イケメントレーナーといるとき考えがちなこと

ジムでトレーナーつけてもらったは良いけども…

人気の記事

理想のボディになるためジムの会員になって、超気合を入れてパーソナルトレーナーをつけてもらったら…イケメンで、しかも超いいカラダ♡ ってことは、結構ありえる。

そんな「イケメントレーナーを見てつい思っちゃうこと」をコスモポリタン イギリス版から!

1.「ちゃんと脇毛剃ってくればよかった…」

あと、足の方もね。

ADの後に記事が続きます

2.「"まあまあのカラダしてるな"って思われたい」

セクシーじゃなくても、"まあまあ悪くない"くらいには思われたい。っていうか、これからセクシーになる!

3.「彼女いるのかな」

聞きたいけど聞けない。だってまるで私が彼に迫ってるみたいだし。私は純粋に興味があるだけなの。あああ、でもやっぱ聞きたい聞きたい聞きたい…。

4.「もし私が彼女だったら、生徒に嫉妬するのかな」

だって、さっきから私の腰やお尻や太ももまでタッチしてるし、ともすればおっぱいだって触れちゃうわけだし? 私だったらあまりいい気がしないなぁ。っていうか、私、彼女じゃないけど…。

5.「彼がゲイだったら

腹筋して起き上がったときにブヨリとはみ出るお腹のお肉を見られても、気にしなくて済むから楽っちゃ楽。

6.「かっこいいけど、ジムだからそう見えるだけ?」

もし街であっても、あのたくましいボディがあらわになってなかったら、かっこよく見えない可能性も…あるよね。

7.「自分の生徒とヤっちゃったとか、あるのかな?」

絶対あるっしょ。ないわけないっしょ。

8.「やっばい…オナラ出ちゃいそうなんですけど」

だからスクワットは勘弁してくれ!

9.「彼、すごい汗臭い…」

てことは、私も…?

10.「どれくらい稼いでるのかな?」

1レッスンでこれくらいってことは、1日に5人として…おお~! 悪くない!私もなろうかな。

11.そして「トレーナーなんて無理」と気づく

そりゃそうだ。腕立て伏せ5回すら満足にできないんだから。

12.「彼の普段着ってどんな感じだろ?」

学校休みの日にスーパー行ったら、担任の先生にばったり会って私服が超絶ダサかった…みたいな感じだったらヤだな。

13.「ジムの外でばったり会ったら、私に気づくかしら」

キレイな服着て、髪もちゃんとしてる私を見たらもしかして…。いや、そんな映画か漫画みたいな展開起こらない。わかってる。でも期待しちゃうのはなぜ。

14.「新しいトレーナーにチェンジしたら、以前ついてもらってたトレーナーがこっち見てる」

まるで私が浮気してるみたい…いや、意識しすぎ? それとも…?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
え!「分娩直前」の妊婦さんが陣痛室でスクワット!?
ワークアウト
シェア
出産直前!?妊婦さんの「分娩前ワークアウト」が話題に
見てるこっちがヒヤヒヤ! 専門家の意見はいかに?
プロ直伝!お尻を鍛えるために知っておきたい7つのこと
ワークアウト
シェア
トレーナーが伝授!お尻を鍛えるために必要な7つの知識
キュッと引き締まった美尻を目指す人必見!
人気トレーナーが、SNSユーザーに伝えたい12の真実
ワークアウト
シェア
人気トレーナーが明かす、「フィットネス投稿」の12の真実
あなたの見ている投稿が、「真実」とは限らないかも…?
「ランニング」は、たった2分間でもOK!?
ワークアウト
シェア
侮れない!たった2分間のランニングで健康的に…?
これならできそう!
海外で人気上昇中!?お尻に効くと話題の「スラックライン」
ワークアウト
シェア
海外で人気上昇中!?お尻に効くと話題の「スラックライン」
難易度高めだけど、楽しく鍛えられる…かも?
ワークアウト
シェア
アスリートモデルが語る、ブラジリアン柔術とサーフィンの共通点とは?
どちらのスポーツも、コンフォートゾーンから脱却する強いメンタルが鍛えられるそう!
ワークアウト
シェア
初のボディビル大会目前!美ボディモデルが実践する食事法
レシピはもちろん、外食時のメニューの選び方や間食のポイントまで伝授!
ワークアウト
シェア
モデルもハマる!トライアスロンの魅力とは?
初心者にはホノルルがおすすめ!同じトライアスロンでも、コースによって印象が異なるそう。
やりすぎ注意!医師が教える「HIIT」の適切な取り入れ方
ワークアウト
シェア
医師が教える、高強度トレーニングの適度な取り入れ方
注目が集まる「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」だけど、やりすぎるとどうなる…?
「エクササイズ中毒」を克服した私が、今伝えたいこと
ワークアウト
シェア
「エクササイズ中毒」を克服した私が今思うこと
「自分の体に耳を澄まして、直感を信じて」