プロが教える「理想のキャットアイ」の作り方

キャットアイを上手に引くには?プロがコツを伝授!

人気の記事

テイラー・スウィフトのアイコンとしても知られる人気のメイク術、"キャットアイ"。

コスモポリタン イギリス版では、ロンドン発の人気コスメブランド<イラマスカ(日本未上陸)>のメイクアップ講師、ニロファ・ムッサさんが正しいキャットアイの作り方を伝授。

テイラーみたいにかわいくキメたいけど、上手くいかない…という人は、ぜひトライしてみて。

ADの後に記事が続きます

ステップ1

まずはペンシルライナーで目に沿ってラインを引き、毛先が丸く柔らかいブラシを使って、まつげの生え際に沿ってラインをぼかします。

「ブラシを使うことで色ムラがなくなるし、『ペンシルでまっすぐなラインを描かなきゃ』と力まずにすむでしょ?」

ステップ2

本番を書く前に、コンシーラーと平筆を使って、キャットアイの特徴"はね上げ"部分を下書きしておきます。

「目尻から眉尻にめがけて、翼のようにラインを描くのが理想です。この上から実際にアイライナーを引くので、コンシーラーの段階では、本番さながらのまっすぐなラインを描くことを心がけましょう。それから左右のはね上げの角度を揃えたいので、アイライナーの前に左右両方行っておいてくださいね。ラインのマーキングは目尻からスタートということもお忘れなく。このようにコンシーラーであらかじめガイドラインを引いておくことで、失敗が少なくなりますよね」

ステップ3

「コンシーラーで下書きがうまく引けたら、ブラシとジェルライナーを使って、3段階に分けて実際のラインを引いていきます」

  1. はね上げ部分をラインで縁取る
  2. まぶたに沿ってラインを描く
  3. まぶたのラインとはね上げ部分をつなげるために、はね上げ部分のトップから目尻にかけてラインを描き足す

「コンシーラーの下書きをアイライナーで"塗りつぶす"のではなく、あくまで下書きに"重ねて"線を引きます。またジェルライナーを使うときは、ブラシが乾かないように注意してくださいね。ブラシが乾いてジェルが薄くなると何度もラインを引き直すことになり、太く滲みやすくなって、シャープなラインが出せません。それから、ラインを引くときは目を閉じないように! しっかり見て確認しながらラインを描きましょう」

ステップ4

「スムーズにラインが描けるようになったら、よりシャープなラインが出せるように練習しましょう。ラインを描き上げたら、下書きのコンシーラーをうまく肌に馴染ませれば出来上がり!」

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
メイク
シェア
全部欲しい! 夏のIt Cosmeが大集合♡
派手色、優秀スキンケア... 夏を思いっきり楽しめる夏コスメをGETするなら5月! 逃したくない限定品も多いから、カウンターに急いで!
メイクのプロがオススメする、ハイライトの上手な使い方
メイク
シェア
メイクアップのプロ直伝!セレブ風ハイライトの使い方
キム・カーダシアンを担当するメイアップアーティストが伝授!
SNSで話題の「マーメイド型メイクブラシ」に注目
メイク
シェア
超かわいい♡マーメイド型メイクブラシが話題
たい焼きにも見える(笑)
見てるだけで楽しい♪コスメブランドのインスタグラム46
メイク
シェア
美のヒントを貰える♡コスメブランドのインスタグラム46連発
日本未上陸の注目ブランドもいっぱい!
「キラキラ好き」女子が押さえるべきインスタグラム29
メイク
シェア
「キラキラ大好き」女子が見るべきインスタグラム29
見てるだけで気分がアガる♡
メイク
シェア
魔法のように出会えるウワサのコスメを集めてみた!
都市伝説のように噂が絶えない出会いコスメ。定番モノから新着モノまで、鉄板で出会えるものを一挙公開! PR担当者からのリアルコメント付き!
メイク
シェア
エディターたちの偏愛コスメ大集合
エディター陣が太鼓判を押すコスメは指名買いマスト! 色っぽLIP、扇形まつげ、ツヤ肌、ぽってる唇・・・、その日の気分で、なりたい顔にソッコーでなれちゃう!
「使い捨てマスカラブラシ」が優秀な5つの理由
メイク
シェア
まつ毛以外にも♡「使い捨てマスカラブラシ」の活用法
マスカラを塗る以外のメイクにもお役立ち♡!
どうやって描くの?70s風「ネオンメイク」が可愛い!
メイク
シェア
本当に光ってる!?「ネオンメイク」がおしゃれ!
夜遊びで試したい、最新メイク♡
プロ流!セルフィーで「完璧な肌」を演出するメイクテク5
メイク
シェア
プロが伝授!セルフィー映えするメイクの裏ワザ5
セレブ御用達メイクアップアーティストが教える、とっておきのテクニック♡