メイクの濃い女性 VS 薄い女性、どっちが儲けられる?

​ メイクと収入の意外な関係。

人気の記事

毎日バッチリメイクをして出かける女性は、ただでさえ起きるのがツラい朝、みんなよりさらに早起きをしているはず。

「そんなの信じられない、私は1分でも長く寝ていたい!」という声が聞こえてきそうですが、コスモポリタン アメリカ版から、「メイクの濃さが収入の多さと関わっているかもしれない」という、こんな調査結果が。

ADの後に記事が続きます

ワシントンポスト>によると、この調査では、「魅力的な人々は"平均的"な人々より多く稼ぐ(具体的には20%増)」という風説の裏づけに取り組むとともに、男女別にどんな人が"魅力的"とされるかを定義。

その内容によると、女性の外見を判断する際、その人が持って生まれた美しさよりも、身だしなみの方が、はるかに"魅力的と感じるかどうか"に影響していることが判明。つまり、化粧、ヘアスタイル、服装により気を遣っている人の方が、収入が多いということに。

一方、男性においては、身だしなみは"魅力を形成する要素の半分"というところらしく、つまり、男性は女性ほど外見で判断されてはいないよう。

ワシントンポストのまとめによると、「研究者いわく、この結果は(特に女性にとって)、美とはその人が"どうあるか"ではなく、"どうするか"であり、生き方そのものだということを示唆している」とのこと。

ここまで来て、ちょっと気になるのが各国のメイク事情。調査が行われたアメリカでは、実に78%の女性が毎日メイクに1時間近くかけているとの調査結果が。イギリスでも、39%の女性が1日に平均して40分はかけているそう。一方日本では、メイクに21分以上時間をかける人はわずか11%(2009年調査当時)。最も多い11分から20分の間が34%なのだとか。

では、職場での女性の昇進の方はというと、2012年調べの女性管理職の割合が、アメリカで43.1%、イギリスで34.5%、日本で11.1%と、メイクに費やす時間に比例して下がっている(!?もよう。

メイク時間を増やせば日本の女性も昇進する(?)のかどうかについては今後の推移を見守りたいところですが、早起きしてメイクをし、パワフルに仕事をこなす元気な女性は、周りの人間を惹きつけるものなのかもしれませんね。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
メイク
シェア
エディターたちの偏愛コスメ大集合
エディター陣が太鼓判を押すコスメは指名買いマスト! 色っぽLIP、扇形まつげ、ツヤ肌、ぽってる唇・・・、その日の気分で、なりたい顔にソッコーでなれちゃう!
「使い捨てマスカラブラシ」が優秀な5つの理由
メイク
シェア
まつ毛以外にも♡「使い捨てマスカラブラシ」の活用法
マスカラを塗る以外のメイクにもお役立ち♡!
どうやって描くの?70s風「ネオンメイク」が可愛い!
メイク
シェア
本当に光ってる!?「ネオンメイク」がおしゃれ!
夜遊びで試したい、最新メイク♡
プロ流!セルフィーで「完璧な肌」を演出するメイクテク5
メイク
シェア
プロが伝授!セルフィー映えするメイクの裏ワザ5
セレブ御用達メイクアップアーティストが教える、とっておきのテクニック♡
メイク
シェア
春気分MAXになるSAKURA・CHERRYコスメ大集合♡
桜の季節が過ぎても、その次のチェリーの季節になっても・・・桜って日本人の私たちにとっては欠かせない存在!
メイク
シェア
人気モデル木下ココが本気で愛用しているリアルコスメ♡
コスモ女子憧れの木下ココさん。その美しさを作りだす「愛用コスメ」を特別に紹介してもらいました。このセレクト、全部マネしたい♡
メイク
シェア
センスがいい♡ と思われる鉄板ギフトコスメ9選
出会いと別れの多い春、ギフトを贈る機会も多いはず。そんなとき、胸を張って渡せる素敵なコスメを厳選! 今だけの限定モノもあるから早めにCHECK!
プロが教える、メイクを楽しむための4つのポイント
メイク
シェア
プロが伝授!メイクをもっと楽しむための4つの心得
トレンドやルールに縛られず、とにかく楽しもう!
カイリー・ジェンナーの「愛用コスメリスト」一挙紹介!
メイク
シェア
カイリー・ジェンナーが毎日使う「愛用コスメリスト」
コスメマニアのカイリーが選んだ、お気に入りアイテムとは?
メイクのプロが警笛!加工された「メイク動画」にご用心
メイク
シェア
メイクのプロが警笛!加工された「メイク動画」にご用心
こんなに変わるの!?