栄養士が指摘!運動のしすぎはダイエットに逆効果?

適度が一番!の理由とは

人気の記事

財布を開けるたび、使っていないジムの会員証に胸が痛むあなたに、コスモポリタン イギリス版から朗報をお届けします。

栄養士のジェシカ・セペルさんによると、運動のし過ぎは体重を減らすよりむしろ増やすことになるのだとか。

「過剰な運動は、ダイエットにはむしろ逆効果です」とセペルさん。「これまで、模範的な食生活をしていて、毎日(時には2回も)運動しているのに、体重を落とせないクライエントをたくさん見てきました」。

ADの後に記事が続きます

「運動をし過ぎると、(ストレスホルモンと呼ばれる)コルチゾールの値が跳ね上がります(体は、一般的な意味のストレスにも、運動によるストレスにも同じように反応するため)。運動がストレスになっているとしたら、なおさらです。そして、コルチゾールレベルが高くなると、体が一種のサバイバルモードになり、脂肪の燃焼が難しくなります。交感神経と副交感神経のバランスをとるのに忙しいからです」

そのため、彼女が提案するのは、1回の運動時間を3040分まで、高負荷の運動は週に2回程度にして、ピラティスやヨガ、ウォーキングなどの適度な運動を取り入れること。そして、週に12回は休息日を作ること。これは実際、多くのクライエントたちに効果があったのだとか。「彼らは私のオフィスに戻って来る頃には洋服がゆるくなっていて、元気で、よく眠れるようになっていたんです」とセペルさん。コルチゾールの上昇は不眠につながり、睡眠不足は肥満を招くという研究が数多く出ているところから見ても、これは納得の結果と言えそう。

また、食べる量は減らさず、運動を増やして痩せることは難しいとの専門家による研究結果も出ているというから、運動でも食生活でも、バランスが大切ということですね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
79キロの減量に成功!ジェシカさんが変えた3つの「ライフスタイル」
ワークアウト
シェア
79キロの減量に成功!新たに実践した3つの小さな心がけ
一時だけ頑張るのではなく、「生き方」を変えるのが成功の鍵!?
ウェイトトレーニングの前に、知っておきたい10のこと
ワークアウト
シェア
プロが解説!ウェイトトレーニングにまつわる基礎知識10
知ってから始めたほうが、効果が上がるはず!
大人顔負け!クロスフィットに励む驚きの4歳児
ワークアウト
シェア
大人顔負け!クロスフィットをこなす4歳児がすごすぎる
多くの女性芸能人がはまっているハードなトレーニング、クロスフィットをやってのける4歳の女の子が話題に
ワークアウト
シェア
スポーツを軸に挑戦を続ける、アスリートモデルの心意気
与えられた環境に甘んじて、現状維持するだけでは何も意味がない。
自分の体を愛するために「裸のヨガ」投稿者が続出中!?
ワークアウト
シェア
自分の体と向き合う、「裸のヨガ」投稿者が続出中!?
「あなたはそのままで美しい」
運動を変えただけ!?ある女性のビフォーアフターが話題に
ワークアウト
シェア
運動を変えただけ!?ある女性のビフォーアフターが話題に
有酸素運動→ウエイトトレーニングで、こんなに変わるの!?
-32キロ!号泣からスタートしたある女性の減量体験談
ワークアウト
シェア
運動嫌いだった女性が、32キロの減量に成功するまで
運動嫌いからマラソン愛好家になった彼女が発見した、「減量の極意」とは?
体の老化を遅らせるのに必要な、1日の運動時間は?
ワークアウト
シェア
筋肉の老化を防ぐのに必要な1日の運動時間は?
意外と長くない…!
ワークアウト
シェア
アスリートモデル実践!太りにくい体をつくるトレーニング&食事法
回数をこなしたから、時間をかけたからといって、成果が出るわけじゃないんです。
帰省や旅行、家でのんびり過ごす年末年始は、日々のトレーニングのペースも崩れがち。ホリデー中もスタイルを維持すべく、美ボディモデルの栗原ジャスティーンさんに自宅や旅先でできるホームエクササイズを教えてもらいました。年末年始もしっかり磨いて、自信のあるボディで1年をスタートさせましょう!
ワークアウト
シェア
体ひとつでできる!4種のホームトレーニング
年末年始も美ボディ磨きは怠りません!