ヴィクシーショーのヘアメイクが教える「美しさの秘訣」

バックステージで活躍したプロたちが伝授!

人気の記事

ランウェイを颯爽と歩くヴィクシーモデルたちは憧れの存在。ランジェリーを着こなす完璧なプロポーションにうっとりするのはもちろんだけど、トレンドを取り入れたヘアメイク術も知りたい!

というわけで、201611月に開催されたヴィクシーショーの舞台裏で活躍した、ヘアメイクのプロたちが教える「ヴィクシー流の美しさの秘訣」を、コスモポリタン イギリス版からお届け。

ADの後に記事が続きます

1.巻き髪用ヘアアイロンの使用は短めに

"ゆるふわセクシー"なウェーブを作るのは簡単そうに見えて、実はテクニックが必要。自分でやってみようと思っても、カッチリした巻き髪になってしまうことってない?

主任ヘアスタイリストのアンソニー・ターナーさんは「髪をパーツごとにカッチリ分けてカールしていませんか? ブロッキングしたあと、後ろの髪から順番に少しずつカールしていくのが一般的なやり方ですが、そうするとナチュラルな"ゆるふわ"になりません」と解説。「僕は髪をランダムにつまんでカールし、カールの方向もその都度変えているんです」。

また、巻き髪用のヘアアイロン(こて)を長く髪にあてないこともポイントなのだそう。「僕が髪にヘアアイロンをあてるのは、(髪を巻き付けたあと)ほんの12秒だけです」。こうしたほうが、動きのあるセクシーウェーブになるんだとか。

2.基本ナチュラル、でもアイメイクは濃い目でキメる

メイクアップアーティストのトム・ペシューさんによると、今季のトレンドは「ナチュラルフェイスをベースに、グラマラスさを少しだけ加えるメイク」なのだそう。ファンデーションやコンシーラーはできるだけ薄めに。チークやハイライトは明るめの色を選び、顔の凹凸を強調しすぎない自然な仕上がりを心掛けること。ネイルもまずはベースのお手入れをしっかりした上で、ソフトピンクなどの優しい色を塗るのがベストなんだとか。でもアイメイクはしっかり濃い目に。そうすることでセクシーさがより強調されるのだそう。

Tension will mount. #VSIntense

A post shared by Victoria's Secret (@victoriassecret) on

ADの後に記事が続きます

3.マスカラは「乾いた後」に重ね塗りする

ペシューさんのアイメイクは、まずはマスカラから。マスカラは重ね塗りが基本だけど、まず一層目を塗り、乾くまでの間にアイライナーやシャドウなど(マスカラ以外)のアイメイクを完成させるのだそう。「一層目のマスカラが完全に乾いた後に2層目を重ね塗りする方が早く乾き、またより濃く塗ることができるんです。根元からしっかり塗っても崩れません」と、ペシューさん。

This is no time to be subtle. Experience #VSIntense, the new sexy fragrance.

A post shared by Victoria's Secret (@victoriassecret) on

4.ソフトな色のアイライナーを使用する

アイライナーは「黒」が定番。でもペシューさんのお気に入りはグレー・ブラウンなんだとか。「黒は目元をパワフルに見せてくれるものの、強調されすぎてしまうこともあります。黒よりもソフトな色のライナーを使うと、同じ"キャットアイ"でも柔らかい印象にすることができるんです」。

5.フェイスマッサージを忘れずに

「どんなに高価なクリーム買っても、塗る前にフェイスマッサージをしないのでは効果はありません」とペシューさんが語るように、マッサージは血液の循環を良くし、肌を活性化させるために必須なんだとか。「マッサージは基礎化粧品と同じくらい大切。軽く指先で頬まわりを押し上げるようにマッサージして下さい」。ぺシューさんはマッサージの際、軽いテクスチャーで、かつ保湿力のあるオイルを合わせて使っているそう。

プロ直伝のアドバイス、ぜひ試してみて♡

この翻訳は、抄訳です。

Translation: 宮田華子

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
乾燥によるかゆみ、手荒れや、肘ヒザのガサガサ、かかとのひび割れなど、肌トラブルが続出するこの季節。その悩みをズバッと解消する、頼りになるコスメをピックアップ。あなたのキレイをこっそり、でもきっちりサポートします!
メイク
シェア
頼りになる!冬の肌悩みを解消する「お助けコスメ」10
ガサガサ肌、ひび割れに「ちょっと待った!」
平昌オリンピックの真っただ中、団体戦を終え、ペア、個人男子とフィギュアスケートが盛り上がりを見せている。そこで百花繚乱、女子の氷上メイクを徹底分析! ちなみに我らが日本チームについて、選手にメイクを指南するコーセー メイクアップアーティストの石井勲さんに聞くと「表現力を高めるために、曲や衣装、演じる世界観を考慮しながらデザインします。そのため、氷上で映えるために衣装と同じ色味のアイシャドウやリップを使ってアクセントをつけるなど、メイクと衣装とのバランスが重要だと考えています。また、日本人は平面的な顔立ちなので、光感をうまく使い"立体感"を強調したり、どんなに激しく動いても"落ちにくい、崩れない"ことがポイントとなります」。演技はもちろん、メイクもいっしょに楽しくチェックしてみてはいかが? がんばれニッポン!石井 勲さんコーセー メイクアップアーティスト。メイクアップブランドのTV-CMやポスター、雑誌広告の撮影現場でメイクディレクションするほか、フィギュアスケート選手のメイク指導やシンクロナイズドスイミング日本代表のメイク監修も行い、アスリート達からの信頼は厚い。
メイク
シェア
五輪の華!女子フィギュア選手の「氷上メイク」アルバム
平昌五輪フィギュアスケート女子個人戦を前に、代表選手のメイクを分析!
メイク
シェア
エディターたちは、どの赤リップを選んでる?
この頃リアルにヘビロテしている、おすすめの赤リップを聞き込み!
メイク
シェア
特別感ダントツ!とっておきの刻印入りコスメ11選
名前もいいけど、HAPPYなメッセージを入れるのもお守りっぽくて素敵♡
メイクで女性を救う!メイクアップアーティストがすごい
メイク
シェア
メイクで女性を救う!想像を超えた自身の姿に感動…
喜ぶ女性たちの姿に、思わずもらい泣き…
メイク
シェア
【最新】春PINKコスメで女をアゲる!
春よ来い!目元に、頬に、唇に…女の子を一番可愛くするPINKが使いたい♡
今フォローすべき、凄腕メイクアップアーティスト12人
メイク
シェア
今フォローすべき、凄腕メイクアップアーティスト12人
セレブ御用達のアーティストがずらり!
「リップが選べない…」どれが自分に合うのかわからなくなって、お店で長時間悩んでしまった経験はありませんか? いつもと同じ1本を選んだり、トレンド色をとりあえず購入してみたり。それにルージュ、グロスなどたくさんのブランド、カラーが溢れていて、自分にぴったりの1本を見つけるのって、実は至難の業!?ですよね。そんな悩みを持つ、20~30代のコスモポリタンのエディターたちが、シーズン毎にたくさんのリップを試す中で、「コレ、まさに自分の色!」と衝撃を受けたリップがあるんです。
メイク
シェア
当たりすぎて怖い!いまの自分を表す「自分色」リップ
2018年、一番最初に手に入れたいのは、自分らしくいるための1本♡
ファッション界で働くプロが、女性に贈る「自信の大切さ」
メイク
シェア
ファッション界で働く私が、女性に伝えたい「自信」の話
女性たちの裸を長年見て来たアーティストが、全女子に贈るエール!
ハイライトメイクを施した女性
メイク
シェア
どうやってるの!?輝きまくりなハイライトテクの裏側
現実のものとは思えない、絵画のような美しさ!