カイリー・ジェンナーが新作リップでチャリティに貢献!

素晴らしい!

自身のプロデュースするコスメブランド、<Kylie Cosmetics>が世界で人気を博しているカーダシアン家の末っ子、カイリー・ジェンナ

コスモポリタン アメリカ版によると、このたびカイリーは口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ/口唇の一部に裂け目が現れる先天性異常)を持つ子供たちの支援を行うチャリティ団体<Smile Train>とのコラボで生まれた、新作カラーリップを発売するそう。

ADの後に記事が続きます

その名も「Smile(笑顔)」!

カイリーのインスタグラムによると、「Smile」のカラーはペールトーンのピンクで、現地時間の10月3日(本日!)午前11時にリリースされるとのこと。

「ネットでの売り上げは100%、口唇口蓋裂を持つ発展途上国の子供たちの手術費用に充てられるのよ」とカイリー。

リップの名前のように、購入者も子供たちもみんなが笑顔になれる1日になりそう♡

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 伊藤 由佳里

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
メイク
シェア
米コスメブランドの広告に、まだら肌のモデルが初登場!
ウィニー・ハーロウと同じ、尋常性白斑を患っているモデル、エイミー・ディアナが抜擢された喜びを語った。
乾燥によるかゆみ、手荒れや、肘ヒザのガサガサ、かかとのひび割れなど、肌トラブルが続出するこの季節。その悩みをズバッと解消する、頼りになるコスメをピックアップ。あなたのキレイをこっそり、でもきっちりサポートします!
メイク
シェア
頼りになる!冬の肌悩みを解消する「お助けコスメ」10
ガサガサ肌、ひび割れに「ちょっと待った!」
平昌オリンピックの真っただ中、団体戦を終え、ペア、個人男子とフィギュアスケートが盛り上がりを見せている。そこで百花繚乱、女子の氷上メイクを徹底分析! ちなみに我らが日本チームについて、選手にメイクを指南するコーセー メイクアップアーティストの石井勲さんに聞くと「表現力を高めるために、曲や衣装、演じる世界観を考慮しながらデザインします。そのため、氷上で映えるために衣装と同じ色味のアイシャドウやリップを使ってアクセントをつけるなど、メイクと衣装とのバランスが重要だと考えています。また、日本人は平面的な顔立ちなので、光感をうまく使い"立体感"を強調したり、どんなに激しく動いても"落ちにくい、崩れない"ことがポイントとなります」。演技はもちろん、メイクもいっしょに楽しくチェックしてみてはいかが? がんばれニッポン!石井 勲さんコーセー メイクアップアーティスト。メイクアップブランドのTV-CMやポスター、雑誌広告の撮影現場でメイクディレクションするほか、フィギュアスケート選手のメイク指導やシンクロナイズドスイミング日本代表のメイク監修も行い、アスリート達からの信頼は厚い。
メイク
シェア
五輪の華!女子フィギュア選手の「氷上メイク」アルバム
平昌五輪フィギュアスケート女子個人戦を前に、代表選手のメイクを分析!
メイク
シェア
エディターたちは、どの赤リップを選んでる?
この頃リアルにヘビロテしている、おすすめの赤リップを聞き込み!
メイク
シェア
特別感ダントツ!とっておきの刻印入りコスメ11選
名前もいいけど、HAPPYなメッセージを入れるのもお守りっぽくて素敵♡
メイクで女性を救う!メイクアップアーティストがすごい
メイク
シェア
メイクで女性を救う!想像を超えた自身の姿に感動…
喜ぶ女性たちの姿に、思わずもらい泣き…
メイク
シェア
【最新】春PINKコスメで女をアゲる!
春よ来い!目元に、頬に、唇に…女の子を一番可愛くするPINKが使いたい♡
今フォローすべき、凄腕メイクアップアーティスト12人
メイク
シェア
今フォローすべき、凄腕メイクアップアーティスト12人
セレブ御用達のアーティストがずらり!
「リップが選べない…」どれが自分に合うのかわからなくなって、お店で長時間悩んでしまった経験はありませんか? いつもと同じ1本を選んだり、トレンド色をとりあえず購入してみたり。それにルージュ、グロスなどたくさんのブランド、カラーが溢れていて、自分にぴったりの1本を見つけるのって、実は至難の業!?ですよね。そんな悩みを持つ、20~30代のコスモポリタンのエディターたちが、シーズン毎にたくさんのリップを試す中で、「コレ、まさに自分の色!」と衝撃を受けたリップがあるんです。
メイク
シェア
当たりすぎて怖い!いまの自分を表す「自分色」リップ
2018年、一番最初に手に入れたいのは、自分らしくいるための1本♡
ファッション界で働くプロが、女性に贈る「自信の大切さ」
メイク
シェア
ファッション界で働く私が、女性に伝えたい「自信」の話
女性たちの裸を長年見て来たアーティストが、全女子に贈るエール!