急いでメイクしているときにやりがちな、メイクのNG行動

失敗して、1日中落ち込まないために…

人気の記事

メイクがいくら上手くても、たった1つの手順を抜かしてしまったために収拾のつかない状況に陥ること。そこで、ついメイクでやりがちなNG行動をコスモポリタン イギリス版がリストアップ。

1.メイク前に余計な脂分を取り除かない

メイクの持ちを良くする上で脂分は最大の敵。だから、メイク前にはTゾーンやあごなど、テカりやすい部分をあぶら取り紙で押さえるのがおすすめ。

ADの後に記事が続きます

でも、それだけでは不十分。セレブ御用達のメイクアップアーティスト、ニック・バローズはティッシュかコットンでまぶた、そして上下のまつげの生え際からも綿棒で皮脂を取り除くことをアドバイスしている。そうすることによって、ファンデーションやアイライナーがにじみにくくなるのだとか。

2.保湿剤を使わない

保湿剤を使わないと老けて見える上、肌の乾燥が目立ちやすくなるのだとか。それを防ぐには、保湿剤をつけたら最低5分待ってからファンデーションを塗ること。

3.ファンデーションをきちんと馴染ませない

言い換えると、顔全体にファンデーションを均一に塗っていないということ。そうすると、ファンデーションの境界線がくっきりと目立ち、カバーすべき箇所がカバーされていないという事態に。それを避けるには、ファンデーションを顔の中心部に乗せ、フェイスブラシ、スポンジ、または指の腹で円を描くように外側に向かって伸ばすといいのだそう。

4.ベースメイクの仕上げにルースパウダーを使わない

ルースパウダーを使わないと、時間が経つにつれ、クリーム状のコンシーラーやファンデーションは増々ヨレるだけ。だから、無色のルースパウダーをできるだけ薄く塗るといいのだそう。ただし、量が多すぎると粉っぽく見え、ツヤ感がなくなってしまうので注意。

5.マスカラがダマになっている

せっかくのマスカラもダマになっているだけでメイク全体の仕上がりを台無しに。

まずはブラシから余分なマスカラをしごき取ること。ティッシュなどで余計な分を軽く拭き取るとOK。ブラシはまつ毛の生え際に当て、左右に細かく揺らしながら毛先に向かって塗る。使い終わったらかわいてガビガビにならないように、マスカラのフタをきちっと閉めて。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
メイク
シェア
米コスメブランドの広告に、まだら肌のモデルが初登場!
ウィニー・ハーロウと同じ、尋常性白斑を患っているモデル、エイミー・ディアナが抜擢された喜びを語った。
乾燥によるかゆみ、手荒れや、肘ヒザのガサガサ、かかとのひび割れなど、肌トラブルが続出するこの季節。その悩みをズバッと解消する、頼りになるコスメをピックアップ。あなたのキレイをこっそり、でもきっちりサポートします!
メイク
シェア
頼りになる!冬の肌悩みを解消する「お助けコスメ」10
ガサガサ肌、ひび割れに「ちょっと待った!」
平昌オリンピックの真っただ中、団体戦を終え、ペア、個人男子とフィギュアスケートが盛り上がりを見せている。そこで百花繚乱、女子の氷上メイクを徹底分析! ちなみに我らが日本チームについて、選手にメイクを指南するコーセー メイクアップアーティストの石井勲さんに聞くと「表現力を高めるために、曲や衣装、演じる世界観を考慮しながらデザインします。そのため、氷上で映えるために衣装と同じ色味のアイシャドウやリップを使ってアクセントをつけるなど、メイクと衣装とのバランスが重要だと考えています。また、日本人は平面的な顔立ちなので、光感をうまく使い"立体感"を強調したり、どんなに激しく動いても"落ちにくい、崩れない"ことがポイントとなります」。演技はもちろん、メイクもいっしょに楽しくチェックしてみてはいかが? がんばれニッポン!石井 勲さんコーセー メイクアップアーティスト。メイクアップブランドのTV-CMやポスター、雑誌広告の撮影現場でメイクディレクションするほか、フィギュアスケート選手のメイク指導やシンクロナイズドスイミング日本代表のメイク監修も行い、アスリート達からの信頼は厚い。
メイク
シェア
五輪の華!女子フィギュア選手の「氷上メイク」アルバム
平昌五輪フィギュアスケート女子個人戦を前に、代表選手のメイクを分析!
メイク
シェア
エディターたちは、どの赤リップを選んでる?
この頃リアルにヘビロテしている、おすすめの赤リップを聞き込み!
メイク
シェア
特別感ダントツ!とっておきの刻印入りコスメ11選
名前もいいけど、HAPPYなメッセージを入れるのもお守りっぽくて素敵♡
メイクで女性を救う!メイクアップアーティストがすごい
メイク
シェア
メイクで女性を救う!想像を超えた自身の姿に感動…
喜ぶ女性たちの姿に、思わずもらい泣き…
メイク
シェア
【最新】春PINKコスメで女をアゲる!
春よ来い!目元に、頬に、唇に…女の子を一番可愛くするPINKが使いたい♡
今フォローすべき、凄腕メイクアップアーティスト12人
メイク
シェア
今フォローすべき、凄腕メイクアップアーティスト12人
セレブ御用達のアーティストがずらり!
「リップが選べない…」どれが自分に合うのかわからなくなって、お店で長時間悩んでしまった経験はありませんか? いつもと同じ1本を選んだり、トレンド色をとりあえず購入してみたり。それにルージュ、グロスなどたくさんのブランド、カラーが溢れていて、自分にぴったりの1本を見つけるのって、実は至難の業!?ですよね。そんな悩みを持つ、20~30代のコスモポリタンのエディターたちが、シーズン毎にたくさんのリップを試す中で、「コレ、まさに自分の色!」と衝撃を受けたリップがあるんです。
メイク
シェア
当たりすぎて怖い!いまの自分を表す「自分色」リップ
2018年、一番最初に手に入れたいのは、自分らしくいるための1本♡
ファッション界で働くプロが、女性に贈る「自信の大切さ」
メイク
シェア
ファッション界で働く私が、女性に伝えたい「自信」の話
女性たちの裸を長年見て来たアーティストが、全女子に贈るエール!