女子なら押さえておきたい、妊活についての15のこと

いざ自分が…ってなる前に、身につけておきたい妊娠についての知識

人気の記事

女性にとって、妊娠は人生を変える大イベント。初めての妊娠でアタフタしないためにも、基礎知識は身につけておきたいもの。

1.妊娠の仕組みって?

「生理予定日の14日前あたりになると、左または右の卵巣が卵子を排出(排卵)し始めます」と説明するのは、8,000人以上の出産に立ち会い、自身も4人の子供の母親であるアメリカの産婦人科医、マリア・ソフォクレスさん。

ADの後に記事が続きます

「卵巣から卵管に移動した卵子は、そこで精子を待ちます。性行為で大量の精子が膣内に入って子宮を通り、卵管を目指しますが、そこまでたどり着けるのはごくわずか。さらにその中から受精するのは1つだけ。受精卵は子宮の中で胎芽になり、細胞分裂を繰り返しながら胎児へと成長します」

2.妊娠のチャンスは月に3~5日だけ

精子が卵子の中に入るベストタイミングは、排卵の時期だけ。膣内に入ってから精子が生きていられるのは24~48時間程度だそう。「タイミングが合わなければ、たとえセックスをしても妊娠の可能性は限りなく低い」とのこと。

3.妊活中もお酒はNG

妊娠中のお酒は厳禁。 では、妊活中は? 受精してから妊娠がわかるまでは数週間かかるもの。妊娠に気付かないでお酒を飲んでいた、なんてことも起こりうる。妊娠初期は赤ちゃんの心臓や脊髄が形成されるとても大事な時期なので、妊活をしているのであれば、お酒は我慢しよう。

4.葉酸入りビタミン剤を飲むのもオススメ

葉酸は妊娠初期の胎児に起こりやすい先天性の異常を防ぐのに有効な栄養素。「妊娠したかも」と思ったら、1日に必要な量の葉酸を摂取しておくのがいいのだとか。

5.ピルをやめたら24時間以内に妊娠の可能性もアップ

低用量ピル(経口避妊薬)は、1日分を飲み忘れると妊娠の可能性が一気にアップするのだとか。

ただし、長年服用した後に突然飲むのをやめると、体が排卵のサイクルを忘れ、妊娠の可能性が低くなるそう。妊娠を考えているのであれば、少なくとも妊活を始める1カ月前にはピルの服用をストップしましょう。

6.妊娠しやすい体位、なんてものはない

体位にかかわらず、妊娠するのはあくまでも精子が膣に入った場合だけ。

7.オーガズムに達しなくても妊娠できる

女性がオーガズムを感じることで精子が活発化し、子宮に到達しやすくすると考える専門家がいるらしい。でも、絶頂に達しなくても妊娠した人はたくさんいるのも事実。

8.サラっとした透明感のあるおりものは、妊娠しやすい時期のサイン

通常、(子宮)頸部では精子が卵子のもとへ行くのを防ぐため、濃い粘液でブロックしているのだそう。だけど排卵時はこの粘液が薄くなるので、おりもの(体外に排出された粘液)が透明に近ければ排卵の時期(つまり妊娠しやすくなるサイン)なんだってわかるはず。

9.症状のない性感染症も妊娠の妨げに

たとえばクラミジアは卵管を詰まらせてしまうのだそう。妊活中で「なかなか妊娠しないな」と思ったら、検査してみるのも手かも。抗生物質で詰まりを解消できるのだとか。

10.ストレスも妊娠を妨げるおそれが

ストレスと不妊の関連性ははっきりと解明されていないらしい。でも、ソフォクレス医師によると「なかなか妊娠しないことでプレッシャーを感じたカップルが、妊活を中断した途端妊娠した、という事例がたくさんあります」とのこと。

11.ヤリたいとき=妊娠しやすいとき!?

「激しい性欲は自然な生殖本能によるもの」とソフォクレス医師。

12.体重過多は妊娠に影響する

肥満度指数(BMI)が高いと、血糖値を調節するだけでなく、妊娠をサポートする働きもあるインシュリンに影響が出るのだそう。減量は健康問題だけでなく、妊娠にも好影響なのだとか。

13.低体重も妊娠にはよくないらしい

反対に、BMIが低いと、妊娠に欠かせないエストロゲン(卵胞ホルモン、女性ホルモンの1つ)の血中濃度が低くなり、排卵が起こりにくくなるのだそう。排卵がなければ受精もしないので、妊娠も不可能に。仮に排卵があったとしても、エストロゲンの濃度が低いと子宮内で受精卵が細胞分裂を繰り返すのが難しくなり、結果、胎児が育ちにくくなってしまうとか。

14.異常に毛深い=妊娠しにくい可能性も

体毛が異常に濃くなってきた…という場合は、排卵障害の1つ、多嚢胞性卵巣症候群の可能性が考えられるらしい。卵胞(卵子が入っている袋)が育つのに時間がかかり、排卵しにくくなるのだとか。

15.40代でも妊娠する可能性はある

子供を望む30代の女性に「できるだけ早く妊活を」とアドバイスする専門家が多いのは事実。しかし、ソフォクレス医師は40代で予想外の妊娠を経験した人をたくさん見てきたのだとか。基本的には、閉経までは妊娠の可能性はゼロではないってこと!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…