メイクの濃い女性 VS 薄い女性、どっちが儲けられる?

​ メイクと収入の意外な関係。

人気の記事

毎日バッチリメイクをして出かける女性は、ただでさえ起きるのがツラい朝、みんなよりさらに早起きをしているはず。

「そんなの信じられない、私は1分でも長く寝ていたい!」という声が聞こえてきそうですが、コスモポリタン アメリカ版から、「メイクの濃さが収入の多さと関わっているかもしれない」という、こんな調査結果が。

ADの後に記事が続きます

ワシントンポスト>によると、この調査では、「魅力的な人々は"平均的"な人々より多く稼ぐ(具体的には20%増)」という風説の裏づけに取り組むとともに、男女別にどんな人が"魅力的"とされるかを定義。

その内容によると、女性の外見を判断する際、その人が持って生まれた美しさよりも、身だしなみの方が、はるかに"魅力的と感じるかどうか"に影響していることが判明。つまり、化粧、ヘアスタイル、服装により気を遣っている人の方が、収入が多いということに。

一方、男性においては、身だしなみは"魅力を形成する要素の半分"というところらしく、つまり、男性は女性ほど外見で判断されてはいないよう。

ワシントンポストのまとめによると、「研究者いわく、この結果は(特に女性にとって)、美とはその人が"どうあるか"ではなく、"どうするか"であり、生き方そのものだということを示唆している」とのこと。

ここまで来て、ちょっと気になるのが各国のメイク事情。調査が行われたアメリカでは、実に78%の女性が毎日メイクに1時間近くかけているとの調査結果が。イギリスでも、39%の女性が1日に平均して40分はかけているそう。一方日本では、メイクに21分以上時間をかける人はわずか11%(2009年調査当時)。最も多い11分から20分の間が34%なのだとか。

では、職場での女性の昇進の方はというと、2012年調べの女性管理職の割合が、アメリカで43.1%、イギリスで34.5%、日本で11.1%と、メイクに費やす時間に比例して下がっている(!?もよう。

メイク時間を増やせば日本の女性も昇進する(?)のかどうかについては今後の推移を見守りたいところですが、早起きしてメイクをし、パワフルに仕事をこなす元気な女性は、周りの人間を惹きつけるものなのかもしれませんね。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
ガンと闘う22歳アマンダ・ラミレスさんのパワーの源である美しいメイク
メイク
シェア
ガンと闘う22歳。原動力は、大好きな「メイク」!
「美しさは、その姿勢そのもの」
今、注目のメイクトレンドは「グリッターストロビング」!
メイク
シェア
断然キラキラが旬♡「グリッターストロビング」に注目
今年は「攻め」のメイクで!
コスモポリタンマガジン DIYオイルグラデーション アイシャドウ テクニック
メイク
シェア
セクシーな目元♡「オイルグラデーション」の作り方
ギャラクシーな光沢が絶妙
メイク
シェア
上手なキャットアイづくりの5ステップとは?
目力が魅力なモデル、サマンサ麻里子に学ぶキャットアイ
メイク
シェア
世界が注目するイットモデルと「シュウ ウエムラ」がコラボ!
「シュウ ウエムラ」が引き出す、若きパリコレモデルのアイコニックな魅力
ダークリップメイク モデル
メイク
シェア
なるほど!ビギナーのための「ダークリップ」入門
一度試してみたかった…!
コスモポリタンマガジン トレンドメイク術 メタリックアイメイク
メイク
シェア
パーティーにぴったり!簡単「メタリックメイク術」♡
これならできそう!
メイク
シェア
悲鳴級の可愛さ♡ 春の新作PINKコスメに首ったけ!
春になるといつもより気になるピンクコスメ。甘いだけじゃない、いい女っぷりも底上げする今期のピンクは取り入れなきゃもったいない!
メイク
シェア
春の新作ファンデを集めてみた
パッと見ても接近戦でも美肌を叶える新作ファンデを厳選!どんな日だって「肌がキレイな美人さん」って思われちゃう、優秀アイテムに今すぐアップデートして♡
人気メイクアップアーティストが指南!今年風「眉メイク」
メイク
シェア
人気メイクアップアーティストが伝授!2017年の「眉メイク」
キム・カーダシアンのメイク担当、マリオ・デディバノヴィックがアドバイス