒」を克服した私が、今伝えたいこと
ワークアウト
シェア
「エクササイズ中毒」を克服した私が今思うこと
「自分の体に耳を澄まして、直感を信じて」
ブリトニー・スピアーズ式!お腹を鍛える2つの方法
ワークアウト
シェア
ブリトニーが実践する2つの「体幹トレーニング」
あの平らなお腹を作るためのトレーニングって?