問題は"染料"?アメリカでアートメイクが禁止になるかも

施術を受ける前に、しっかり下調べを!

メイクの手間が省けて、汗や水で落ちない等の理由で人気を誇るアートメイク

確かに、眉毛やアイラインが落ちないのは魅力的だけど、その一方で、さまざまな面において安全性への疑問を呈する声が囁かれたことも…。

コスモポリタン オーストラリア版によると、そんな中ついにアメリカで、アートメイク施術自体を禁止する動きが出てきたもよう。

ADの後に記事が続きます

実はカリフォルニア州ではすでに、ライセンス所持者でも施術は禁止になっているのだそう。美容学校等でも、授業に組み込むことが禁止されているんだとか。

カリフォルニア州理美容学会のレポートによれば、アメリカ食品医薬品局(FDA)から、「アートメイクに使用される染料の目の周りへの使用は認められない」と通達を受けているとのこと。その問題となる染料の成分と言うのは、具体的にはコールタールを原料とするタール系色素のことで、「視力低下、さらには失明を含む、極めて重大な健康被害を及ぼす可能性」が指摘されているそう。

ではそんな危険性があるにもかかわらず、なぜタール系色素が使われていたのか? それは、"色持ちを良くするために必要な成分だから"。現在染料メーカーとしては、FDAの基準に合ったタール系色素不使用の染料の開発が急務のよう。でないとアメリカではアートメイク施術自体の禁止が避けられない、という状況に…。

なお、オーストラリアにおいては国内産の染料の安全性が認められていることもあるため、アートメイクは"合法"なんだそう。

ちなみに日本では、まだ特定の材料に関する危険性は指摘されていないものの、医師免許を持たない業者での施術が問題視されているのが現状。施術を希望する際は、国民生活センターが呼びかける注意点をよく理解した上で、信頼できる医療機関で行いましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN AU

More from Cosmopolitan Japan:
プロが指南!マスカラメイクのNGパターン7つ
メイク
シェア
プロが教える、マスカラメイクの「7つのタブー」
アイメイクが綺麗に仕上がらない原因が、この中にあるかも…?
メイク
シェア
待ちきれない!ジジ×「メイベリン ニューヨーク」発売へ
売り切れ必至のコラボ限定アイテムは、2月下旬から発売!
メイク
シェア
【どれにする?】最新ファンデ指名買いリスト
今っぽい顔になりたいなら、ファンデをアップデートするのが一番の近道。
メイク
シェア
ハロウィンメイクにオススメ!旬のダークリップ9選
秋冬ファッションとも相性バツグンのカラー♡
メイク
シェア
エディターが選ぶ、パーティシーンで使いたいコスメって?
アイ、リップ、ネイル…パーティメイクのキーワードはキラキラ&艶感☆
メイク
シェア
乳がんのない世界へ!ピンクリボンキャンペーンが今年も展開
エスティ ローダー グループによる、乳がん知識啓発キャンペーンがスタート!限定コフレにも注目♡
メイク
シェア
ナイトアウトリップ集めました!
昼間とは違う、夜専用のナイトアウトリップなら、イイ女っぷりMAX♡
メイク
シェア
【最強色気】ボルドー&プラムEYEコスメで仕留める女に
狙った男を必ず仕留められる、と噂のボルドーやプラム系のアイメイク。絶対可愛いがお墨付きのアイテムで、夜遊びを謳歌しちゃって♡
メイク
シェア
【身軽に可愛く♡】クラッチにINしたいミニコスメ10選
コスモガールの夜遊びBAGはクラッチがお決まり。だったら、持ち歩くコスメだってクラッチにぴったりなものがイイでしょ♡
メイク
シェア
お泊りのお供にしたい寝化粧コスメ10選♡
すっぴんを晒すのが怖いあなた! 寝化粧コスメを手に入れれば、ベッドTIMEも無敵でいられる♡